« 2006/12/29(金) 年越しはオニ鍋で | トップページ | 2007/1/27(土) 風強かったけどがんばりました。フグ!! »

2007/1/5(金) 釣りの女神、タクチャンに微笑む

太海 聡丸 K22 マサバ5 ゴマサバ7 ユメカサゴ1 (※Kは職漁船との協定で宣伝できないそうです。)

年末のリベンジを果たすべく2007年最初は聡丸での挑戦となった。今回はタクチャンと二人での釣行。彼は今まで中深場は竿・電動リールを借りていたがとうとう購入した。リールはイカSPを買おうとしていたらしいのだが釣具屋の店員に勧められなかったためタナコン400、竿は私が勧めていたリーディングXネモノHにした。(このクラスの竿でほかの竿を使ったことがないので比べようがないですが、この竿は良い竿だと思います)

いつもの通り5時出船、私は右舷のミヨシに釣り座を構えた。今日は凪だろうと思っていたら案外風が強い。船もゆっくり走っているようだ。50分くらいしたところで最初の投入。水深200mさあ吉と出るか。早速クンクンというあたり、ちょっとするとグンと重くなってきたので巻き上げ開始するもふっと軽くなったので、誰かオマツリしてますか~と聞いたら左舷のミヨシの方がしてる~との返事。水深も同じようなので仕掛け交換を準備する。左舷で上げてもらったが見ていたら結構型がよいKであった。30cmくらいある。半分ずつ分けて4匹ゲット。タクチャンも順調に上げている。やはり流れがあるせいか一流し一投との指示。次は水深230mとのアナウンスだが落とし込み170mであたり。サバとは違うあたりだ。上げるとやはりちょっと小振りだがKである。Kは底ばっかりかと思ったら浮いていることもあるんだね~。とタクチャンもニコニコだ。今回は最深270mまで仕掛けを落とした。グングンとのあたりで上げると7本針で6匹掛かっていた。これでKは終了、20匹以上はかたい。Kがこんなに釣れたのは初めてなのでうれしい。これで近所にも配れる。(いつもアジサバなのでたまには違うのをと思っていたので良かった)

次はアジサバ、水深は140m前後。今日はアジが混じらずサバのみであった。

9時半くらいからオニ開始。えさのサバを切っている間に左舷ミヨシの人が早速ヒット。上げると2kgくらいの大物。よ~しオレも。とロッドを持つ手に力が入る。と、隣のタクチャンがあたった!イヤーこの竿良いわー。感度が違うよ。上げると1.8kgの大物。次はオレと構えるが、あたりなし。場所を移動して次もタクチャンにヒット。今度も1kg以上の良型。前回と同じ中間の針でえさも同じ。タクチャンからタコベイト使う?と言われたが自分も同じピンク系なのでいいや。自分にもプルプルとあたり、ようやくと思いあわせるが軽~い。上げると10cmくらいのユメカサゴ。そんなこんなしているうちになんとタクチャンに3匹目がヒット、また同じ針に掛かった。もうこれは何かオニにアピールするものがあるとしか思えない、タクチャンのタコベイトをもらってえさの付け方も同じにして釣ることにした。しかし私にあたりは訪れず。。。。

11時、この流しで終わりですよ。とのアナウンス。あーオレにも来てくれと思ったらタクチャンにだめ押しの4匹目。なんでそんなに釣れるんだろう。サバえさのひらひら感がいいのだろうか。結局彼はえさを取りOni2_1替えず同じもので4匹を釣り上げダントツ竿頭となった。

→スゴイ!こんな幸運滅多にない!

翌日はタクチャンにもらった1.1kgのオニ鍋。コラーゲンぷるんぷるんだ。それから小振りのKは唐揚げにした。聡丸の料理方法にあったやり方で、身に包丁でバッテンを入れて生姜醤油に1時間くらいつけ込み、片栗粉をまぶして最初は160度の低温で揚げ、2度目は180度の高温で揚げた。これが激ウマだった。次はあんかけにも挑戦したい。

この正月は2回も釣りに行けて最高だ。そろそろ河豚が復活しないかな~。

|

« 2006/12/29(金) 年越しはオニ鍋で | トップページ | 2007/1/27(土) 風強かったけどがんばりました。フグ!! »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/23853/4832471

この記事へのトラックバック一覧です: 2007/1/5(金) 釣りの女神、タクチャンに微笑む:

« 2006/12/29(金) 年越しはオニ鍋で | トップページ | 2007/1/27(土) 風強かったけどがんばりました。フグ!! »