« 2008年1月 | トップページ | 2008年3月 »

2008年2月

2008/2/23(土) のんびり堤防アジ。釣果は...

天津小湊 ウオポートウラ防波堤釣り アジ0

最近子供にもそろそろ釣りをやらせたいなーなんて思っている。しかし内房周辺の堤防からじゃあんまり釣れないだろうしな。ポイントもよく知らないし。そしたらちょうどよく良くアジ釣りのお誘い。天津小湊の防波堤でアジが釣れているらしい。時間によって群れが回ってくるらしくとパタパタ釣れるとのこと。豆あじサイズが多いが、25~30cmクラスが混じるそうだ。これは偵察をかねて行くしかないねーhappy02

前日は、会社に献血バスが来たので献血しました(仕事さぼりたいからではありませーんcoldsweats01)。もちろん400mlです。これでちょっと釣り運上がったかなー。good

Ts2d0020_3

佐倉を3時出発。今回はノリ太くんとガミさんの3人、タクちゃんは休日出勤のためNG。おみやげ釣ってくるからねー。現地へはすべて下道、季実の森~茂原~天津小湊ルートで1h40min程度あった。(往復170km)

仕掛け のべ竿5.4m(渓流竿) 道糸1.5号 電気ウキ小 ガン玉小 よりもどし小 ハリス0.8号 アジ針8号45cm(1mくらいが標準) 棚は2ヒロが当日の標準 (全部借り物すいませんねー)coldsweats01

Rimg13081 

えさ アミコマセとアジパワー 針には冷凍オキアミ (尾をとって針先を腹から出す)

Rimg12921_2

現地では情報提供者のカネさんが既に夜中から釣りをやっているそうで、2時頃パタパタ上がったよ。との連絡。我々も到着早々準備を開始した。しかし普段4号以上ハリスを使った船釣りしかやっていない私には暗いのもあって0.8号のハリスは結ぶのに一苦労、ガン玉をつけるのも一苦労。あーイライラする!(まだ老眼ではありません!)sad

ようやく仕掛けを作って、そーらよっと投げる。あー久しぶりだなーのべ竿使うなんて30年ぶりくらいだなー。電気ウキをじーっと眺めるもシーン・・・。

Rimg12941

漁港の入り口付近では釣りをしている人のだろう電気ウキが5,6個見える。動きが出てきたので釣れ始めているようだ。こっちにも回ってこないかなー。しばらくして周りが単発でポツポツと釣れ始めた。周りばっかり気にしていたら自分にも「引いてるよっ!」慌てて竿先を上げるも針掛かりせずdespair

明るくなってきた。カネさんは職場の3人で来ているそうで、よく見たら1人は同期のO崎じゃないかー。O崎のクーラー見せてもらったら10匹くらい釣れている。型もまあまあ良い。

Rimg12931 写真奥が漁港入り口

しかし全然釣れないなー。地元の常連さんらしい人がやってきてここ5日間くらい釣れてないよ。とのことガクッ・・。それから愚痴っぽいことも少々。釣り客のマナーが悪いのでだんだん締め出しを食らっているようだ。昼間は有料の駐車場があるのでそっちに止めた方がいい。帰るときは堤防のコマセも洗って流してねとのこと。

あんまり釣れないのでノリ太くんと漁港周辺を偵察。漁港の入り口の堤防まで来ておじさんにどうすか~と聞いたら、オレは今来たばっかりだけど夜からやっている人はクーラー満タンでもう帰ったよ。とのこと。入り口向かい側堤防の人は昼間なのにアジング(ジグヘッドにソフトルアー付ける)で結構釣っている。

Rimg12981 Rimg13001 自分たちが釣っていた方と逆側 時間によってはこっちも釣れるらしい。

おじさんがあんたらどこでやってるの?漁港の奥はだめだよ、こっち来なよと言われ即移動。しかし入り口から4名様限定でポツポツ釣れるが、それより後ろの人には全く釣れず。。。。

しょうがないのでまた元の場所に戻って釣り開始。だんだん風が強くなってきた。漁港の外はかなり荒れてきた。

Rimg13011 漁港の外はかなり白波が立ってきた。

隣にいたの軽装の地元らしいおじさんは1匹釣れて大喜びしていた。今晩のおかずが釣れてうれしいなー。と言っていたのが印象的だった。自分もアジ1匹でも大事にしなきゃなー。

しばらくすると漁港内も風が強くなってきた。ノリ太くんが席を立ってどこかに行っていたら、そのとき風が!!typhoonノリ太くんの椅子(キャンプ用の4000円位するやつ)と竿が海に転落!!竿はプカプカ浮いていたので救出できたが、椅子はゆっくりと海の底へ・・。shock

その後落ち込んでいたノリ太くんにヒット!!良かったねー。

Rimg13031 Rimg13061

風が強くてもう釣りをやっている場合ではなくなってきたので撤収。

ハイシーズンは夏から秋とのこと。家族連れにも良いでしょう。ただし釣って良い場所、だめな場所を地元の人に聞いて迷惑をかけないようにしたい。終わり際に漁協関係者らしき人がビラを配っていた。漁港の奥は釣り禁止にするそうだ。低コストで手軽に楽しめるのが堤防釣りの魅力。月並みですがゴミは持ち帰り、漁師の邪魔にならないようにして釣り人自身が自分の首をしめることのないようにしたいですね。

Rimg13091

献血しても釣り運はUPしないことが分かりましたーcrying。でも良いのです、困っている人には役に立つのですから。次は献血30回記念でーすhappy01

| | コメント (8)

2008/2/16(土) キンメの唐揚げ

先週釣ってきたキンメの唐揚げを今日の晩ご飯にしてみました。刺身にはちょっとなーサイズの魚にナイス料理です。私は普段全く料理していませんが久しぶりにチャレンジしてみました。

太海・聡丸HPのお魚調理法コーナーを参考に作りましたー(^o^)

監修:かみさん。聞きながらの料理です。

うろこ、はらわたを取って冷凍しておいたキンメを解凍。時間があるときは冷蔵庫解凍しますが、もう時間がないのでレンジ解凍です。

Rimg12551 Rimg12531

待っている間に冷凍庫にあった生姜をすります。冷たーい・・こんなもんかー。

Rimg12541

ジプロックにおろした生姜と醤油を入れます。

Rimg12571

解凍したキンメに生姜醤油がしみこむようにバッテンをつけます。

Rimg12561

キンメをジプロックに入れて1時間ほど放っておきます。

Rimg12591

片栗粉をつけます。ひれにもまんべんなくつけます。

Rimg12601

最初は低温で3~4分じっくり揚げます。揚げる温度が指定できると便利だなー。

Rimg12611 Rimg12621

冷めるまでまた放っておきます。(2度揚げするときは冷めるまでまった方がいいみたい)

Rimg12651

2回目頂く直前に高温(200℃)でさらっと揚げます。大根おろしを添えると良いかも。カリッカリッでチョーウメー!!ビールといい感じでーす。

Rimg12701

普段料理しない私でも出来ましたー(^_^)v・・・かんたんでーす。

| | コメント (12)

2008/2/11(月) ヤリイカ渋いがFサビキ好調!太海の中深場

太海・聡丸 キンメダイ23 ゴマサバ3 ウルメイワシ2 クロムツ1 ヤリイカ2

我が家の冷凍庫から私が釣ってきた食材がなくなって久しい。以前はそんなに釣ってきたって冷凍庫に入らないとカミさんに文句を言われたものだが、なきゃないで寂しいとリクエスト。そんなわけで過去の戦歴から相性の良い聡丸にお邪魔することにした。聡丸は通年ほとんどリレー釣りを行っている。今の時期は最初にフラッシャーサビキ、その後はヤリ・スルメイカのリレー。今の時期はFサビキの旬、多彩な魚が期待できる。クロムツ、マサバ、アジ、キンメに加えてイカとくれば食材としては文句なしだ。

今回はタクちゃん、コウちゃん、中深場2回目のM田さんと私の4人での釣行。現地集合が5時のため佐倉を3時に出発して4時35分に現地に着いた。

交通費 行き 佐倉IC~宮野木JCT~君津IC ETC割引1050円 房総スカイライン夜間0円 鴨川有料道路200円 帰り 鴨川有料道路200円 房総スカイライン300円 君津IC~松ヶ丘1150円 走行距離往復200km

乗船料 10,000円 氷付き Fサビキ400円/1枚

Rimg12241_2 Rimg12251_2

駐車場に着くと既に4台ほど先客がいて我々は最後のようだ。受付をして船宿特注のFサビキ2枚を購入する。今日の水深は深いので12人で締め切ったとのこと。休日釣行のサラリーマンとしてはこのような配慮が嬉しい。駐車場から船付き場までちょっと遠いのが難点だが、手押し台車が完備されているのでそれを使えば問題ない。ただ、車に忘れ物をするとチョー焦る。以前マグネット板を車に忘れてダッシュしたが、しばらく心臓がバクバクで汗だくになってしまった。

今日の釣り座は左ミヨシの前から4人分、ミヨシから私、コウちゃん、船酔いが心配なタクちゃん、胴間に貸し竿のM田さんの順。聡船長からキーパーを立ち位置の左側にセットすると隣と近くなっておまつりしやすくなるから右側にしたらと言われたが、勝手が逆になって混乱しそうなのでいつも通りの左にした。 (やっぱり聡船長の言うとおりにしておけば良かった。ヤリイカの仕掛けは投入時風で流されて竿に絡むこと多々。次回逆勝手もイメトレして挑戦しまーす。)

Fサビキ 竿 幻波ヤリイカ2.4M.改 リール タナコン500Fe PE6号300m 仕掛け船宿特注Fサビキ おもり200号

ヤリイカ 竿 リーディングXネモノH リール 同上 仕掛け自作(ヤリイカ仕掛けの記事参照) おもり150号

Rimg12271_2

5時5分出船、全員が揃ったらすぐ出るので船に乗る前に出来ることは準備しておきたい。海におとさないように気をつけながらマグネット板を船縁においてキーパーをセットする。港を出ると軽くうねりがあり時々飛沫が飛んでくる。30~40分くらい走ったところで、投入準備の合図。おもりから順に仕掛けを丁寧におろして次の合図を待つ。暗いうちと風があるときはおもりぶん投げスタイルは止めた方が無難。最初は一斉投入だ、船長の合図でサミングしながら仕掛けをおとす。水深220m、200mくらいで一旦スプールを押さえて様子を見る、もあたりなし。5mずつ落として行くが魚信なく底に着いた。ちょっと誘って見るがアタリがなく、1流し目は空振り。

だんだん明るくなってきた3流し目くらいかな、ブルブルと底でアタリがあった。このアタリはキンメくさいぞー (^_^)v。ゆっくり手巻きで5m、追い食いしたような気がする。チョイ重くなった。それから電動ONで巻き上げ。「中速以上で巻いて、ゆっくりだとおまつりするよ」と大船長からアナウンス。タナコンの電動レバーを表示値27~29にして早めに巻き上げる。やっと水面、たぐっていくと良型3枚のキンメだった。あれっ、もっと付いているかと思ったなんてやっていたら、ここで問題発生。仕掛けを広げる場所を決めておらず、一カ所においてしまったため手前まつりしてしまった。(雑誌でキンメは船上ではバタバタしないので一カ所にしても大丈夫なんてあったが、バタバタして手前まつりになってしまった。これは絶対うそだー!)。

取り込みのコツとしてはキーパーに竿をかけたら、キーパーの糸止めにヨリモドシの上あたりを引っかける。

1.指の力がある人 上から順に魚をはずしていき、針は船に備え付けのスポンジかマグネット板に付けていく。おもりは船内に入れず、また下から順に再投入。(仕掛けのよれをとるため、おもりはフリーに回転するように船内に入れない)

2.指の力がない人(私) 場所を広くとって、とりあえず船内に全部たぐり上げる。おもりを海中に下ろし、下から魚をはずして、はずした針の順に再投入する。

非力な人が1.の方法で針はずしにもたもたしていると、せっかく上がってきた魚がサヨナラーとなります。それから親指、人さし指、中指の空いたグローブは不向きです。手のひらがネオプレンゴム製の作業手袋(ホームセンターで1000円程度)が良いです。針はずしの時に滑らず、力が入りやすいです。また、投入時サミングするため、直に指でスプールを押さえると気づいたら指がやけどしています。 

隣のコウちゃんは順調。アレーどうしたの~なんて余裕で取り込み。クー400円一瞬でパーだと悔しい思いで仕掛けを取り替えて再投入。ここら辺から入れ食いタイム突入。水深は190~260mレンジ。かけ上がりも多いので底立ちは頻繁に行う。底は泥か砂地か、根掛かりしそうな場所ではないようだ。 着底するとすぐにアタリあり。手巻きで5mくらい上げるとかなり重くなってきた。これは期待できそう。電動レバーをたおして高速で巻き上げる。ドラグ調整は波のてっぺんで止まるくらい。隣のコウちゃんはお構いなしにHIスピードにしている。私は手堅く行きたいのでHIにはしなかった。それに加えて、私はタナコン、彼はシーボーグで彼の方が結構速い。 道糸と仕掛けが絡む時は私でもはずせるときがあるが、仕掛け同士はお手上げ。隣同士声を掛け合って同じ水深にならないようにした方が良い。今回もそうしたつもりだったがいつの間にか仕掛け同士が絡んで上がってきた。アチャー・・こんな時は素直に聡船長にHELP ME!!すぐに飛んできてパッパと見事に外してくれた。(だめなときはすぐバツバツ切られます。)

その後は巻き上げでおまつりしたくないので、少しでも隣のコウちゃんから離れようと竿先をミヨシに向けて手持ちでがんばった。しかしおもり200号はしんどい。明日は筋肉痛だな・・。

今日は底の方にキンメがいるようだ。マサバ、アジも欲しいので底から10mくらい手前で待つとサバらしきアタリ。上げてくるとゴマサバ3、イワシ2。いつものマサバとアジは本日姿を見せず。おっと後ろの人にデカクロムツが上がってきた。うらやましいー・・

8時近くになってFサビキ終盤の流し。じっくり待つとグングンと重くなってきた。よし!これは結構良い感じ。巻き上げると6点がけで下から2番目にクロムツがっ!! 小さめだけど。満足、満足。Fサビキ終了。クーラーBOXに移しながら数えるとキンメは23であった。30cmクラスの良型は半分くらい。

Dsc055051

↑聡船長に撮ってもらいましたー (^^)/

次はヤリイカ。リールを幻波ヤリイカ→ネモノに付け替え自作の仕掛けをセットして合図を待つ。水深140~180m。そこから10mくらいまでゆっくり誘うようにとアナウンス。だがイカは無反応でしばらく誰にも釣れていなかったようだ。

ここで静かにお祈りすること10秒・・・(あんまりやっていると、そんなことするヒマあるなら誘えー!とチェックが入りそうなので・・・ (^^;) )。 さらに神社の神主さん風に竿先を上げ下げして底をドンドンやっていたら、おっー!とグーンと重くなった。これはきちゃったよー(^_^)v 慎重にロッドキーパーにセットして上げると30cmくらいのヤリイカが赤白スッテに付いていた。やっと一杯だよ~。ほかのみんなにも底でドンドンやったらきたよ~と教えたら、タクちゃんにもヒット。

Rimg12391

↑ヤリイカは渋くて何とか2ハイ・・ スルメはやらず。今回の工夫、ツノを整理するのにタイルカーペット(ホームセンターで50cm四方300円)を半分に切って使ってみた。なかなか良かった。

しばらく底をどんどんやっていると、また何となく重いので上げると、今度は透明のプラ角に付いていた。11時直前終了間際、またグーンと重くなったのでやった3杯目と上げてくるも途中でばれてしまった。一番下の青いプラ角にスミが付いていた。渋いヤリイカには底どんどん作戦いいかも~。(お祈りも忘れずに(^o^)) 竿の選択もちょっと難しい。あたりが微妙なので次はリーディングXネライにしようかな。

これにて終了。まあいい方でしょう。イカ爆釣にはなかなかあたらないなー。しかしM田さんは上手いな~。2回目にしてみんなと同じくらい上げている(周りが下手なのかも・・(^^;))。釣果はみな同じくらいキンメ20くらい、ゴマサバ、イワシは数匹であった。

Rimg12401 Rimg12431

↑天気よく、凪で良い一日でした。沖上がり後はお茶とおこわが付きます。海を眺めながらみんなでパチリ。

Rimg12451 Rimg12461_3

晩ご飯は、刺身とキンメのしゃぶしゃぶにしました。次はイカをもうちょっと食べたいなーって贅沢?

Rimg12491

| | コメント (10)

2008/2/10(日) 外房イカ仕掛け

外房イカの仕掛けを作ってみました。釣れるかどうかは分かりません・・(^^;)。ちょっとしか使っていなかったので、去年の仕掛けをそのまま使ったら巻き上げ中にプツーン・・・そのため釣行ごとに仕掛けは作りかえるようにしています。最近おもりが高いですからね~。外房は凪の日が少ないので直結はあまり使いません。

Rimg12231_4

↑左がスルメイカ、右がヤリイカです。スルメの場合は18cmプラ角、ヤリは11cmのプラ角に赤白のスッテを入れます。

結び方

幹糸にチチワ(結び方はチチワ結びの記事を参照)を作ります。チチワと枝ス、サルカンと幹糸は深海結びで結びます。

Rimg12091_2

↑プラ角と枝スは雑誌に載っていた結び方(この方が動きが良いのだろうか。どんなのでも良いような気がするが。)

Rimg12121_2

↑スルメの18cmプラ角。釣具屋に行ったら外房はダブルカンナが良いとのことなので買ってみました。配列は好みで。左側がおもり側、右側が道糸側です。

Rimg12131_2

↑仕掛け巻きは使い古しを使用します。捨てないでとっておきます。

Rimg12221_2

↑こっちはヤリイカです。ヤリは青系の角が釣れるような気がします。

さあ明日は実釣です。太海・聡丸に4人で出撃です。予報が悪かったのですが、今日は良い凪だったようです。明日も凪だといいなー。

| | コメント (2)

« 2008年1月 | トップページ | 2008年3月 »