« 2008年3月 | トップページ | 2008年5月 »

2008年4月

2008/04/29(火) こりもせず

あしたは(KAZUさんほどではありませんが・・・)、こりもせずヤリイカいってきまーすnote

Rimg17761

直結仕掛けももっていきまーす。釣れるかなーhappy01

| | コメント (4)

2008/4/27(日) イカ焼いてみました。

ヤリイカ 一夜干し焼き

釣具屋に売っている干し網を使って、2日ほど干してみましたnote

ラップに包んで冷蔵庫に入れておきました。

Rimg17651_2

軽く炙って

Rimg17661_2

食べやすい大きさに切って

Rimg17671_2

唐辛子マヨネーズで頂きました。芋焼酎水割りと一緒に。たまりませーんhappy02

Rimg17711_2

量り売りの千葉県産焼酎 オイシーbottle

またヤリイカ行っちゃおっかなーnote

| | コメント (2)

2008/4/23(水) (^^)/ヤリイカ好調でした!!(自分にしては)

大原 鈴栄丸 ヤリイカ 48 ムギイカ 1 マサバ2 アジ1 

今回は代休を取っての一人釣行。直前まで何にするか決めかねていたけど、kazuさんやコウチンさんを見習って自分は今の時期イカにこだわってみよう。年明けからヤリイカ3回目、もうそろそろイイことあってもいいよねnote

大原・鈴栄丸の釣果欄を見ると22日は束(100)釣り情報ありとのこと。大原だったら下道で1時間半、即予約を入れた。
四街道1時出発、季実の森→大網→茂原ルートで2時20分に着いた。船宿前の看板を見るともうのこり2席。
左舷は相性悪いんだよなー。といっても始まらないのでミヨシを選択。

Rimg17411

もう2席しか残ってない・・・

交通費  ガス代のみ 走行距離往復140km

乗船料 11,000円 氷付き 

タックル 竿 リーディングXネライ2.4M. リール タナコン500Fe PE6号300m  おもり150号

仕掛け ヤリイカ プラツノ11cm 下から3番目に赤白スッテ 計6本 幹糸5号 枝糸3号枝間130cm 枝糸11cm

3時を過ぎると常連さんらしい人たちがポツポツ到着。左舷ミヨシに釣り座を構える。一番端と思ったら、さらに大ミヨシの方がいた・・。今日は満員の13名での出撃。

右舷の場合は左側に竿、右側に投入器だが、今回は逆にセット。取り込み時の勝手も逆なのでイメージを合わせる。

Rimg17431

今日のセッティングはこんな感じ

3時50分出船。約1時間ほど船は沖へ(後から聞くと興津沖手前くらいとのこと)。空はうっすら明るくなってきた。釣り座に寝っ転がっていたが起きて周囲を見渡すとスゴイッsign03船の数sign03。外房中の船が集結かー。よくテレビで見るメジャーなヨットレースのスタート風景を連想しましたよ。あららこんなに競争率高いんじゃダメかもといきなり弱気down

Rimg17441

写真じゃ分かりにくいかもしれませんが、みんなびっくりですよ。こんなに船が集結するなんて~。

しばらく潮回りをするとハイイーヨーの合図。おもりをぶん投げ投入すると水深110mのはずが70mくらいで強力なサバブロック・・仕掛けが落ちません。どうしようもないので巻き上げるとゴマサバの一荷・・6本針にみんな付いている。ツノを壊さないように丁寧に外した。周りもサバブロックの被害に萎えているが、運良く底まで落ちた人は多点がけしている。

そのうちようやく底まで達すると、達したとたんサバとは違うグイーングイーンというイカの引き。ムフフ来ました来ました。やっぱ昨日の釣果のとおり群れは濃いかも。巻き上げると良型ヤリイカ3点がけ。やったねhappy01

しかし今日は潮がカナリ速いらしくおまつり連発。こればっかりは仕方ない。一緒に乗船した方はトモのグループの方を除いて皆さん慣れている様子。投入時も道糸にテンション掛けながら、きちんと底を取っているにもかかわらずおまつりですからね。

その後はだんだん底に落ちるようになってきたが、今度は巻き上げると途中でサバの攻撃を受けて、イカがサヨナラするようになってきた。

ゆっくり手巻きして追い乗りをまって多点がけを心がける。オッ乗った~。ゆっくりゆっくりと途中からめちゃくちゃ重くなってきた。ドラグはチョイ強めだが。チッまたおまつりかよ~。「すいませーん、だれかおまつりしてますか~」と声をかけるも「してないよー」の返事。おかしいなーと思ったら、なんだかイカがいっぱい付いてる~タハハ~やったね5点がけ~scissors

Rimg17461

今日のイカは乗りが良い。がっちりツノにくっついている。おまつりを外して道糸のテンションが緩んでも外れないときが結構あった。

8時くらいになると単発が多くなってきた。さらに疲れも。初老の常連さんは座って竿をチョイチョイと動かす程度だが、私はふらふらしながらもシャクリまくり。
巻き上げ時もキーパーにセットするが置き竿にしないで竿は手で支え、うねりをかわすようにしたので結構疲れる~。

Rimg17501

疲れてきましたー

日が照ってきてだんだん暑くなってきた。10時前くらい再びノリノリタイム。またまた5点がけ~。がんばるぞーと気合を入れたら、指が攣ってきた。踏ん張っていたのでさらに足の指も~。指が突っ張って取り込みがめちゃくちゃー。

10:45沖上がり。今日の水深は100~150m。底は砂地かな。根掛かりは全くなし。

釣果は私は49、左の方は42、後ろの初老の常連さんは60だったとのこと。体力的には私の方があると思いますが、やはり経験の差ですかね。少ない労力で最大の効果を上げる。うーんこれからの課題ですね。

Rimg17511

重たーい。楽しかったーnote

しかしこの群れにはいったい何杯イカがいたんだろう。たぶん100隻以上の船がひしめきあって、1人平均40杯、1隻に10名とすると、なんと40,000杯以上sign03、しかも前日も大漁。そんな海の底ってどんなだろう。イカのパラダイスなのかなー。

帰りは同じルートでちょうど2時間、14:00着でした。

今回の釣り方および反省など

・朝の時点でサバを避けるために直結を使うか迷ったが、ブランコのまま通した。直結だったらどうだったか

・潮回り後、急いで仕掛けを落としても乗らないことが多かった。朝は投入が早い人ほどサバの餌食に。

・乗ったらゆっくり手巻き5m。ずんずん重くなってきたら巻き上げ開始。

・巻き上げ途中(70mくらい)でイカの乗りが分からなくなった場合、巻き上げ速度を下げて乗っているか確かめる。水面まで上げてきて乗ってなかったらもったいない。

・底から10mシャクって乗らなかったらまた底までおとしてシャクる。フォール&ストップで乗ることは無かった。

・仕掛けの中間に赤白スッテはあった方が良い。乗り渋い時間でもスッテだけに乗ってくるときがある。

・ツノの色は傾向がないとおもう。私はたまご針11cmのケイムラ(クリヤ?)、薄紫、薄青、ピンクを適当に。

・仕掛けは3セット使った。仕掛けのよれを考慮するとこのくらい準備したほうがいい。

・ツノを替えるときは予めハリスは付けておく。船の上じゃタイムロス。

・乗りの悪い時間は無理しないで休むべし。ノリノリタイムに全力投球。

・シャクリ機能は積極的に使った方が良かった。竿先を見ていると乗りが分かりやすい。

・シャクリ機能の設定は2段、2m、3秒待ち。停止時間は気持ち長め。

・竿は長い方2m以上がバレが少ないと思う。凪の日でも今日のように他船が目の前を行ったり来たりする状況では引き波でドンブラコ。

今回は釣果が良かったので近所にお裾分け、さらに仙台の実家と喜んでくれそうな松子さんちへ送りました(やっぱりマダイばっかりじゃねーhappy02)。しかし生のイカなんて送ったことないので梱包がよく分かりません。魚屋さんでは氷の上に並んでいるよな~。ネットで調べていたらカミさんに「そんなの悩んでいるより早く送った方が良いんじゃないの?」「7時までは今日扱いで明日の午前中までに届くってさ。それより冷蔵か、冷凍かどっちにするか。」「冷蔵だったら氷が溶けちゃうでしょ!」というわけで冷凍にしましたが、実家にTELしたら「カッチンコッチンで届いたよdownwardright」と母親。やっぱ冷蔵だったか~。朝ご飯に昨日の残りのイカ刺し食べたけど今日の方が旨いくらいだったし。一体どっちが良いのでしょうか。

Rimg17571 Rimg17621

もう疲れて刺身が精一杯。マサバは良い型おいしそー(料理できなかったので冷凍)。アジは小型でしたが、刺身にしたらすんごい美味しかった。

コウチンさん、7月(マダイ布良沖解禁)までは軟体動物にしましょうよ。マルイカ最盛期はもうそろそろですかねー。

| | コメント (10)

2008/04/22(火) ヤリイカにしました<(_ _)>。

KAZUさん お誘いありがとうございます。

朝起きてやっぱヤリイカにしようと決めて、KAZUさんのブログ見たら足立区まで行けば連れて行ってくださると・・・本当に悩みました。

が、すいません。

すっかりイカモードになっており鯛の心構えがなかったので・・・<(_ _)>。

明日は大原にヤリイカ釣りに行ってきます。

KAZUさんのブログへは事情あって書き込み出来ないのでこちらですいません。

| | コメント (2)

2008/04/21(月) どこにするか

4/23(水) どこに釣りに行くかまだ決まりません。とりあえず休みは取ったのですが。

コウチンさん 軟体動物はきびしそーですね。

kazuさん 勝山のマダイは乗っ込みチャンスですか~。

うーん困った。

大原ラストフグか。初心に戻って鴨川のFサビキ、ヤリイカリレーか、明日の午前中くらいまで悩むかな~bearing

Ts2d0023

今日は打ち合わせで都内へ。やっぱ日本最高峰の学校は趣があるなー。初めてだからかなりドキドキでした。

意外に海外からの留学生が多いんですね~。

| | コメント (0)

2008/4/13(日) またも苦戦・・乙浜オニカサゴ

乙浜 真寿海丸 ヤリイカ2 ユメカサゴ小1 オニカサゴ小1

今回は釧路の沖のあにさんと同じく、書きたくなかった。
金曜までの予報は凪、しかし日曜当日は風はピューピュー、うねり大。船が小さいのもあったけど、目の高さ以上にうねりが迫ってくる~coldsweats02。3~4回船から落ちるかと思った。当然釣果はイマイチ!またしても・・shock

今回の計画はオニカサゴ。最初はFサビキ・ヤリイカリレーにしようかと思ったが、
1.いつも同じ船宿というのも、チャレンジ精神がない気がする。
2.状況によりヤリイカ専門になるかも。なら鴨川まで行かなくてもいいか。
3.そういえばオニカサゴはしばらく行ってないなー。
4.乙浜(房総の先っぽ)でオニカサゴ4~8!!
5.遠いけどこれに決定!!

土曜日出勤の可能性大だったので、釣行は日曜にずらして4名で予約を入れた。HPを見るとヤリイカ好調の影響かイカとオニのリレーになっていた。今回のメンバーは、双子が生まれ釣りに行くどころではなかったがようやく復活のタケ、NEWRODをヤフオクで手に入れウキウキのコウちゃん、ブログで知り合った近所のサイさん、3連続イマイチは避けたい私の4名。
2時半に四街道を出発した。そのころから雨がポツポツ、雨は我慢するにしても凪であってくれ~。

交通費  松が丘IC~富浦IC 行きETC割引1400円 帰り2250円 走行距離往復220km

乗船料 9,000円 えさ氷付き 

タックル 竿 リーディングXネライ2.4M. リール タナコン500Fe PE6号300m  おもり150号

仕掛け ヤリイカ プラツノ11cm 紅白スッテ 6本 オニカサゴ 50cm天秤 ミキ10号 ハリス8号90cm 45cm ムツ18号 2本針

現地では雨が止んでいたが、北東の風がチョイ強め。なんだかやな予感。
右舷ミヨシからタケ、コウちゃん、サイさん、私の順に釣り座を構えた。方舷5名の全員で10名。
今回はエサ付きで小さいタッパーに入ったサバの短冊を渡された。何かに漬けてあるのだろうか。においはほとんど無かった。
5時半出船。うねりがあり、ちょっと気持ち悪くなってきた~sad。遠くを見て凌ぐ。

Rimg17141_2

もう最初っから気持ちわるー・・アネロン飲んでも今日はダメかー

Rimg17151

今日のタックル。投入器はあって良かった。風があると手前まつりしやすいので風対策にもなります。

6時過ぎヤリイカ開始。今日の竿は微妙なヤリイカのあたりをとりたかったので、おもり負荷上限一杯のネライ2.4Mを選択。
水深は100~150m。2流し目にようやくイカのノリを感じ、巻き上げると一番上のケイムラに20cmくらいの小型がついていた。
何度か流しを変え、2杯目30cmくらいのまあまあの型。今度は上から3番目の緑についていた。
その後も2回くらいはあたりを感じたが、巻き上げ途中のおまつりで結局2杯・・またしても2杯。3連続2杯・・shock 船長も早々にあきらめたのか小1時間でヤリイカ終了。

次はオニカサゴ。水深90~130m。中深場としては浅めですね。底は砂地と根が混在しているところか。サバの短冊にいつものドピンクタコベイトを付けて投入。着底は砂地の感触だが、時々硬い海藻が針に引っかかってくる。
うねり大きく底が取りづらい。魚らしきあたりは2回ほどあったが、食い込みする前にうねりを竿で凌ぐことが出来ず、次のグングンがなかった。あたりが遠のき、どこも15分くらいで場所変えますーのアナウンス。

さらにおまつりも頻発。後ろの人とはまだ良いが、左舷トモと絡むと船底に引っかかり天秤・おもりロスト。9時くらいから晴れてきたが、うねりは変わらず。

タケが1kgくらいのオニを上げた。初オニおめでとうhappy02。黄色系のタコベイトのようだ。ピンクは止めて黄色系のタコベイトに付け替えると、ググンで小あたり20cmくらいのユメカサゴ。ようやく1匹。最後の流しで魚信があったので、巻き上げるとまたしても途中で左舷トモとおまつり。船底に引っかかりまたダメかと思ったら、後ろの帆をたたみにきた船長がはずしてくれた。即リリースサイズのオニが付いていたが既に昇天召されていたので、持ち帰ることにした。

12時終了。陸に上がってもしばらく地面が揺れているような感覚が残っている。久々だなーこんな感じ。

Rimg17161

やったね。初オニおめでとうタケ。

Rimg17171

記念写真もチョイうなだれ気味です。

Rimg17201

私の釣果。サビシー・・

今回も貧果です・・crying。次はどうしようかな。やっぱり中深場は鴨川だよなー。

| | コメント (4)

« 2008年3月 | トップページ | 2008年5月 »