« 2009年8月 | トップページ | 2009年10月 »

2009年9月

2009/09/21(月) ちょっと充実感。太海のFサビキ・イカ

太海・聡丸 クロムツ1 キンメダイ5 サバ4 イカ1

3連休中は台風のため釣行を諦めていましたが、HPの「21日は出船」を見てコレは行くしかないでしょうhappy02。3時半集合出船のため四街道を1時15分に出て2時50分に着きました。

交通費 行き 松ヶ丘IC~姉崎袖ヶ浦IC ETC割引400円 鴨川有料道路200円 帰り 鴨川有料道路200円 姉崎袖ヶ浦IC~松が丘IC400円 走行距離往復190km 

乗船料 10,000円 氷付き Fサビキ400円/1枚   

タックル Fサビキ リーディングXネモノH 電動丸3000BM PE5号 仕掛け船宿サビキ おもり200号と150号 スルメイカ 18cmブランコ

予約時は8名でしたが結局11名集まりました。さすが人気店ですね。私は左舷艫側です。。湾内は静かですが、沖に出るまで波が高いので座っていてくださいとのアナウンスがありました。

Syusen1

台風のうねりはまだ残っていましたが、ゆっくりとした大波なので酔うような感じではありません。1時間くらいしてから「錘と仕掛け下ろして待ってください。一斉投入します」とのアナウンス。

さあ時化後の1発目は吉か凶か。・・・

やっぱり凶でしたcryingdown。さらにアタリがないどころか、電動丸の表示が消えてしまい、プチパニック!!ゲゲッ何でー。投入途中で表示が消えたり、点いたり、着底したときには水深85m。水深150mのハズなのに~coldsweats02

リールとコードのソケット部分が接触不良の原因として一番多いと雑誌か何かで見たことがあるので、コードを外して付けて何度かグリグリやって見ました。表示が点いたので何とか巻き上げましたが、当然0になってもまだたんまり残っています。手巻きで何とか巻きましたbearing

2投目も点いたり消えたりアナウンスと20m差がありました。もうダメ・・早くも戦線離脱か~聡船長にリール借りようかと考えながらグリグリやっていると点灯時間が長くなってきたので、ソケット部分はいじらずに様子を見ながらの巻き上げです。

Riru1

3投目以降は何とか調子が戻りホットしました。この間鯖が2-3匹釣れました。チョイ小さめでしたがキープです。次の投入で根掛かりかなーと思ったら大して引っ張ってもいないのに幹糸切れ、錘200号650円はイタイmoneybag。しばらくして移動のアナウンスです。

夜明けがきれいですね~。

Yoake1

水深100mくらいのところまで来ました。底付近でシャクリを入れるとグングンというサバとは違う引き。慎重に上げると30cmのクロムツようやくゲット。がしかし続かず、また150mのところまで戻ってきました。グングンと何かヒットしたような感じでしたがすぐなくなったので上げてみるとハリス切れ。スミヤキかな。4本針でしばらくやっていました。

Kuromutu1

次の投入ではキンメが一匹掛かってきましたが、海面でボチャン。がっかりしましたが、キンメが掛かってきたのでズラズラがあるかもしれない。仕掛けを新品にして再投入するとグングンと来ました。重量感はないので単発かもしれません。チョイ待っても変わらないので巻き上げ開始。

あがってくるとオッと5枚ゲット~。サイズはかなり小さめですが、久々にズラズラ~を味わいましたhappy01

Tyouka1

8時くらいにサビキは終了。次はスルメイカです。期待はしていませんでしたが、やっぱり全く釣れません。10時近くになって最後の流し。ようしと気合い入れてシャクルとぐーんとイカのノリ。最後にスルメを釣って終了となりました。

Ika1

またもや貧果でしたが、クロムツ釣れたし、ズラズラも味わったし、最後の最後でイカも釣れたしちょっとした充実感がありました。帰りも港の入り口は波が高かったようです。タイミングを見計らって港内に入りました。

Kikou1

帰り支度をしていたら、いつものおこわとお茶にプラスでイカの沖干しのお土産をいただきました。いつも釣れないからと次回1000円引き券もcrying・・次は釣果良いときに会社休んで来ますgood

クロムツは刺身にして皮をバーナーで炙ってみました。コレがサイコー旨かったhappy02。イカも真水に浸けないように刺身にしたら甘くておいしかったです。

Aburi1

家に帰ってきてバッテリーにつないでみると電動丸は調子よく動いています。・・

| | コメント (8)

9/21 聡丸レッツゴー(^^)/

9/22(火)から会社のため連休中の釣りは諦めていましたが、明日出船するようなので急遽予約しましたhappy02

久しぶりだ~。そういえばリールに糸巻いてなかった。今から巻こうっと(^o^)

| | コメント (0)

外房カットウフグ仕掛け 

久しぶりに船釣り行きたい~と思ったら、台風の影響でボツ・・ 鹿島はまだセーフかもしれませんが厳しい海況が予想されますのでやっぱり自粛します。

仕方ないので、フグ仕掛けを作りました。09シーズンはこの仕掛けでチャレンジしたいと思います。鹿島は根掛かりが多いので錘下のハリスは3号、カットウ針は細軸、大原はハリス4号、カットウ針は普通軸が良いかと。

まずは材料

Zairyou1

セフティスナップにハリスを結びます。

1

夜光玉を入れて次にハリスをビニルパイプ(長さ12と22cm)に通します。ビニルパイプの端をくわえて真っ直ぐにすると通しやすいです。

Paipu1

カットウ針側はフリーノットで結束します。

1_2

完成good

Complete1

仕舞いは100円ショップで売っているパスタ用のタッパーが使いやすいです。

1_3

道糸の先端はビミニツイスト、竿先保護用に切れ目を入れたゴム管に通します。ゴム管はサルカンの輪にさしておけば動かなくて良いと思います。

Gomukan1

仕掛け図です。錘上の先糸は竿の長さによって異なります。ゴム管まで巻き上げて仕掛けを上げたときちょうど良く錘が目の前に来るように0.8~1mぐらいです。

Sikakezu1

来週は行けるかナー。

| | コメント (0)

2009/09/06 木更津ハゼ釣り良い感じ~

木更津港 ハゼ33 ヒイラギ1

今日は子供とハゼ釣りです。家を10:30出発、市原フィッシングセンターでアオイソメ1パック買って下道で12時前に到着です。まずは腹ごしらえ。

1

子供用にパックロッド買おうと思ったのですが、硬くてイマイチだったので安いリールだけ買ってキス竿とバスロットに付けてやらせました。アオイソメは2人とも完全拒否sign03だったので、エサ付け&投げは親父担当ということでgawk、まあ仕方ないか。

ぴーぴーさん家と合流しました。一緒にがんばりましょう~。

1_2

途中、中年ライダーさんがいらして盛り上がり陽気な方でした。 11:52干潮、これから上げ潮で良い感じかナーと2時前後から入れ食いモード。投げればヒットの繰り返しで親父は竿を出すヒマなく釣れましたよーhappy02、サイズはかなりイマイチ5cm前後でしたが楽しめました。

2_4

今日の仕掛けは3cm天秤に、4号おもり、市販の6号2本針です。私はダイレクト感を味わいたくて中通し3号おもりに6号の1本針でやってみました。

1_3

キス釣りの要領で底をゆっくり引いて、ポーズ入れての繰り返しをするとプルプルッとあたり、楽しーhappy02

3時過ぎには時合いが終了。結構釣れました。

2

まったりして4時撤収しました。

1_4

晩ご飯はハゼの空揚げとくザルうどん。夏のメニューももうそろそろ終わりですね。

1_5

ハゼはうろこ取って、はらわた取って空揚げにしました。低温でじっくり揚げれば頭から食べられ、ふんわり甘くておいしかった~happy02

3

次は9月の連休に中深場かなー。

| | コメント (4)

2009/09/05 小湊堤防アジ

小湊 ウオポート近く堤防 カタクチイワシ1 

釣れているみたいだから行ってみるかとノリ太くんから誘われてタクチャンと3人で行ってきました。金曜8時半出発。

交通費 走行距離往復180km ALL下道 

タックル 延べ竿4.5m(安い渓流竿)、道糸フロロ1.5号 ガン玉3号 ハリス0.8号50cm 針アジ8号 電気ウキ小 棚1.5ヒロ

出発が遅かったので海側の釣具屋経由で途中釣り侍に寄って、コマセとアジパワーを購入。のんびりなので小湊に着いた頃は10時過ぎていたと思いますが近づくにつれて遠くにピカッと雷の明かりthunder

着いた頃には雨がポツポツmist、夜半にはあがるとの予報なのでコンビ ニで酒を買って車内で小宴会bottle、すっかり気持ちよくなってしまいましたcatface

Enkai2

雨が上がったのでさあやるかup

Jyunnbi1

意気揚々なるも・・釣れんナー

Hajime1

あっとまだ、焼酎残っていました~note飲みながらやりましょう~happy02

Nomi1_2

もう起きてられません~。寒かったけど眠くて眠くて・・

起きたら月がきれいだナー

Yoake1

結局、イワシ1と小フグ2(リリース)

Iwashi1

7時になると駐車料金が取られるとのことで6時過ぎ撤収です。

Tessyu1  

もうTOSHIなので夜通し起きているのはムリッスsleepy

釣れていれば起きていられるかも。次はいつ行こうかナー。

| | コメント (0)

« 2009年8月 | トップページ | 2009年10月 »