« 2009年9月 | トップページ | 2009年11月 »

2009年10月

がっかり・・

11月1日鹿島の解禁日ヒラメは中止となりました。・・というのも、火曜日集合時間を確認しようと船宿にTELしたところ、

「20人くらいで混んでいるから日をずらした方が良いんじゃない?」

「えええっ!!、乗れないんですか?」

「イヤー乗れるんだけど、オマツリとか多くなっちゃうから」

「そんなこと今になって言われても困ります・・」

「他の船探してみるからちょっと待ってて」

ちょっとして

「やっぱりいっぱいだって」

「他のメンバに聞いてから決めます」といってTELを切りました。

すぐぴーぴーさん、貧太郎さん、タクチャンに連絡を取りました。ホント申し訳ないです。

その後、貧太郎さんが11月3日ならまだ乗れる船を探して下さりましたが、私とタクチャンは出勤日・・・。ちょっと忙しい週なので有休はムリだ。・・

今日船宿には「止めます」とTELしました。「空いているときに来てね」といわれましたが、「釣れなくて空いているときには絶対行かない」と心のなかでつぶやきました。

なんでこんな事になるんだ。楽しみにしていたのにdown。ブログで不平、不満、愚痴は慎むようにしていますが、この気持ちどうしてくれよう・・

10月頭に予約したときにはなんにも言ってなかったのに・・ああ解禁日ヒラメ・・

鹿島嫌いになりそう。

| | コメント (6)

10/23発売 釣場速報

10/13のフグ釣りで釣場速報の記者と同乗したと書きましたが、・・・ホントに記事になってるhappy02sweat01。イマイチの釣果だったので、載ったとしても隅っこにチョロッと思っていましたが・・

しかしフルネーム年令付きは恥ずかしいナーcoldsweats01。私のコメントもコメントも偉そうだしcoldsweats01

もっと謙虚に言ったつもりですよ~。また、どうでも良いんですが事実と異なる点もあります。前回35匹も釣ってないよ~。今までの最高ですよ。それからS松さんは友達じゃなくて上司ですよ。年も41じゃないよ~

でも記念になりますね~。

Pa2401812

Pa2401811

| | コメント (0)

ハンドル付け替えてみた。カルカッタ101XT

バス釣りしていたときのカルカッタ101XT。もうバスはやんないだろうからauctionで売ろうかと思いましたが、船代にもならないでしょう。それならば海で使いましょう(^o^)。

ダイワの低重心リールシートはバイオクラフト XH のようなロープロファイルリールだとイマイチしっくりこないような気がします。丸型のカルカッタならベストマッチとおもいます。

ただし、ハンドルが小さくて巻き上げが疲れます。ネットでパーツリストをみると クイックファイヤー小船XHのハンドルと交換できそう。2000円だし注文してみました。

ジャジャーンsign03 軸穴が若干大きかったけど、

Handle

良い感じです。極鋭センサーのグリップにつけるとナイスフィーリング。

Handle2

またフグ行っちゃう?note up

| | コメント (0)

2009/10/13(火) 不甲斐ないフグ釣りでした(T_T)。

   利喜丸 ショウサイフグ16+4(船長にもらった分)

会社帰り電車で、大阪から出張できていたS松さんに会いました。全然釣り行ってないから行きたいナーなんて話になり、13日もこっちに来ているので会社休んで釣りに行こうということになりました。釣りものはそのとき釣れているもの。直前まで決めていませんでしたが、聡丸か利喜丸か。どうも聡丸は釣果イマイチ、鹿島は調子良さそうなのでフグにしましたhappy02

当日朝起きると、くもりのち晴れの予報なのに大雨・・。まあ晴れるでしょう。とS松さんを迎えに出発です。

交通費 走行距離往復130km 四街道IC~潮来IC行き800円、帰り1250円 水郷有料150円 

乗船料 10,000円 アオヤギ1パック 700円 氷・昼食付き 

タックル one竿 極鋭ゲーム165センサー リール バイオクラフト301XH PE1.5号 two海人カットウフグ150 リール キャスプロメタルライト PE1.5号 カットウおもり30号 先糸PE6号70cm(PEの方が感度良いかなと思い太めのPEにしましたが、効果はよく分かりませんでした。)

やっぱり平日は空いていて、鹿島の駐車場はほどほどに空いていました。利喜丸付近はしーんとしていてS松さんから「予約の日、間違ってないよなー(-_-)」とツッコミが入りましたが、5時頃若船長とおかみさんが乗った軽トラがきて良かった~(^_^;)。

今日は釣場速報の記者が乗るよとおかみさんが言われ、しばらくすると前ヤクルトの古田選手にかなりそっくりの記者がやってきました。今日はこの3人のようです。空いてて良かった~(^_^;)。ちなみに幸栄丸は今日も3隻出し。どんだけ人気あるんだ~。

出航前。期待むんむんです~。

Smatusan

Saya

記者さんもパチリ。

Kisya

30分くらい走って釣り開始。

今日の仕掛けも前回と同じ、30号の赤おもりです。

Takle

やっぱり1投目はあたりなし。あーあと思ったら、S松さんがこの日最大の34cmゲットーsign03写真は記者の方が・・私は撮り忘れ・・っていうか釣りに集中です。

予想通り朝方の方が食いよく、アタリ頻発でした。

しかし今回のフグには、やられました。カットウ針のハリスは7セット用意したのですが全部かじられ切られてしまいました。やっぱり4号ハリス+ビニルパイプでは歯が立たないようです(T_T)。ハリスがこんなに噛まれたのは初めてです。細軸カットウ針も全くダメ。のされて使い物になりません。

Sikakekireta

9時前後に食いが立って、入れ食いモードになりましたが、10時以降は全くヒットせず。

というものアオヤギは囓られるのですが、カットウ針に掛けることが出来ず。フグ釣りの難しさを思い知らせました。

12時終了。くやしーです。大物賞&ダブルがけ賞はS松さんがゲット・・

しかし、記者さんの釣果はさすがです。ほとんど取材で釣りしてないのに私のダブルスコア近く・・・。それも胴調子の竿でです( ̄○ ̄;)!。

比較するとエサの消費が自分の方が少ない。誘いがギクシャクしてエサを食べに来ていないか、アワセが強すぎて散らしてしまっているのか。次回は先調子7:3くらいの竿も持って行こうと思います。

S松さんから来週の釣場速報買って送れと指示されましたが、きっと私は蚊帳の外なので「ヤっです」と言っておきました(-_-メ)。

Mannzoku

まあでもフグ鍋で楽しめましたので、まあ良しとしましょうか(^_^;)。

Nabe

フグ釣りは難しい~でも、はまります。今度は記者さんより釣りたいナー。

| | コメント (8)

2009/10/04(日) ズシンと良型、鹿島フグ(^o^)

利喜丸 ショウサイフグ19

日曜日は天気良さそうなので釣りに行きたい~。クロムツとスルメの釣果が上向きな太海の聡丸かヒラメが解禁になった大原の冨久丸か、金曜日タクチャンと昼休みに相談して聡丸に傾いていたが大原、鹿島のフグも調子が良いので気になっていました。結局土曜の釣果を見て決めることにしました。

土曜日は鹿島の幸栄丸でなんとsign03(以下HP抜粋)

*フグ船・・・・今年1番の釣果がでました

   フグ・・・30~97尾 (18~36cm)
   その他カレイなど・・・

最低でも30ならコレはかなり期待出来そうhappy02。早速利喜丸にTELしました。

交通費 走行距離往復130km 四街道IC~潮来IC行き800円、帰り900円 水郷有料150円 

乗船料 10,000円 アオヤギ1パック 700円と500円の2種類 氷・昼食付き 

タックル one竿 極鋭ゲーム165センサー リール バイオクラフト301XH PE1.5号 two海人カットウフグ150 リール キャスプロメタルライト PE1.5号 カットウおもり25~30号 先糸フロロ7号70cm

今日のタックルoneは感度優先、twoはオーソドックスなスタイルで空合わせも積極的にやろうかと。

3時15分頃四街道を出発、途中釣具屋で甘エビ(375円)を購入。4時半前に到着ですが、既に港は大にぎわいでうかつに進入すると立ち往生しそうなので、外へ出て道沿い奥の防波堤付近に停めました。隣で準備していたおじさんも今日はフグとのこと。ショウサイフグは20cmくらいが旨いんだけど、釣り味は鹿島サイズだよね~。と言っていました。食べ比べしたことがないので分かりませんが、旨いことには変わりないでしょうhappy01

クーラーBOXを置きに船まで行くとトモは先客ありでしたが、他はガランとしていました。電気も点いておらずしーんとしてます。左舷後方に席を取って、幸栄丸へ偵察に行きました。こっちは明るくて活気がありますね~。スゴイ!ルアー船1隻を除いて4隻がフグ船です。舳先まで満員です。こっちで良かったー。

Photo_2

5時半出船。右舷ががら空きなので右舷に移り、方舷5人の計10名です。50分ほど走りました。ポイントには船が集結しています。

Photo_4 

ハイ、イイようの合図で仕掛けを投入です。最初は25号、鹿島定番の赤色の錘でアオヤギのみ付けました。

が、・・・あたりなし。移動です。まさかの貧果?そんな・・不安がよぎりましたがまだまだ始まったばかり気楽に竿先に集中しましょうhappy02

トモのおじさんが釣れたので、私もとじっと竿先に集中するとククッと来たのでビシッと合わせ、ようやくゲット。まあまあの型です。ぽつんぽつんと釣れ始めました。そのうちガツンと合わせるとズシンと来ました。オー手首に来るねーとごりごり巻くと30cm弱の良型です。空合わせでは全く掛からず、すべてアタリを取ってのアワセです。

Photo_5

ぽつんぽつんのアタリなので甘エビ丸ごと刺してやってみました。仲乗りさんも食いが悪いときはエビがイイよといっていました。しかし全くアタリが分からず、仕掛けを上げるとエビはありませんdown

01

3回くらいそんな状況なので、エビがシャクリで取れちゃうのかもと思いエビ頭を取って刺して次にアオヤギを刺してみました。錘は25号だとちょっと軽い感じがしたので30号に変えてみました。

Photo_6

コレが良かったのか分かりませんが、良型が多くなってきたようです。掛かったと思っても急に軽くなるときがあり、上に泳いでいるようです。全速で巻くとズンと来ますhappy02。今度は巻き上げでもグングン下に引っ張ります。フグ釣りで途中巻き上げに躊躇して竿でいなしたのは初めてでした~happy02

合わせても掛からないときはスッと元に戻すとまたアタリが出ます。ただし2回スカッだとエサはベロだけになっています。

昼近くになりアタリ遠のき11:40終了です。19匹でしたが、良型多く楽しめました。ヘ(^o^)/

ところでonetwoのタックルはどちらでも感度は変わりありません(と思います)。専用竿の方が針に掛けやすいかもしれません、1万円のフグ竿で充分かなー。

Photo

晩ご飯は刺身(遠目に見るときれいでしょ。自分で造りましたgood)、

Pa040364

空揚げにしました。

Photo_7

残りは一夜干しにしました。朝は一夜干しを焼いていただきました。こちらもナイスです。

Photo_8

久しぶりに満足の釣りでした。また行きたいナー次は鍋と雑炊にしようっと。

| | コメント (2)

« 2009年9月 | トップページ | 2009年11月 »