« 2010/3/31(水) 懲りもせず太海中深場 | トップページ | 2010/05/07(木) 谷間かな・・長浦の夜アナゴ »

中深場 先糸処理と中おもり

  4/16は送別会で芋焼酎飲み過ぎ。足腰立たなくなり家まで送ってもらいました。

Fくんと奥さん、グループの皆さん、すいません。<(_ _)>

バチが当たって翌日は夕方まで頭ガンガン。後悔の中ほぼ一日横になっていました。ほどほどにします。

ところで最近は釣りご無沙汰なので、ネタを一つ。

道糸とサルカンを結ぶところの処理ってどうしていますか。私はチチワ作って輪を通していたのですが、耐久性が何となく不安。なのでここ2回ほど強化チューブ(0.4mm)なるものを試してみました。丈夫で安心できると思います。沖上がり後すぐはずせるのも気に入っています。チチワだと爪でチクチクやらないとなかなか取れないですよね。

強化チューブを10~15cmくらいに切って端は、千枚通しを突っ込んでライターで炙っておきます。(ほつれ防止のため)

01

針金にPE引っかけて通します。

01_2

先端はライターで炙って一体化。

01_3

逆側はチューブがグズグズに動かないように8の字結び。完成です。

01_4

早速結んでみましょう。まずはサルカンに通して捻って、

03

端末を5mmほど折って輪の中に途中まで通して、

01_9

道糸側を引っ張り完成。

02

強度は充分だと思います(耐久性はまだ分かりませんが)。端末を引っ張ると簡単に取れます。釣りが終わって片付けて最後に竿を手にとったらハサミは既にバックの奥底だった・・なんてことでも大丈夫です(^_^;)。

では次、中おもり。中おもりは道糸がガイドに絡むのを防止して手際を良くするのにつけています。重さは10号くらいが使いやすいです。前まで中おもりはキーパーの近くに置いていましたが、最近は竿先のすぐ下にしています。この方が絡むことが少ないと思います。

01_5

中おもりの下にすぐ仕掛けを結ぶと針が竿の途中まで来てしまうので、先糸(船ハリス10号)を竿の長さ分結んでいます。

01_6

手元はこんな感じ。キーパーの糸かけは使いづらいので、3mmのゴム板を切ってキーパーの下に挟んでいます。5連サルカンの下に仕掛けを結びます。

01_7

全体イメージ図です。

01_8

イメージだけは爆釣です。<(_ _)>

|

« 2010/3/31(水) 懲りもせず太海中深場 | トップページ | 2010/05/07(木) 谷間かな・・長浦の夜アナゴ »

コメント

強靭な結合部ですね!
私は道糸を2重にして8の字結びですね~。

投稿: ぴーぴー | 2010年4月18日 (日) 22時57分

ぴーぴーさん こんばんは
結び方はいろいろありますね~。2重8の字も頑丈そうですね。
そういえば波崎のライトメヌケ気になります。中深場タックルで対応可なので一度やってみたいです~。

投稿: saya | 2010年4月19日 (月) 23時55分

いゃあ〜。参考になります。今度サビキ釣りに誘って下さい。現物のタックルと仕掛けと『sayaさんの工夫』を勉強したいです。

投稿: 鮃命ぇ〜 | 2010年4月20日 (火) 09時47分

ヒラメさん こんばんは
お褒めの言葉ありがとうございます。
中おもりをつけるのは聡丸の船長に教えてもらいました。いろいろ工夫するのは楽しいですが、釣果に結びつかないのが悲しいところです(T_T)。
都合つけば是非ご一緒しましょう(^o^)

投稿: saya | 2010年4月20日 (火) 23時37分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 2010/3/31(水) 懲りもせず太海中深場 | トップページ | 2010/05/07(木) 谷間かな・・長浦の夜アナゴ »