« 2010/12/28(火) 2010年の締めくくりは アマダイ初ゲット  | トップページ | 20110311 大地震 »

外房 フラッシャーサビキ

2011初の記事は 外房 フラッシャーサビキ仕掛です。過去にも書いたことありますがいろいろ試して今はこれが良いんじゃないかと思っています。

材料

針 丸海津 15号 白 メーカ:黒潮針 通販で購入

Kurosiohari

フラッシャー 富士スターファイバー #6 オーロラ糸

Flasher

幹糸 船ハリス8号 エダ糸 船ハリス6号 

作り方

フラッシャーは中間で折り返して2束、オーロラ糸は5本にしてまとめます。静電気で扱いにくいので水で湿らせると作業が楽です。針が錆びる心配があるのでつけすぎは禁物です。

Fflasher_kumi01

6cmごとに結び目を作ります。14針分(2セット)とれます。

Knot 

針結び器にセットします。もちろん手で結んで結構ですが結び器の方がきれいに結べます。

Hariset02

Hariset01

結び器の回転は5回。あんまり巻くと滑りが悪くなり結びにくいです。また強く結ぶとフラッシャーの糸が動かなくなるので仮止めです。

Musubi02

フラッシャーが軸の全周に回るように調整しながらフラッシャーを結び目まで引っ張ります。フラッシャーの長さは6cm。

Sabiki_6cm

ハリスは30cmにしたいので35cmで切ります。30cmの位置でハリスに折り目を付けます。

Harisuorimage

外房では魚が嫌うとされており幹糸とハリスの結びにサルカンは使いません。結び目を極力小さくできる「簡単強力枝糸結び」を選択しました。雑誌つり丸に載っていた結び方です。

Setuzokumiki

今はこの本に載っています(編み付けはしなくても十分かと思います)。結構いろんな結び方が載っているのでお勧めです。

Osusume

使い古しの仕掛巻きを利用して完成です。

Kansei

幹糸の上下のサルカンの結びは2重編み付け結びでやってみました。いままでは深海結びオンリーでしたがこんなのも良いと思います。

2jyuuamituke

最後に仕掛図です。7本針が標準です。

Sikakezu

サビキ仕掛を作るのは面倒ですが、自分で作って釣るのは楽しさ倍増です。

今年一発目はぴーぴーさんが企画したアマダイ五目になりそうです。よろしくお願いします。

|

« 2010/12/28(火) 2010年の締めくくりは アマダイ初ゲット  | トップページ | 20110311 大地震 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 2010/12/28(火) 2010年の締めくくりは アマダイ初ゲット  | トップページ | 20110311 大地震 »