« 2011年9月 | トップページ | 2011年11月 »

2011年10月

2011/10/01(土) デカフグで手首が痛い~(^o^)

  鹿島・大春丸 ショウサイフグ86 イナダ2 カレイ2 サバ1

鹿島のフグが好調。1年ぶりにフグ釣りに行くことにしました。10月1日より大原もフグ解禁ですが、釣れるかどうかわからないので鹿島にしました。

交通費 行き 四街道IC~潮来800円 帰り 潮来~佐倉IC900円 走行距離往復130km 

乗船料 10,000円 アオヤギ1パック、氷付き アオヤギ500円/1パック

タックル スーパーライト・フグカットウ180 SCクイックファイヤー小船301XH PE2号 先糸フロロ7号 カットウおもり30号赤、カットウ針 13cm 22cm 2段 10号ナイロン+1mmパイプ補強およびフロロ14号

スーパーライト・フグカットウは今回初めてです。楽しみ~。その他極鋭センサーも準備しました(結局使わず)

3:00出発、コンビニよって4:00着。震災後初めての鹿島はガラーンとしています。潮来をおりてから途中の道も歪み、ウネリ、通行止めのところがあり、まだ爪痕が残っている印象を受けました。ぴーぴーさんが行った5月よりはだいぶ道は修復されているようですが。

今日は土曜だというのに3名とは。私的には空いていてウレシイですが、船宿にしてみれば厳しい状況ですね。ミヨシはあいていましたので右舷にしました。

Gyokou

5時過ぎ出船。風とうねりで飛沫が強く、外にいれられません。ミヨシ側の天井付きの囲いに避難です。1時間くらい走って周囲が明るくなった頃釣り開始。水深30m、結構深いです。

Syukkou

ククッと当たりがあったので即あわせ、ズンと手応え、たまりませんな~happy02

入れ食いという感じではありませんが、良い感じです。最初は25号のおもりを使いましたが、流されて底がとりづらいので30号に変更。これでもサミングしながらゆっくり落とさないと結構流されます。ラインが斜めに流れた状態で落とすとカットウ針の掛かりが悪いように思うのでなるべくゆっくり落としてラインが立つようにしました。

いったん底をとって0.5m浮かせ、ククッと来たら即あわせで掛かりました。ホントに小さなククッで、グンとくるときはもう遅いように思います。空あわせはイマイチでした。

鹿島のフグはサイズよく、引きが強いです(^o^)。今まで飯岡とか大原で体験したことのない重量です。おもりと針を接続するスナップが伸されて外れてしまいました。ヤワな仕掛けでは伸されてしまいます。

最初はあまり釣れなかったのですが、だんだん尻上がりに掛かりが良くなってきました。

仲乗りさんはバスロットのような7:3のロッドを使っています。釣り方はじっと竿を固定しているのではなく、常にフワッ、フワッと小刻みに竿を動かして当たりがあったらスッと動かす幅を大きくしています。私もやってみるとあわせがとりやすい。なるほど~、じっと竿を固定しているとあわせのタイミングが遅くなり、またあわせが大きすぎてフグがびっくりして散ってしまうのではないでしょうか。

凄い重量の引き、ショウサイフグの親分かと思ったらイナダです。カットウでイナダつったの初めて~。重かった~。

後半は入れ掛かりになってきました。水深が30mあるので手巻きだとつらいです。手首が痛くなってきましたhappy02。えさをとられないようにするのも手返しUPですが、これはなかなか難しい。当たりがあって2回掛け損なうと確実にアオヤギは全くなくなっていますが、えさが残っているときとなくなっているときで差がわかりません。えさがとられるのはやっぱり腕のせい?と仲乗りさんに聞くと「そんなのとられるよ、しかたねーよ」とあっさりです。

11時過ぎ仲乗りさんが皮をむいてくれました。この段階で67匹、終了まで19匹を追加して86匹で大満足です。えさは3パック半使いました。

1030

12:00終了。右舷トモのおじさんはなんと100匹、どっこいの勝負かと思っていたのですが残念負けました。左舷トモのおじさんは48匹だそうです。こんなに釣っても仲乗りさんはチャッチャと処理します。

Syori

沖上がり後は船宿でラーメン食べながら雑談。やっぱり震災時の港の話になります。亡くなった人がいなかったのが幸いとは言え、すっかり様相が変わった港は自然の猛威を感じさせます。

Gyokyou1

Gyokou2

釣果 大満足happy02です。

Migaki

Sakana

<まとめ 鹿島のフグ> あくまでも個人的な意見です。

・タックルはしっかりしたものを準備。PE2号、おもり30号。リールは1回あたりの巻き上げ長さが長い方が良い。手首が疲れるので右巻き、左巻き両方あるといいかも。

・カットウ針とおもりの接続のスナップは小さいと伸される。左がNG。右は大丈夫だったが、左は針2本で一つ、右はそれぞれの針ごとに使っていたので、はっきりとした差は不明。もう少し大きい方がGOODということでしょう。

Snap

・カットウ針は、4本針は仕掛けに絡み、細軸は折れてだめ、太軸3本18号が良い。

4

・竿はちょい長め1.8mが使いやすい。波があることが多いので一般的な1.5mのカットウ竿は使いにくい。鹿島ではいわゆるカットウ竿を使っている人は半分くらい、あとは7:3くらいの万能竿を使っている。専用竿にこだわらなくても良いのでしょう。

今回のスーパーライトフグカットウは穂先が白地でガイドに赤の糸が巻いてあり視認性が良かった。値段も手頃でおすすめです。

Tackle

・針とおもりの接続はナイロン10号+1mmパイプで補強、フロロ14号の2つを準備したのですがフロロ14号の方がフグに2個とも針が掛かることが多かった。ダイワのカットウ仕掛けセットのまねです。作るのも簡単だし今後はこれですね。

Photo

・釣り方はじっと待つのではなく、フワッフワッと小さく竿を動かしている方がアタリがとりやすい。

以上、良い釣りでした。

そういえばせっかく作ったフグ用ネットを持って行くのを忘れました。リスト作っておかないとダメですね。船の移動のときにフグが飛び出してきて気付きましたbearing

翌日 料理編

釣ったフグは、全部腹回りの黒い皮や血合いを取りました。仙台の実家に30、地元の友人に20、会社の友人に10、カミさんの実家に7で、残りをうちで頂きました。

大名切りして

Daimyou

白い皮は軍手をはめて取ると早いです。刺身で食べるときだけ食感が気になるのでとります。鍋や唐揚げの時(火を入れるとき)は取らなくてOKです。

Kawa

今回は刺身と鍋にしました。フグ刺しはこんな感じで(ちょっと気合い入れました)。

Fugusashi

鍋はしゃぶしゃぶより棒身の方が食べ応えありオイシー。ポン酢と紅葉おろしで。

Nabe

フグはやっぱ旨い!以上おわり!

| | コメント (4)

« 2011年9月 | トップページ | 2011年11月 »