« 2012年8月 | トップページ | 2012年10月 »

2012年9月

2012/09/29(土) 偵察、木更津港ハゼ

木更津港 ハゼ10 コッパ3 キス1

ぴーぴーさんの掲示板で数週間前、木更津港はぬるくて全然だめという投稿がありましたが、もうそろそろ良いかなと偵察をかねて行ってきました。29日は午後から大潮の満ち潮なのでこのタイミングだったら釣れるかも。12時40分に下の娘をミニバスに送ってからの単独釣行です。子供も大きくなると部活動でなかなかスケジュールが合いませんね。

途中、市原フィッシングセンターでアオイソメ525円(小パック270円でも良かった)、ハゼ仕掛け210円を買って2時すぎ到着、下道で1時間半かかりました。

フェンス沿いには釣りをしている人たちがポツポツ。混雑という感じではありません。

01

今日のタックルはリアランサーキス175と幻風15-180 道糸はPE1号 先糸に2号フロロ

02_3

中おもり4号にスピードハゼ6号1本針を付けてやってみると、早速ブルブルとあたりオオー良く引くなーとおもったらキスでした。良いね~。

03

しかし後が続かず・・

向かい風で投げにくいな~。

仕掛けが絡まるので天秤にしました。ハゼ天秤おもり4号。

04

イシモチかと思ったらシーバスの小っちゃいの、セイゴとかコッパと言うのでしょうか。

結構良い引きで楽しい~。4時頃に活性が上がりましたが、3年前よりはポツポツでした。

ハゼの一荷もありました。

05

5時だんだん暗くなってきたので終了。気温はまだまだ高いけど日の入りは確実に早くなってきています。

この場所地図で見ると内港と書いてあります。手洗い所、トイレ、駐車場ありで、フェンスもあるので小さい子供連れファミリーにもお勧めです。

06

07_2

08_3

帰りも1時間半で到着。

これからも満ち潮のタイミングを狙っていけば釣れると思います。

3mくらいの長い竿で置き竿でやっている人もいたけど、キス竿ズル引きの方が楽しいですよ。遠くに投げれば釣れるというものでもないし。ただ、7-8m手前まで巻いたらゴロタ石に引っ掛かるのでチョイ早巻きして再度投げた方が良いでしょう。

それからイソメはくたびれてきたら活きの良い物に付け替えた方が釣果UPです。

◆タックルの他に持って行った方が良い物

ロープ付きバケツ、手ぬぐい、はさみ、石けん(イソメ、魚を触ると手がくさーいので帰りに車のハンドル触る前にしっかり手洗い(^_^;))

明日は天ぷらにしよう(^_^)v

09

天ぷら追加でーす。旨ーい(^o^)。

10

| | コメント (7)

ご飯が旨い fanライスクッカー

キャンプの時はいままで、飯ごうでご飯を炊いていました。

表面はまだ芯があるのに、底は焦げていたり

吹きこぼれた汁が、ストーブの炎を消したり汚したり

失敗が多いのが気になっていました。

吹きこぼれるのがイヤで飯ごうの下に鉄板敷いてみましたが熱が伝わらずボツ。

Cooker00

会社の先輩から勧められたのがこれ

ユニフレーム(UNIFLAME) fanライスクッカーDX 660089

Cooker01

普段から使えば節電になるかも。とカミさんに言って買ってしまいました(^_^)v。

ウチのご飯は白米オンリーではなく、玄米を2:1で混ぜております(計3合)。慣れるとこっちの方が噛みごたえあってオイシイです。

今回のレポは使用2回目 1回目はチョイ硬かったので今回は充分時間をかけてみます。

米研ぎ、水入れは朝は面倒なので前の晩に仕込んでおきます。割合忘れて子供に聞いたら間違って白米:玄米=3:1にしてしまいました。まーいいか。

Cooker02

朝、最初は強火でふたがカタカタ鳴り出すまで 火にかけてから5分くらい

Cooker03_2

沸騰してカタカタ鳴り出したら、吹きこぼれない程度の中弱火にして湯気が出なくなるまで 10分くらい

Cooker04_2

湯気が出なくなったら(今回はこれをしつこくしました)、火を止めて5分ほっておいて蒸らし

Cooker05

お焦げが出来ていますhappy01。でも鍋には焦げが付いてない~happy02

電気ジャーで炊くよりオイシイ!ような気がする!

Cooker06_4

こびりついていないので掃除はカンタン。

Cooker07_3

次回は実際キャンプで使うコンロでも試してみよう。またレポートします(^o^)。

| | コメント (0)

2012/09/15(土) そりゃねーぜ長井のカツオ

長井・長助丸 カツオ0 持ち帰らず(シイラたくさん、その他小物)

久しぶりにT井くんのお誘いでイワシエサのカツオ仕立てです。メンバーは7人。

交通費 走行距離往復250km 東関道で佐倉~湾岸~三浦縦貫 林インター 行き高速1950円 帰り2150円 往復8000円くらい(前回4年前より2000円も高い) 

乗船料 12,000円/1人 氷付き 活きカタクチイワシ込み(今回は4000円/1杯 バケツ5杯分)

タックル フカセ釣り 竿 SMITH WGJ-S56SLH リール ツインパワー PE5号 ショックリーダー 船ハリス10号 2m 針 船ヒラマサ12号 竿 アルファタックル パワーティップ 235-180  リール オシアジガー (スピングタックル、ジガーはタクちゃんから借りた。)

船にある一本竿も使えます、バケが付いたのと(活きイワシを付ける)針だけの両方があります。針だけの一本竿は針がでかいので小さいのに付け替えました。

4時半集合のため2時佐倉出発、3時半に着きました。途中コンビニ寄ったりで4時着、ちょうど良かった。

01

2隻船があり、我々は古い方+親父船長です。この段階で不穏な空気が流れています。私はよく分からなかったのですが、T井くんは長年この船宿を利用しており新艇+若船長の方が釣果が期待できるのでしょう。通常は若船長が操船して、親父船長が助手(イワシ投げ)をやるそうです。

出船前、若船長から群れは濃いが水温が高いので反応が薄いとのこと。でもバクチなのでやってみなけりゃ分かりません。

02

イワシを生け簀から船に移して出船。もうすっかり明るくなっています。

03

富士山がきれいですね。

04fuji

一路ナブラを探し相模湾を探索します。

05tansaku

船首で一本釣りで構えます。

07iwaisiesa

が、やっぱりなかなか見つからないし、小さなナブラがあって、イワシを撒いてもカツオが寄ってきません。
11tansaku_2

おまけに操船もイマイチっぽい。他のメンバーが、(ナブラの)頭押さえろよ!船止めなきゃ釣りできねーだろ!とか文句を言っています。

親父船長と助手のじーさんの言い合いもあり、船中だめだこりゃムード。

見つかるナブラはシイラばっかり。パヤオ周りで小物釣りも一寸やりましたが、こんなの釣りに来たわけではありません。

08siira

エサがなくなる14時半までがんばってもらいましたが、船中0でした。

10kaeri

一方、新艇の方は カツオ50本、キメジ12本 9:30早上がりです。全船不調ならともかくそりゃねーぜ!船長!

沖上がり後にシイラの刺身を出されたので食べてみましたが、漬けにするとまあまあ旨かったです。

T井くんが「でもカツオが食べたかった・・」と聞こえるように言っていました。

次は予約時に新艇+若船長指定で行こうとみんなで決めて解散しました。

次回に期待です。

| | コメント (4)

アカムツ料理編 

釣り当日はお土産でもらった生シラスをわさび醤油で頂きました。旨かった~。

Namasirasu

翌日はオキメバルと小さい方のアカムツを煮付けにしました。これも旨かった~。

Okimebaru

以降は釣りブログの巨匠まるかつさんの記事を参考にさせて頂きました。

大きい方のアカムツのアラを潮汁にしてみました。カミさんがママさんバレーで不在のため、だし昆布がありかが分からず、見つけたのがこれ。まあいいか。

Konbudasi

アクがどんどん出てきます。アク取りシート2枚使いました。

Akutorisito

日本酒、薄口醤油ちょびっと。

Usiojiru

この細かい脂が凄いですね。すばらしい風味です。

Owan

土曜日、2日寝かせた身を炙りにしました。

切り身にしてバーナーで皮を焦がします。しっかり焦がす方が私の好みです。

Aburi

キッチンペーパーを湿らせて、粗熱を取ります。その後冷蔵庫で冷します。

Kitchinpaper

できあがり

Aburisasi

ホントに驚愕sign03の旨さでした。脂ののりといい炙りの香ばしさといい家族4人で感動ひとしきりでしたhappy02。アカムツ最高ですsign01。これはまた釣りに行かなくてはsign01 happy01

| | コメント (8)

2012/09/06(木) ラスト2流しでゲット!波崎のアカムツ

波崎・信栄丸 アカムツ2 オキメバル2 ユメカサゴ1 (持ち帰らずサバ2 ドンコ5~6 シイラ1)

8月末の日曜に当番出勤したので、代休もらっての釣行です。タクちゃんと一緒に行こうと思っていたのですが忙しくなり行けなくなってしまったので一人釣行。信栄丸にTELすると「調子悪いけど良いの?」と正直すぎる返事・・。じゃあ予約している人も少ないのですかと聞くと、「イヤ9人だよ」。調子悪い上に若干混んでる・・どうするか、路線変更して太海か・・でもせっかくだから行ったことがない波崎アカムツを体験したいと予約を入れました。

交通費 全て下道 八街45号で126号に出て飯岡~銚子~波崎。走行距離往復140km 

乗船料 12,000円 ホタルイカ、氷付き  

タックル リーディングXネライ240H 電動丸3000BM PE5号350m おもり150号 仕掛け  胴付き2本針 おもり150号 中おもり10号を道糸と仕掛けの接合部に付けた(手前まつり防止のため)

仕掛けはネットを検索してうぞっさんの備忘録を参考にさせて頂きました。丁寧な解説で参考になります。

4時に集合とのことで、1時半に家を出て3時過ぎに到着。波崎は意外に近かった。夜中なので飯岡から15分くらいでしょうか。銚子大橋を越して右に曲がり川岸沿いに下流に向かって少々、途中何度か降りて船の名前を確認しながら行くと5台くらい車が止まっている奥に信栄丸がありました。どの席があるかな~と見に行くと私が最後かも。左舷のトモから2番目あたりにクーラーBOXを置いてしばし車で休憩。

Sinneimaru

職漁船がぼちぼち出船してもうそろそろかと4時近くになってカッパを着て準備を始めたのですが、4時過ぎても船長現れず。結構のんびりのようです(外房だと急かされて出船というイメージがあるので準備を早めにする癖がついています)。勝手が分からず見ていると釣り客それぞれ船に乗り込んで準備を始めています。そのうち船長がやってきて電気を付けました。私も準備を始めました。乗船料は各釣り座に船長がまわって集金です。面倒じゃないのかな。

Turiza

ホタルイカが配られました、結構多そうで良かった。クラッシュ氷が前方の箱に入っておりそこから適当に自分のクーラーBOXに入れます。

Esa

自分の準備が終わってぼーっとしていると、船が動き出しました。後ろのキャビンに入ってゴロリ。1時間ほどすると減速したので起きるとあたりは明るくなっていました。

外に出ると周りは霧・・ここどこって感じです。

Kiri

持参のサバ皮とホタルイカの抱き合わせでスタートです。と思ったらホタルイカはまだ凍っています。海水かけて解凍、端っこから壊さないようにイカを取りました。サバ皮は古いけど塩漬けにしておいたから思ったより変色していませんね。

Sabakirimi

5時半過ぎ開始。水深113m。左舷は4人ですが船が大きいのでゆったりです。みんな竿は手持ちでゆっくり誘っているように見えます。

しばらくしてトモのおじさん(60才くらい)にヒット。ずいぶんゆっくり巻くなーと思ってみていたら本命ゲットでした。

Tomo

私のエサはサバ短を皮側から刺して、はさみで胴体をとったホタルイカに口から針を刺して目の間に抜くという方法で付けていましたが、何回か投入を繰り返すうちにハリスがぐるぐるに撚れていることに気づきました。

エサがくるくる回転している?これはよろしくないです。仕掛けを交換しました。

しばらくしてまたトモのおじさんにヒット。このときは船長がいなくて私がタモ出ししました。

ついでにエサはどうやって付けているのですかと聞くと普通だよ。そのまま付けているよとの返事。壺抜きせずそのままイカの先に針を通しています。サバ短は付けていません。針のチモトにはグリーンの蛍光玉が付けてあります。

今日はサバは邪魔のかなとおもい、自分もサバは止めてホタルイカだけにしました。

Ikaset_3

しかしその後私をスルーして右隣の人が本命ゲット。うーん。

トモのおじさんがやってきて、ホタルイカは水に漬けっぱなしだとダメだ。色が変わってしまう。水を切ってクーラーに入れておいた方が良いと教えてくれました。気をつけます。

さらにエサの付け方も、2回掛けだとエサがくるくる回るので自分はちょん掛けにしている、背骨の硬い部分に針を通した方が良いと教えてくれました。また針のチモトに3.5号ピンクのソフト蛍光玉を付けました。

Ikaset2

ありがとうございます。そうやってしばらくやりましたが、回収の時針だけになっていることが多くなりました。これってホントに大丈夫?底に着く頃にはエサがなかったりして・・と思うと不安になりました。

サバが釣れたので、新鮮なサバ皮だったらまた違うだろうと思い、最初のサバ皮+壺抜きイカにしました。

赤い魚が見えたのでおーっsign01とおもったらオキメバルでした。

Okimebaru

本命はヒットせず、朝のサービスタイムが終了してまったりタイムです。この時点でトモのおじさん3、右隣のおじさんは2で私は完全にスルーです。やっぱりエサがまわっているようなのでサバは止めて、ホタルイカだけにしました。さらに刺ししろを短くとって2回掛けにしました。ちょっと海に沈めて確認です。これなら回らなそう。

自分にもあたりがありましたが、ドンコばかりなので捨て糸を1mから1.5mにのばしました。

昼過ぎ、この時点でオデコを覚悟しました。この竿相性悪いんだよな~。他の人働いているのに休み取ってきたからかな~。とかいろいろ考えてブルーになっていました。

Kouhan

そのうちまたポツポツ釣れ始めました。釣れるときは外道に混じって本命も上がってくるような感じです。

時合いだ。でも捨て糸長いな~、弛ませるとおまつりしてしまうのでゼロテンションで気持ち捨て糸0.5m分竿先を下げました。中おもり(10号だけど)付けているし仕掛け下がるだろう。

しばらくするとククッとアタリがあり、聞き上げて巻き始めると途中ブルブル。これはもしやと思いましたが、それ以降はブルブルなし・・。上がってくるとサイズも小さいのでまたメバルか・・。おっ目が大きいぞsign01 やったーアカムツsign03 小さくてもタモで取ることと記事にあったので右隣のおじさんにタモ入れしてもらいました。

くーsign03感動happy02。25cmだけど釣れると釣れないのでは大違いです。写真パシャパシャ撮っていたら、トモのおじさんに早く釣らないと魚いなくなっちゃうぞー。おおっそうでした、写真撮っている場合ではありません。

Akamutu25

急いで仕掛けを投入し、さっきと同じゼロテンション釣法ですぐにあたりありましたが、これはオキメバルでした。

最後の流しになりますとアナウンス。12時半回っています。

着底後仕掛けを気持ち弛ませるとググンときました。巻き上げると今までとは違う暴れ方です。これはもしや・・途中も断続的に暴れます。水深20mを切る頃には確信に変わりました。

やったー最後にビッグボーナス。30cmゲットです。ラスト2流しまで釣れずもうダメだと思いましたが、諦めずにやって良かった。

Akamutu_last


Akamutu30

12時45分頃終了。船の前方にあるクラッシュ氷をクーラーBOXに入れました。クラッシュ氷はキンキンに冷えるので安心です。まだまだ暑いですが、空のうろこ雲は秋の気配です。

Urokogumo

帰りも1時間キャビンでぐっすりでした。帰港してから船長にサバは付けた方が良い日とない方が良い日があるのですかと聞くと、イヤー気にしなくて良いよ。ホタルイカだけだと(海底で)無くなってしまうことがあるからサバも付けておいたほうが良いよ。サバだけでも食ってくるときがあるから。とのことでした。

生シラスのお土産付きです。当日しか保たないよとのことです。

Omiyage

実釣7時間近く。ホタルイカも余るくらい付いてくるしリーズナブルなのでは?(釣れたからかもしれませんが)

久しぶりに充実感のある釣りでした。

| | コメント (2)

雰囲気重視 ウェーブマグ400ml

今持っているステンマグカップは小さめなので酒をつぐのが面倒くさい。

もうちょっと大きいマグカップが欲しいなと思っていたら、アルペン楽天市場店で

UNIFLAME(ユニフレーム) ウェーブダブルマグ SUS400 容量/400ml  1,780円

となっていたので即買いしてしまいました。

Susumag

早速焼酎水割りに使ってみました。400mlってもっと大きいかと思ったらジャストサイズです。

Cup

ガラスのコップだと、コップについた水滴sweat01でテーブルが濡れてしまいますがこれだとかなり(完全ではないけど)防げます。口に触れる感じも良いし、普段使いにも良いですねgood

雰囲気イーナ。

昨日は飲み過ぎたbeer。土曜午前は2日酔いでした~coldsweats01




| | コメント (0)

火起こし器

火起こし器

みんなが便利だ便利だというので買ってみた。ただし、ユニフレームのは高いのでこっち。

1000円ちょいなら、まあいいか。

Fd_hiokoshi

早速、着火実験。下は網になっています。

Hiokoshiset

炭を並べて入れます。縦の方が良いらしい。

Sumitounyuu

着火材に火を付けて

Tyakkazai

その上に火起こし器を置きます。

Tyakka

かなり手間が省けます。確かに良いですね。キャンプではほか仕事に時間が使えそうです。(飲む時間が増えるだけかもcoldsweats01

それで焼きそば作ってみた。

Yakisoba

炭火でつくる焼きそばはおいしいな~happy02




| | コメント (0)

私のキャンプ歴

また釣りからそれてしまいますが、キャンプ(オート、ファミリー)についてNew
カテゴリーで始めます。
なんでかっていうと、キャンプグッズが面白くなってきたのと
写真を見返したらブログに書いておいた方が次に役立つかなと思ったので。
私のキャンプはテントを張ってBBQが精一杯、特に凝った料理もしないし、
飲んで終了というテキトーキャンプです。

それでは過去の思い出を。
高校生の頃、部活や近所の仲間で浜辺でキャンプ、

↓85年当時 17の頃です。若い!左が私、右は地元の友人、中1からのつきあいだからもう30年以上ですね。
Img012

大学の頃はサークルで北海道積丹半島の浜辺でキャンプ、
テントとガスコンロを学生会館で借りて定番のジンギスカンでした。朝はカップ麺だったのですがカラスにやられてしまいました。お湯入れてなくても分かるんだ、賢いなと感心しました(オイオイ・・)。7月末でも北海道の海は冷たくて震えながらアサリを拾いました。

↓積丹の美国浜だったような気がする。
Img013

秋にはバイクで北海道半周。宗谷岬の前の広場や網走の高台の公園にテント張ったり。

↓海を眺めながらストーブでお湯を沸かして飲んだコーヒーはうまかったな~。Img014

この頃まではキャンプする場所にお金を払うという感覚はなかった。つまりキャンプ場ではないところにテント張ってました。

今は出来ないだろうな~coldsweats01

ここからずーっとキャンプから遠ざかっていて、子供が幼稚園入る前くらいから
また行き出しました。
カミさんの幼なじみ夫婦と5月連休に毎年今でも行っています。
そのときは子供が小さかったのでキャンプ場のバンガロー借りたりして、BBQ
だけアウトドアという感じ。
テント張って一応ちゃんとやり出したのは、2006年ごろから
内浦山県民の森(千葉勝浦近く)
8月お盆中は仕事で休みが取れず、家族4人でキャンプに行ったのが8月末の平
日、そしたらガラガラー、なんとウチだけでした。

↓静かなキャンプ場・・ウチしか居ません。
Camp02

空いてて良いじゃんと言ったのは私だけ。
さらに夕方雨がぱらついてきて、屋根のある炊事場に避難(タープを持っていなかった)

↓多少不自由な方が思い出になるよね~。
Camp03_2

しばらくして雨が止んだのは良かったけど、
カツカツ音がするので見に行ったら、シカが2-3匹歩いていたcoldsweats02
子供はビビってトイレに行けない。

バンビみたいでかわいいよといったが効果なし。翌朝バンビが遠くからじっと見てる~。
家族だけで行くのはもうやだといわれたcoldsweats01

てな感じで今に至ります。道具レポもちょくちょく書いていきますよ~。

| | コメント (0)

2012/9/1(土) ホタ針

波崎のアカムツが調子良さそう。アカムツは過去にチャレンジしたが、撃沈。

以来アカムツは行ったことがなかったなー。最近の釣行はマンネリ化しているし、そろそろ新しい釣り場を開拓せねば。月曜に代休とって行こうと思ったら海が悪そう。

来週どっかで行けるかな~。

アカムツの記事を検索すると、かなり凝った方がいますね。なにやらホタ針という針が良さそうなので、通販で購入しました。

結構高いのね。フラッシャーサビキで使う丸海津15号も併せて購入したのですが、こっちは5.67円/本、対してホタ針は31.5円/本です。

Hota_7

アカムツ釣れると良いな。

| | コメント (0)

« 2012年8月 | トップページ | 2012年10月 »