« 2013年5月 | トップページ | 2013年7月 »

2013年6月

2013/06/22(土) 片貝港出船のイサキ五目

片貝・二三丸 イサキ11 マダイ2 ハナダイ6 アジ5 持ち帰らずウマヅラ2 

ぴーぴーさんに誘われて初めての片貝港です。心配した天気も回復して良い釣り日和になりそうです。まあ前日の釣果はイマイチでしたので今日もそんなに期待しないで釣りを楽しみましょう。フォースマスター400の使い勝手もどうかな~。

交通費 往復 70km

乗船料 10,500円(つりなび割引券使用で8,000円) コマセ、イカ短、エビエサ 氷付き  

タックル Aグリップネライ210 フォースマスター400 PE3号 先糸フロロ4号1.5m サニービシFL60号 35cm天秤 仕掛け ハリス1.7号 カラームツ9号 3本針

ライトタックルも準備 リーディングX732Ⅱ 小船301XH PE1.5号先糸フロロ4号1.5m サニービシちびライト40号 結局使わず。 

2時四街道出発。3時前に到着、やっぱ片貝は近いですね。駐車場からもすぐ近くで移動が楽々です。釣り座はマサキさんの上司のセオさんが取ってくれました。ありがとうございます。私は右舷ミヨシに釣り座を構えました。

01

あっという間に空が明るくなり4時出船です。船長が忘れ物ないですか。車のカギは閉めましたか。弁当車に忘れてませんか、とアナウンス。親切ですねcoldsweats01

02

朝焼けがきれいです。波も静かだな~。

03

1時間弱走って釣り開始。太東沖のようです。最初はイサキ、自作5本針にイカ短を付けています。水深は35,6m、指示棚は30~23m 27mの指定が多かったように思います。

04

ぽつぽつ釣れました。マダイも釣れました。

05

その後8時頃イサキは終了。アジハナダイのポイントに移動です。仕掛けはイサキと同じですがエサはイカ短からエビに変更です。

07

しかし今日はべた凪、外房が湖のようです。

09

ハナダイはサイズが良くMAX25cmくらいありました。ココまで大きいと引き味良く楽しかった。
11時で終了ですが、最後のポイントに行くと15分前で時合いとなりました。水深23mで30cm越えのアジがガッツンガッツン来ます。しかしイサキの仕掛けでは弱くてプッツンプッツン、何とかタモ入れしてもらって5匹確保。

まあ近所にお裾分けとはいきませんでしたが、楽しめました。

フォースマスター400はさすが軽くて使いやすかった。カウンター付きの手巻きリールとほぼ同じ感覚です。ただコードの付け根のネジが緩んで後半グラグラでした。帰ってから自分で締めようとしましたが隙間がなく専用工具でないと無理です。修理に出すしかないでしょう。

10

本日の釣果。マダイ2

11

イサキ11。30cmクラスは2匹かな。

13

ハナダイ

12

アジは5匹

14

以上次は夏。夏は夜イカかな~。

| | コメント (2)

2013/06/09(日) アルファ comono KRキス160

今まで使っていたシマノ リアランサーキス175は穂先を筆おろしで折ってから、どうも相性が悪くて買い換えを考えていました。

小峯丸でのキス釣りでユラユラ釣法を教えてもらってから、竿の長さは160cmでも良さそうと思っていました。

最近お気に入りはシマノ、ダイワに比べて割安なアルファタックルです。

アルファでもキス竿がたくさん出てますね。DSキス、comonoキス、海人キスなどおもりをぶら下げてみても違いがよく分かりません。

結局ガイドが新しめのKRキス160にしました。

001

ガイドが小さくてブランクスに近いですね、穂先はオレンジで見やすいです。

003

シートはスケルトン。持ちやすいです。

002

表示はおもり8~15号ですが、20号ぶら下げるとこんな感じ。これでも行けるでしょう。

004

今シーズンはこの竿で束越えしたいですhappy02

| | コメント (0)

2013/06/08(土) システムスティック

週末、銚子の追っかけアジに行こうと思ったのですが、低気圧接近で波3m・・諦めていたら金曜になって2.5mまで落ち着いてきました。よし、これならと思って銚子・武丸にTELするともう一杯ですよとの返事。うーん残念、まあ他の船宿探すのも面倒なので土曜はFGノットの練習をしました。

なぜFGノットの練習かというとライトタックルにはやっぱ先糸が必要だよなと思い始めていましたので。

ライトタックル、TVや雑誌では良く取り上げてられますが、PEの価格が高いのであんまり興味ありませんでした。0.8号を数百m巻いて講釈をしている記事を見ると一人やってろpoutとか思っていました。ところが、最近通販では0.8号でも1300円/100m前後とグッと安くなりました。実際、波崎のヒラメではPE4号で80号が標準ですが、PE1.5号まで落として60号でやると楽しさ倍増でした。80号より60号の方がヒラメがエサに食いついた時の状況が分かりやすドキドキ感が全然違いました。

しかし細いPEはガイドなどに糸絡みしたときトラブルが避けられませんので先糸が必須となります。最近ゲットしたフォースマスター400にはPE1号200mを巻いてライトタックル仕様としています。

PE1.5号以下を巻いたリールにはフロロの先糸を付けた方が良いと思い手持ちのタックルに先糸を付けました。そうなると今度は船の上でも結べるようにしておかないと。と言うわけで買ったのが昌栄の「システムスティック」。勢い通販で買ってしまい後から考えるとちょっと高い買い物かもcoldsweats01

01

システムスティックはカラビナを介して自分側に取り付けます。ライフジャケットを着ている想定です。PEの先側をセットします。

02

竿側のPEは、竿先が曲がる程度で良いと書いてありますが、ピンと張らないと何度やってもずっこけます。竿休めやロッドキーパーに固定するのが良いでしょう。今回はPE1号、リーダーは4号です。

03

編み込みは11~13回と書いてありますが、締め込んでも先までPEの色が変わらないので7~8回で充分です。

04

後は取説通りハーフヒッチで仕上げます。完成はこんな感じ

05

切れるまで引っ張ると・・、リーダーが切れましたので一応ちゃんと出来ているようです。

06

船の上でもちゃんと結べるかな。

07

次の釣行予定は22日を考えております。江見のイサキあたりですかねhappy01

| | コメント (6)

« 2013年5月 | トップページ | 2013年7月 »