« 2014年3月 | トップページ | 2014年5月 »

2014年4月

2014/04/29(火) カンカンッと良い引き、銚子エビハナダイ

銚子・武丸 ハナダイ21 イナダ1 ホウボウ1 ウマヅラ1

GW中日、最近は型が良いと噂のハナダイに久々釣行です。今回は近所のN方さんが是非連れてってくれというのでお誘いしました。沖釣りは2回目。1回目は職場のレクで千倉から出船した途端マーライオンだったそうです。もう一度ヤってみたいということでさすが元小学校校長、チャレンジ精神旺盛ですね。

交通費 ガス代のみ  八街~芝山 県道22、45 国道126 1.5h 帰りは広域農道で2h 

乗船料 8200円(割引券使用) スムシ(活きエビ付き) 沖上がり後カレーうどん  

タックル おもり40号 ミサキの船宿仕掛け、自作仕掛け(幹糸3号、枝糸2号15cm ミキ間50cm がまかつ丸海津13号または12号 3本針) 竿 リーディングX73Ⅱ リール フォースマスター400 PE1.5号 

2時15分四街道出発、4時前に現地到着しました。前までは席取りは船にクーラーBOXを置いていたのですが方法が変わりました。船宿の玄関前に釣り座札が有り希望の席をとります。落水事故防止にこの方が良いですよね。

船宿仕掛けは、何時も変わりません。ミサキの三本針。(がまかつの細軸の方が掛かりが良いような気がするけど・・・)

01_2

私と5時出船とのことで4時まえに到着。右トモに確保しました。女将に話を聞くと、いつもは20名くらい、今日は9名と最近してはかなり空いているようです。かき入れ時なのに少なくて残念ですねというと、ここ1ヶ月以上休みなしだったので少ない方が良かったとのこと。明日も出られるがいいかげん疲れたので休みにするそうです。台風の時期は月の半分も出られないなんて日もあるのに出られるときは連続操業。なかなか大変な仕事です。

02

5時出船。風無く、良い凪、気持ちいいです。

03

N方さんはコレで凪なんだ~。とビビリ気味ですが何とか耐えてます。

04

40分ほどで釣り場到着。最初はN方さんの面倒見て、それから自分のタックルに取りかかりました。早速N方さんが良い引きで25cmくらいのマダイを上げました。良かった良かった。(その後は2回マーライオン、しばらく休んで釣りしてのくり返し)

05

餌はスムシを使います。尾っぽを切って針を刺し腹側から抜きます。エビが真っ直ぐになるように。

06

べた底で狙います。揺れでちょっと弛むくらいの張りが良いよとのアナウンス。一方自分の方はと言うとイマイチ型が出ません。それでも20cm以上のガガッというタイの良い引きを堪能できました。今までのハナダイとはちょっと違う印象です。数釣れても型が小さいと飽きてきますもんね。

型良いタイは合わせを入れないとバラシが多いです。ダダダッと来て巻き上げ途中でフッといなくなると(゜◇゜)ガーン。中おもりも試しましたが、かえってあたりが分かりづらくなってしまいました。おもりが底を引きずるのと魚のあたりの区別がつきにくいように思いました。

N方さんに強烈な引き、すげー重いというのでゆっくり上げてもらうとイナダダブル。ハナダイでイナダ掛かってくるんだ~。初めて。

と思ったら自分にも。1点掛けでしたがハナダイタックルには良い重量感でした。

朝イチが良かったみたい。その後はパットせず。10時頃またぶり返しチャンスタイム。

良い凪だし、ハナダイ面白いわー。

09

11時半終了。船宿でカレーうどんを頂きました。

11

N方さんも面白かったと言ってくれたので良い釣りでした。私の釣果。

14

良型が多かったです。最大は28cm。

15

イナダは聡丸レシピのユッケにしました。辛口が好きですね。

13

次回は小峯丸のキスです。結構釣れているようですが、行く頃には谷間だろうね(^_^;)。

| | コメント (2)

2014/04/13(日) たまには良いことあるもんだ(^_^)v江見のアカムツ

江見・渡辺丸 アカムツ3 サバ10くらい アジ4 カサゴ2

久しぶりに週末は天気良く、予定もなしということは沖釣りですね~。タクちゃんを誘うと速攻行くとの返信。最初は波崎の浅場メバルにしようかと思っていたら、烏賊太郎さんから渡辺丸アカムツのお誘いあり。タクちゃんに連絡してアカムツにすることにしました。まあ、最初にフラッシャーサビキでアジサバのおみやげ確保して、その後は・・・一発勝負神のみぞ知るという感じでしょう。久々の外房なので渡辺丸でのんびり行きましょう。

交通費 往復 松ヶ丘IC~姉崎袖ヶ浦IC ETC割引450円×2 鴨川有料道路210円×2 走行距離往復190km 

乗船料 10,000円 氷付き Fサビキ付き  餌別 ホタルイカ1000円

タックル リーディングXネモノ205H 電動丸3000BM PE5号400m Fサビキ 仕掛け船宿サビキ おもり200号 アカムツ 胴付き2本針 自作仕掛け ホタ針16号 ピンク蛍光玉3号 おもり200号

タクちゃんには日曜といっていたはずなのですが、ナント土曜の2時にTELが!「ウース、着いたよ」、前日飲み会でかなり酔っ払って寝ていた私「タクちゃん日曜だよ、釣りは・・・」というハプニングが!タクちゃんと釣りに行き始めてもう10年近くになりますが初めてですね。こんなこともあるんですね。

日曜2時出発 烏賊太郎さん宅によって4時に到着。

5時出船。今日は我々3人のようです。3号船は小さめの船ですが3人なら充分広い~。休日なのに空いてて天気良く、波も穏やか~。良い釣り日和です。」

01

06

最初は、アジサバでお土産確保andアカムツ用のサバ短確保。Fサビキ仕掛けが付いています。

03

水深150mくらい。最初は底で当たっていたのですが、その後はイマイチ。タクちゃんから浮いてるよ~。探ると100~130mであたりが多かったです。広く探るのが大事ですね。

次は本命のアカムツ、ホタルイカとサバの切り身を付けてさあ運試しです。

07

水深230m。最初のあたりは、私。サメの引きと区別が付きにくいと聞いていたので、まあサメでしょと雑に巻いていたら、水面近くでなんか赤いぞ。

オー。アカムツ!35cmまずまずの型です。上の針に掛かってきました。

09

しばらくして烏賊太郎さんもゲット。次はタクちゃん。これでみんな坊主脱出。坊主覚悟の釣りとはいえ、釣れていないのと釣れているのでは天と地の差がありますね~。今日は良い日だ~。

10

50cmくらいのサメもまたちょくちょく掛かります。コレは!と思う引きでもサメ。目が緑のサメは背びれのトゲに毒があるようでして、船に入れないようにハリスを切ります。それより目が緑なんてコワー、エイリアンみたい。

2匹目のアカムツは置き竿、撚れた仕掛けの金具を回収するためにハリスをはさみで切っていたら横で竿先がグングンと叩かれたのが目に入り、竿をあおるとぐうんと重いのでサメか~と早めに巻いたら水面近くで赤いシルエット!40cm良型です。

11

今日は誘わない方が良いのかな~。

12

3匹目は竿をあおって着底して竿かけに掛けようかなと思っていたらひったくるようなあたり、巻き上げるとまたしても赤いシルエット!。結構良い型だなと思ったのに計ると35cm、このアカムツはお口に○○虫がいませんでした。やっぱいるのといないのでは体高に差が出るのしょうか。

11:30終了。最後の方は波が出てきましたが、良い釣り日和で釣果も良くたまには良い日もあるもんですね。アカムツ1匹とアジを実家に送りたまには親孝行。恩着せがましく超高級魚だと念を押しておきました。

14

夜はアカムツの炙り。最高。この上品な脂がたまりません。

15

翌日は烏賊太郎さんお勧め塩焼き。ふんわり脂しっとりの食感最高です。

16

良型のシメサバもまた美味しかった。手前味噌だけど中深場で釣れる良型サバのシメサバはかなり旨いです。庶民派のサバと超高級魚のアカムツ、比べられません。どっちも旨いです。

やっぱ中深場は美味しい魚が釣れて最高です(^_^)v。

| | コメント (8)

« 2014年3月 | トップページ | 2014年5月 »