« 2014年8月 | トップページ | 2014年12月 »

2014年11月

2014/11/24(月) タチウオ仕掛け

3連休はどっか釣りに行こうかと思いましたが29日にタチウオ行こうと誘われているので、お休みしました。

東京湾のタチウオは過去2回チャレンジしましたがいずれも貧果。次もまあ期待できませんが、仕掛けはS倉推薦の細糸シンプルバージョンにしました。通常はハリス6号くらいですが細フロロで繊細なアタリを拾おうというのが目的です。私はこの手の釣りは苦手です(^_^;)。

タチウオフック 2/0 フロロ3号 2.2~2.5m(1.7では間違い、短いそうです) チドリ天秤306C(弓形より直線型の天秤が良いらしいが実際の釣りにおいて私が違いは分かるかは疑問)。 ゴム管とかタコベイトとか蛍光玉のたぐいは付けないです。

サバの切り身エサは身側から3回通し。背の黒い側から刺し、白い方がヒラヒラする感じ。白い方しか食わないそうなので黒い方から刺せばハリスが切られるのが多少防げるかも。→コレも間違い 針掛けを良くするために白い方から刺すそうです

01

タチウオフックは管付きなのですが、管に結ぶとテコで外れる可能性ありと仕掛け本にあったので軸に結びます。→実際船では軸になんか結ぶヒマは無いのでカンに直結びです。

02

それから竿はガイドの汚れを掃除して、ブランクにはシリコンスプレーを吹いておきます。PE先糸にフロロをFGノットで結ぶのと併せて、竿への糸絡み予防に有効です。

03

タチウオ釣れるかな~。

| | コメント (2)

2014/11/09(日) 初挑戦 白浜沖のキンメアコウ

乙浜・安房丸 クロムツ5 キンメ6 ユメカサゴ1 

烏賊太郎さんからお誘い頂き安房丸のキンメアコウにです。深場初挑戦と言うことでタックルは烏賊太郎さんからお借りしての挑戦です。深場タックルは高いのでおいそれとは手が出ません。ありがとうございます。

交通費 館山道経由乙浜 走行距離往復200km 

乗船料 15,000円 イカ短、氷付き   

タックル ディープクルーザー300W  ミヤマエ コマンド4 PE8号800m おもり300号 撚り取りリング 半自作10本針仕掛け ムツ18号 アコウは中おもり40号 エサはイカ短冊 5月にに準備した冷凍イカ 幅1cm長さ12cm(スルメイカは千城台の石毛魚類で購入)仕掛け巻き枠は6セット準備。家で5セットにイカ短セットしておいた。

2時半出発 5:30集合 6:00出船です。4時半到着。やっぱり小さい船だなー

01

安房丸のオヤジが起床したようです。

02

ちょっとお茶頂いて雑談。このときは昨日夜クロムツやったせいで睡眠不足なのか機嫌あんまり良くなかったようだなあ。深場は釣りとしては面白くない!とか、いかたろうさんがキンメのでかいの釣りたいなと言ったら、キンメのでかいのはいねっ!と断言してた。親潮の流れが変わってココ4,5年で釣れなくなったようです。

6時出船。烏賊太郎さんにリールの使い方を教えてもらいました。慣れたら簡単だそうです。

03

慣れている烏賊太郎さんがミヨシで、初心者の私がトモです。2人だから仕掛け投入のプレッシャーが無くて良かった。

04

港から30分で開始。最初は深さ300mでキンメ、クロムツのお土産釣りです。さあ自分で巻いた仕掛けが絡まらずに落ちるかな~。ちょっとドキドキ。

05

心配無用でした。マグネット板投入より安全で確実でしょう。錘は底から0.5m巻き上げます。着底と同時にブルブルとアタリ!

そろそろ上げようかという船長の合図で巻き上げ開始。クロムツ1、キンメ小5が釣れました。幸先良いね!

06

次はクロムツ4が釣れました。お土産釣りは2流しで終了。

さらに10分ほどのアコウ場に移動です。水深400~480mの溝になっているところが狙いだそうです。

着底の判断が俄然難しくなりました。波の上下でないときにラインがフワッとなったときが着底です。見逃すともう分からなくなります。着底後は錘がその場から移動しないように少しずつラインを送ります。潮回り中、仕掛け落とし中に前に使った仕掛けを巻き枠に巻きます。結構忙しい~。

08

うーん。。。アタリ無し。1流しだけキンメとユメカサゴが釣れましたがその後音沙汰無し。

烏賊太郎さんが本日最初で最後のアコウを釣りました。アタリは着底同時だったそうです。私は初めて見ました。真っ赤なんですね。

09

12時までで8流し以上はやったんじゃないでしょうか。私の竿にはアタリ無く終了となりました。次は是非釣りたいなあ。

検量2.3kgでした。

10

私の釣果。クロムツはまあまあ良型35cm。

11

キンメは小さめだが久々に釣れたので良かった。

12

深場は敷居が高いけど、美味しいのでまた是非やってみたいですね。

今日の釣り場はこんなところ

Screenshot_20141115

| | コメント (4)

2014/11/04(火) 遅かったか波崎のアカムツ

波崎・信栄丸 アカムツ1 オキメバル1 アジ1 ユメカサゴ1 サバ2 (持ち帰らずサバ2 ドンコ1)

10月は職場の引っ越しで土日出勤していましたので平日に休みを頂き久々釣行を計画しました。ヒラメが調子良いみたいですが、まだまだチャンスがありますからココはもうそろそろ終盤のアカムツを釣っておきたいなあ。4:30集合 5:00出船です。

交通費 全て下道 八街45号で126号に出て飯岡~銚子~波崎。走行距離往復140km 

乗船料 12,500円 ホタルイカ、氷付き   

タックル リーディングXネライ240H 電動丸3000BM PE5号350m おもり150号 仕掛け  胴付き2本針 おもり150号 中おもり10号を道糸と仕掛けの接合部に付けた(手前まつり防止のため)、サバ短持ち込み

信栄丸は駐車場がリニューアルしたそうで舗装され、休憩場所が設置されました。久しぶりなので寝坊しないか、忘れ物がないかチョイドキドキでしたが、無事1:00ちょっと早めに出発、2時半過ぎに到着。船に場所取りに行くと左舷中間が空いていましたのでそこに釣り座を構えました。平日はマニアがいるのか前日入りが多いんでしょうね。

01

1時間ほどシュラフに入って仮眠。4時頃ザワザワしてきたので起床。休憩所で料金を払って準備開始です。受付では14人満員と言っていたのですが船で準備していると片舷5人の10人とのことでした。多少でも場所が広く取れてよかった。

02

5時前出船、1時間ほどして釣り開始です。風少々、うねり少々。水深102m。ケミ蛍使っている人もいますね。

03

05

私はいつもの2本針にピンクの夜光玉3号つけて開始です。エサは支給のホタルイカとサバ短セットで。ホタルイカはエサ保ちをよくするため壺抜きせずそのまま付けました。

09

1時間してもヒット無し。アタリはモゾモゾっと何度か有りましたが食い込まず。

ようやく1時間過ぎプルプルときて25cmくらいのアジ。程なくしてまたアジかと思ったらなんと本命アカムツ~。だけど、25cm~。

06

右隣の人も釣ったのは小さいアカムツでした。「前回来たときは15釣ったんだよ。釣れると時はサイズも良いんだが、今日はダメだね~」とのこと。

何度か移動を繰り返し水深150mまできました。ゴンときたのでこれは!と思いましたが途中引き無く、まずまずのオキメバルでした。

07

それ以降は良いところなく、12時終了。

08

今日の航程はこんな感じ。
Screenshot01

次は良いことあるかな~。

| | コメント (4)

« 2014年8月 | トップページ | 2014年12月 »