« 2016/07/10(日) 小峰丸キス釣り大会 | トップページ | 2016/08/19(金) 久しぶり中深場はやっぱ聡丸 »

2016/07/15(金) 撃沈、、、鹿島の夜イカ 

ムギイカ 5

去年に続いて鹿島の夜ムギイカが釣れている。ヨッシャー去年作った手釣りローラーデビューだぜ。金曜日半休取ってLets GO!

交通費 行き 東関東四街道~潮来 1600円 帰り 潮来~大栄 400円  往復130km 

乗船料 11,000円 氷付き 

タックル 手釣り 布巻スッテ2.5号直結6本 120号 水中ランプ(グリーン) 竿 Aグリップネライ210  リール フォースマスター1000H PE3号 錘80号 水中ランプ(グリーン)浮きスッテ7cmブランコ  

午前中からそわそわ、予報は波1m 風7m まあ、いけるでしょ。1時過ぎ出発、2時過ぎ到着、両ドモ取られていたので右舷ミヨシに取りました。

4時近くになると、どんどん車がきます、あれっ今日多いんだ。昨日TELしたときはまだ3人だったのに。最終的に片舷5人ずつの10名で出港です。

000220160715

風がちょっとあるけどだんだん収まる予報だから大丈夫でしょ、きっと。女将さんが昨日は300以上は釣れていたけど、釣果欄は控えめに250にしたと言うので期待が膨らみます(^^)/。

手釣りローラーセット完了。この後仲乗りさんに竹(網の目印?)に引っかかるかもしれないから外しておいた方がいいと言われ外しました。

000320160715

さあ出港、ちょっと波高くない?ザブーーン ケツ強打でイタタタ・・・

000420160715

いつもは30分の釣り場まで1時間かけてやっと到着、船縁にしがみついていましたよ。さあ準備と思ったらこみ上げてくるものが。。。

連続マーライオンで、胃の中のものがなくなってしまいました。何もないでマーライオンは腹筋がめちゃイテー。ちょっとテンションダウンですがやるよ~。

パラシュートアンカーが投げ込まれました。

000520160715

水深50m、底から誘います。おもりは100号ですが揺れでふけ上がってしまいます。仲乗りさんのアドバイスで120号に変更です。

しかしさっぱり掛からず、隣の竿のおじさんにはポツポツ単発で掛かっています。

000620160715

あまりに釣れないので仲乗りさんが指導にきます。それでも釣れず。風は止まず、時々ドーンと波間に落ちます。そもそも直結無理じゃねという感じ。

結局10時くらいまで粘りましたが全く釣れず、船長が竿でやればと。

あんまり意固地になってもねえ。竿にスイッチです。

浮きスッテのブランコで水深20mにじーっと止めておくと単発で掛かってきました。

こんなんじゃ手釣り直結にはこないよな~(私の引き出しにはこの状況に対する術はありません)。

30分残業してもらいましたが、5杯で終了。

惨敗です。うなだれて退散です。

000720160715

イヤー厳しかった。昨日までの好調がズドーンと変わってしまいました。

翌日までなんだか酔った感じで、しばらくもういいやと思いました。が、やっぱせっかくの手釣りローラーが悔しい。リベンジしないとね。

|

« 2016/07/10(日) 小峰丸キス釣り大会 | トップページ | 2016/08/19(金) 久しぶり中深場はやっぱ聡丸 »

コメント

お疲れ様でした。
当日は、スーパーマシーンの人はいなかったのでしょうか?
ぜひご一緒しましょう(^-^)

投稿: 烏賊太郎 | 2016年7月21日 (木) 09時50分

お疲れ様でした。
タイミング合わないと厳しいですね。
私も行きたいのですが、私が参戦する頃はスジイカやムラサキイカになってしまいそうです・・子供達が夏休みなので^^;


投稿: ヤン | 2016年7月21日 (木) 20時05分

烏賊太郎さん こんばんは
巻き取り器も付いているタイプの人が一人いました。どうだったかはよく分かりません。
あとは竿でやっている人が多かったですよ。ローラー持って行くとベテランのように見られるので恥ずかしいです(^_^;)。周りに2回目です!と言っておきました。

投稿: saya | 2016年7月22日 (金) 19時55分

ヤンさん こんばんは
もうちょっとして部活とかやり始めたら、オヤジの出番はありませんので今は子供優先がいいですよ。
しかし、いざ釣りやれる状況になると今度はお金の面で制限されます(-_-)。

投稿: saya | 2016年7月22日 (金) 19時59分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 2016/07/10(日) 小峰丸キス釣り大会 | トップページ | 2016/08/19(金) 久しぶり中深場はやっぱ聡丸 »