« 2016年7月 | トップページ | 2016年9月 »

2016年8月

2016/08/26(日) 外房 フラッシャーサビキ2

外房のクロムツ用フラッシャーサビキ その2
仕掛け作りも釣りの楽しみの一つという人向けです。過去にフラッシャーサビキの作り方をアップしましたが、最近スターファイバー(1本物で切って使うタイプ)が釣具屋に置いていないこともあり違った方法も試してみました。
前回8/19の釣りで試して実績有り、オリジナル(鴨川の船宿仕掛け)と同等に釣れると思います。

幹糸8号、枝糸6号、幹間120cm、枝糸30cm 7本針

0015f20160828

ヨーヅリのフラッシャー 60mm

0001f20160828

針は丸海津15号

0002f20160828

オーロラ糸 引っ張ると伸びてしまうので使い辛いわー

0003f20160828

幅8mmで切ります(1cmだと巻いたときに針の耳と同じくらいの太さになってしまうので)

0004f20160828

ラメシートを取り除いてオーロラ糸5本を写真の上側に貼り付ける。

0005f20160828

ひっくり返して両面テープのシートをはがして、裏側のオーロラ糸の直上に針の軸を置く。巻き付けるときにオーロラ糸が下層になるので取れにくいでしょう。

針の耳の下1mmくらい空けると、針結び器で巻いた時きれいに巻けます。

0007f20160828

針に巻き付けて、結び器にセットしてハリスを結びます。

0008f20160828

万力に挟んで引っ張る。

0009f20160828

枝糸は35cmで切って、端から5cmで折り曲げます。幹糸との接続は つり丸の仕掛け本 25ページに載っている簡単強力枝ス結びが、コブが小さくお勧めです。14項の強度アップの編み付けは不要でしょう。

結ぶのにビーズとか親子クレンは使ってはいけません。内房の夜クロムツでは有りですが、外房では確実に釣果が落ちます。枝糸が短いから見切られるのでしょうかね。

幹間120cm、黒マジックで印をつけて、輪を作って半ひねり。印をどの位置に持ってくるかは輪の大きさにもよるので、事前にここら辺と確認しておいた方が良いです。

0012f20160828_2

枝糸を万力に挟んで締め込みます。ここでは軽く締め込み、万力から外した後きっちり締め込むときれいに結べます。

0013f20160828

またオリジナルに付いている幹糸中間のヨリモドシは、船上で絡むことがあるので私は付けません。

おもり側は深海結び

0010f20160828

竿側はダブルクリンチノットで完成。

0014f20160828

以上です。たまに作ると忘れているので自分用の記事ですね(^_^;)。

| | コメント (2)

2016/08/19(金) 久しぶり中深場はやっぱ聡丸

太海・聡丸 クロムツ6 アジ8 オニカサゴ3 アヤメカサゴ(かな?)1

せっかくの長期連休、台風でだめかと思いましたが金曜はよさそう。暑いのを避けて9時に沖あがりの聡丸がいいかな。台風後ならクロムツ期待だし。というわけで久しぶり聡丸に決定。

交通費  行き 松ヶ丘IC~姉崎袖ヶ浦IC 580円  鴨川有料210円 帰り 鴨川有料210円 松ヶ丘IC~姉崎袖ヶ浦IC 750円 走行距離往復170km 

乗船料 10,000円 氷付き  

タックル フラッシャーサビキ リーディングXネモノ205H 電動丸3000BM PE5号400m おもり150号 仕掛けは最初クロムツ用

オニカサゴ 50cm天秤 2本針 サバは釣りたてを支給していただきました。加工は各自です。

スルメ 準備のみ使用せず アルファ夢人 直結150-150 フォースマスター1000 PE4号300m

今はサマータイムで3時集合です。12時起床、12時半頃出て2時過ぎに到着。久留里過ぎの道路工事は迂回路はなくなり、トンネル付近での信号待ち片側通行となりました。真夜中に交通整理の方はお疲れ様です。

2時半頃準備開始。

今日はラフな格好の人が多いですね。私はケツが濡れるのがイマイチなのでカッパの下と長靴着用です。外房の船って床は海水がジャンジャン流れているようなイメージなので。

000220160819

今日の釣り座は右舷胴間。船長と話も出来るしこの席、意外に落ち着くね。

予約は7人。片側4人で広々です。

000320160819

出船。風そよそよ、波穏やかでいい感じです。気持ちいい~。

最初は水深70m。けっこう浅い、一斉投入ではなく、準備出来た人から投入のためプレッシャーなしです。巻き上げは中速以上、サメがいるから早めにとの指示。サメは勘弁して~。

何度か、移動を繰り返し、アジと本命クロムツが釣れました。クロムツもアジも浮いているようです。底から15mくらい。船長の指示通りに探った方がいいですね。

前回、釣り小ネタ で紹介した◆リール巻きストップ位置マーカーは自分的にはヒット。手に感触がくるので落ち着いて仕掛けを上げることが出来ました。負荷を掛けた状態で止める位置を調整する必要がありますけどね。2.1mのネモノの場合、負荷なし+15cmくらいかな。

000520160819

日の出前の空は穏やかです。釣果もです。うーん、今日はイマイチか。

000720160819

前隣の方がきて「どうやったらクロムツ掛かりますか、周りはアジばっかりなのに、(私が)クロムツ釣れているから」と質問されました。まじかup

「たまたまじゃないですかcoldsweats01」と言いそうになりましたが、一応「棚は時間でも変わるから船長の指示通りで。誘ったらステイさせた方がいいですよ。止めたときにしか食ってこないんで。」とベテラン風の返事をしましたhappy02

後隣の人にも同じようなこと聞かれて、俺ってベテランに見えるのかなhappy02

だんだん水深が深くなってきて、160m、180m、220mまできました。後半は底の方でクロムツが掛かってきました。

000620160819

7時半頃、サビキ終了。次はオニカサゴです。スルメは不調のためナシのようです。

000820160819

聡船長からサバを支給してもらい加工します。血で汚れるため、やっぱ下だけでもカッパ着てた方がいいですね。オニは久しぶり、サバ短冊はこんな感じだったっけ?

001120160819

いつ作ったか忘れてしまった古い仕掛けでやってみます。

001020160819

水深100m。根掛かりがあるので底を取ったら0.5m浮かせます。起伏があるので頻繁に底取りします。たまにしばらくしてゴンゴン、良いあたり。久々のオニカサゴ35cmくらいありました。写真は聡船長から頂きました。どーもです。

8gatu19oni7

トゲははさみで切ってから仕舞いましょう(^^)/。

001320160819

こんな仕掛けも試してみました。サメやミズフグにやられたらすぐ戻すつもりでしたが小型のカサゴが掛かりましたのでハデハデ仕掛けも場合によっては有効ですね。

001520160819

9時沖あがり。いかにもレジャーにピッタリの海です。

001620160819

おおっそうだ、海関係のポケモンいないかな。もう飽きてきたけど。結局遭遇せず。

001720160819

今日の釣果。お刺身サイズは2匹か。

001920160819

アジはまあまあ。

002020160819

オニは最初のを除いて小型。サイズが良ければ最高なんだけど。

001820160819

中深場は仕掛けやさばき方とか工夫する余地があって楽しい。もっと釣れれば良いんだけどなあ。

| | コメント (4)

« 2016年7月 | トップページ | 2016年9月 »