« 2016年11月 | トップページ | 2017年1月 »

2016年12月

2016/12/17(土) 水温下がれば、鹿島の深場

鹿島 桜井丸 ドンコ2 クロシビカマス1 サバ多数

今季初の深場は鹿島のメヌケ。タラも釣れるそうでサンマも準備です。
あんまり釣れてなさそうだけど、烏賊太郎さん情報ではユルイ船宿ということでシーズン始めにはちょうど良いかもね。

今年はイカが不漁で高騰しています。
去年は業務スーパーのツボ抜きイカを使っていたのですが、今は置いていません。
しょうがないのでエサは冷凍のロールイカにしました。
 
タックル コブラスペシャル240H ミヤマエコマンドZ9 PE10号 
ヨリトリリング ケミホタル75mm赤 錘500号 自作仕掛け 幹30号 ハリス16号 針22号8本針 タコベイト2分割ピンク、青
乗船料 15,000円 氷付き 下船後昼食付き
交通費 割り勘2,000円

コブラスペシャルは親父の竿です。何でも青森のロッドビルダー小野さんという方に作ってもらったそうです。ちょっと軟らかそうだけど、これでやってみましょう。

2時出発、烏賊太郎さんに迎えに来て頂きました。同行者はぴーぴーさん、マサキさんと計4名ですが荷物が多いので2台に分かれていくことにしました。

0001kashima

鹿島新港に到着、トモは既に取られていました。

0002kashima

トモ側から4人分取りましたが直前になって1名到着、初心者の席を操舵室の近くにしたいから出来れば開けて欲しいと船長に頼まれぴーぴーさんがミヨシへ移動しました。
私は1人で来たような感じとなってしまいました。まーいいか。

0003kashima
出船後約1時間強で釣り場到着。外に出ると予報通り風が強いです。

0004kashima
第一投。水深260m。掛け枠を持って投入、、、あれっヤバdown、、ひっかかった~coldsweats02。どうも強く巻きすぎていたようです。
下の2本以外はだんごで海中へ。あちゃーやっちゃった。忘れている。

上げての合図で上げてくるとやっぱり上はだんご、下はドンコが付いていました。

0006kashima

仕掛けを替えて次投入。昨シーズンの釣りを思い出しながら以降はまずまずトラブル無く投入出来ました。

水深は260~300mで泥底です。この水深だからかな、竿は底取りが分かりやすかったです。しばらくはこの竿でやってみよう。

0005kashima

竿がプルプルと小刻みに反応しています。この感じはサバでしょう。サバはタチウオのエサ用にとっておくか。

ミヨシ側は釣れてますか~?

0008kashima

後半トモのおじさんに2kgくらいのタラが釣れましたが後はさっぱり。

0011kashima

ロールイカは今回初めて使いましたがエサ持ちが良くないです。
身が軟らかいので途中で切れたり、絡まったりしていました。なにかしら加工が必要なのかな。
また、青のタコベイトは実績ないそうです。

0012kashima

盛り上がりなくそのまま11:30終了となりました。

0007kashima

沖上がり後、昼食を頂きながら船長に話を聞きました。

・初心者がいる場合は浅くてもおまつり防止のため500号にしている。経験者のみの場合は350号にしているとのこと。

・タコベイトはピンク、赤、黄緑、黒が実績あり

・今シーズンは片貝海溝へもリクエストが多いので行くことにした。

・北茨城方面へのアブラボウズ釣りも考えている。胴付き2本バリで孫針付きのイカ一杯がけ。この場合は2枚。

・この日はまだ水温が20度。もっと下がればタラが釣れ始める。

私はまずは赤い魚を釣りたいなあ。次は年末タチウオかスルメが調子よければ中深場か。
風邪がぶり返して体がしんどい、体調管理も気をつけなければですね。

| | コメント (6)

2016/12/03(土) 釣具屋さん

あーあ11月は釣りに行かんかった。

深場釣りの準備のため浅草釣具に行きましょうかね。

ついでにポケGOも。。まずは上野で降りて不忍池まで

0011command_x8

まだまだやってる人が多いですな。池の周りを行ったり来たりして飽きたので博物館の方まで行きました。

0012command_x8

ようやく130種類そろいました。あと10数種類、もう疲れたのでポケGOは終了。

入谷の方まで歩いて15分くらい。

年末セール中で混んでました。でも店員さんは丁寧に対応してくれます。

深場だとマニアックなのか、近場の釣具屋だと聞いてもなかなか期待通りの答えが得られんのですよ。ここなら期待以上。電車賃使ってもセール期間中くらいは来たいです。

0013command_x8

17日は釣れるかな~。

| | コメント (4)

« 2016年11月 | トップページ | 2017年1月 »