カテゴリー「釣り フグ」の記事

2012/11/25(日) 沖釣りフェスタ大原フグ

大原・第一松栄丸 ショウサイフグ32

大原のフグ、10月の解禁以来好調が続いております。マラソン大会も終わったしそろそろ釣り!あまり良い思い出のない大原のフグ、今度こそと行くことにしました。

交通費 走行距離往復130km 

乗船料 8,500円 氷付き アオヤギ500円/1パック

タックル 極鋭センサー165 バイオクラフト301XH PE1.5号 先糸フロロ6号1m カットウおもり25号蛍光グリーン、30号黒、25号オレンジ、カットウ針 13cm 22cm 2段 10号ナイロン+1mmパイプ補強 または フロロ14号

予備タックル スーパーライト・フグカットウ180 SCクイックファイヤー小船301XH PE2号 

今回はカーズーさんと一緒です。次回の相模湾のカツオに誘って欲しいと連絡を受けていたのですがボツになってしまったのでカットウフグにお誘いしました。

2時出発。全部下道を通って3時半に現地到着。今回は沖釣りフェスタ、はじめて参加するのですが、3000円の地域振興券が参加賞でもらえます。次回の釣行にも使えるそうなのでお得ですね。釣っている時間は通常よりちょっと短く6時から11時です。

01

受付は各船で、釣り座はくじ引き(各船で異なるようです)と聞いていたのですが、名前を言ったら12,13と指定されました。左舷トモでなんだか得した気分。

早速準備を始めます。カーズーさん、竿頭目指すそうですcoldsweats02。私は竿頭の半分かな~弱気coldsweats01

02

準備も一段落して開会式とかする気配ないよね~とか話していたら、船長から市長の挨拶があるから行ってみてと言われました。

市長さん朝っぱらからお疲れ様です。

04

盛り上がっているのか、いないのか微妙な空気・・・。

07

5時半出港~。船が何隻も連なって壮観ですね~。

08

出港して6時チョイ過ぎ。スタートフィッシング。既にあたりは明るくなっています。最初は蛍光グリーンのおもり。ライトをおもりにかざして蓄光させてからドボン。水深16m、着底後30cmほど巻き上げあたりを待ちます、早速ククッと来たので即あわせsign01

ポンポンと3匹ほどたまりました。ピンポンイメージ(失礼!)の大原にしては良型サイズです。

09

よっしゃー今日も入れ食いか~と思ったのもつかの間。あたり遠のき移動~。

そういえば今日はこんなアイテムを準備しました。えさ箱と錘いれを船縁に並べれば手返しUP!

03

で結局どうしたかというと、邪魔なので外した!やっぱシンプルが一番ですね~。

13_2

で移動して釣れ始めたかというとそうでもなく、我慢の釣り~bearing

うねりが結構あり水深16mで浅いですが、黒30号にチェンジ。

途中船長から左舷で一番釣れてそうだなと言われ、気合いが入るが・・あたり遠く・・

11

しばらくして群れを発見した船から連絡あり急速移動。

各船集結~。

12

入れ食いモード突入かと思ったら、あっさり終了。

移動、投入、移動、投入のくり返しで今日は厳しいと実感。

14

10時半 根に移動するよとアナウンス。

こちらは水深8m。仕掛はオレンジ25号にチェンジ、仕掛けを50cm浮かせてあたりを待ちます。

2匹を追加して11時終了。

空あわせも積極的にしましたが掛かったのは2~3回、他はククッと極小さな当たりで掛けました。

前半は口の周りに掛かっていたことが多かったのですが

後半は尾っぽ近くに掛かっていました。集中力が明らかに低下しています。

今後は集中力の持続がポイントですね。

15

帰港後、フグは捌いてくれます。

17

待っている間、会場で海産物とか釣り道具とかいろいろ出店されていたので一通り見て・・ボーッとしてました。

32匹ですが、ピンポンクラスは2~3、他はまあまあサイズだったので満足釣行ですgood

時合いモードがもうちょっとあれば楽しかったんだけどね~。

19

カーズーさんは、初めてながら私と数が同じ、センスありますね~(私がないだけかcoldsweats01)。

次回またよろしくです。

| | コメント (0)

2011/10/01(土) デカフグで手首が痛い~(^o^)

  鹿島・大春丸 ショウサイフグ86 イナダ2 カレイ2 サバ1

鹿島のフグが好調。1年ぶりにフグ釣りに行くことにしました。10月1日より大原もフグ解禁ですが、釣れるかどうかわからないので鹿島にしました。

交通費 行き 四街道IC~潮来800円 帰り 潮来~佐倉IC900円 走行距離往復130km 

乗船料 10,000円 アオヤギ1パック、氷付き アオヤギ500円/1パック

タックル スーパーライト・フグカットウ180 SCクイックファイヤー小船301XH PE2号 先糸フロロ7号 カットウおもり30号赤、カットウ針 13cm 22cm 2段 10号ナイロン+1mmパイプ補強およびフロロ14号

スーパーライト・フグカットウは今回初めてです。楽しみ~。その他極鋭センサーも準備しました(結局使わず)

3:00出発、コンビニよって4:00着。震災後初めての鹿島はガラーンとしています。潮来をおりてから途中の道も歪み、ウネリ、通行止めのところがあり、まだ爪痕が残っている印象を受けました。ぴーぴーさんが行った5月よりはだいぶ道は修復されているようですが。

今日は土曜だというのに3名とは。私的には空いていてウレシイですが、船宿にしてみれば厳しい状況ですね。ミヨシはあいていましたので右舷にしました。

Gyokou

5時過ぎ出船。風とうねりで飛沫が強く、外にいれられません。ミヨシ側の天井付きの囲いに避難です。1時間くらい走って周囲が明るくなった頃釣り開始。水深30m、結構深いです。

Syukkou

ククッと当たりがあったので即あわせ、ズンと手応え、たまりませんな~happy02

入れ食いという感じではありませんが、良い感じです。最初は25号のおもりを使いましたが、流されて底がとりづらいので30号に変更。これでもサミングしながらゆっくり落とさないと結構流されます。ラインが斜めに流れた状態で落とすとカットウ針の掛かりが悪いように思うのでなるべくゆっくり落としてラインが立つようにしました。

いったん底をとって0.5m浮かせ、ククッと来たら即あわせで掛かりました。ホントに小さなククッで、グンとくるときはもう遅いように思います。空あわせはイマイチでした。

鹿島のフグはサイズよく、引きが強いです(^o^)。今まで飯岡とか大原で体験したことのない重量です。おもりと針を接続するスナップが伸されて外れてしまいました。ヤワな仕掛けでは伸されてしまいます。

最初はあまり釣れなかったのですが、だんだん尻上がりに掛かりが良くなってきました。

仲乗りさんはバスロットのような7:3のロッドを使っています。釣り方はじっと竿を固定しているのではなく、常にフワッ、フワッと小刻みに竿を動かして当たりがあったらスッと動かす幅を大きくしています。私もやってみるとあわせがとりやすい。なるほど~、じっと竿を固定しているとあわせのタイミングが遅くなり、またあわせが大きすぎてフグがびっくりして散ってしまうのではないでしょうか。

凄い重量の引き、ショウサイフグの親分かと思ったらイナダです。カットウでイナダつったの初めて~。重かった~。

後半は入れ掛かりになってきました。水深が30mあるので手巻きだとつらいです。手首が痛くなってきましたhappy02。えさをとられないようにするのも手返しUPですが、これはなかなか難しい。当たりがあって2回掛け損なうと確実にアオヤギは全くなくなっていますが、えさが残っているときとなくなっているときで差がわかりません。えさがとられるのはやっぱり腕のせい?と仲乗りさんに聞くと「そんなのとられるよ、しかたねーよ」とあっさりです。

11時過ぎ仲乗りさんが皮をむいてくれました。この段階で67匹、終了まで19匹を追加して86匹で大満足です。えさは3パック半使いました。

1030

12:00終了。右舷トモのおじさんはなんと100匹、どっこいの勝負かと思っていたのですが残念負けました。左舷トモのおじさんは48匹だそうです。こんなに釣っても仲乗りさんはチャッチャと処理します。

Syori

沖上がり後は船宿でラーメン食べながら雑談。やっぱり震災時の港の話になります。亡くなった人がいなかったのが幸いとは言え、すっかり様相が変わった港は自然の猛威を感じさせます。

Gyokyou1

Gyokou2

釣果 大満足happy02です。

Migaki

Sakana

<まとめ 鹿島のフグ> あくまでも個人的な意見です。

・タックルはしっかりしたものを準備。PE2号、おもり30号。リールは1回あたりの巻き上げ長さが長い方が良い。手首が疲れるので右巻き、左巻き両方あるといいかも。

・カットウ針とおもりの接続のスナップは小さいと伸される。左がNG。右は大丈夫だったが、左は針2本で一つ、右はそれぞれの針ごとに使っていたので、はっきりとした差は不明。もう少し大きい方がGOODということでしょう。

Snap

・カットウ針は、4本針は仕掛けに絡み、細軸は折れてだめ、太軸3本18号が良い。

4

・竿はちょい長め1.8mが使いやすい。波があることが多いので一般的な1.5mのカットウ竿は使いにくい。鹿島ではいわゆるカットウ竿を使っている人は半分くらい、あとは7:3くらいの万能竿を使っている。専用竿にこだわらなくても良いのでしょう。

今回のスーパーライトフグカットウは穂先が白地でガイドに赤の糸が巻いてあり視認性が良かった。値段も手頃でおすすめです。

Tackle

・針とおもりの接続はナイロン10号+1mmパイプで補強、フロロ14号の2つを準備したのですがフロロ14号の方がフグに2個とも針が掛かることが多かった。ダイワのカットウ仕掛けセットのまねです。作るのも簡単だし今後はこれですね。

Photo

・釣り方はじっと待つのではなく、フワッフワッと小さく竿を動かしている方がアタリがとりやすい。

以上、良い釣りでした。

そういえばせっかく作ったフグ用ネットを持って行くのを忘れました。リスト作っておかないとダメですね。船の移動のときにフグが飛び出してきて気付きましたbearing

翌日 料理編

釣ったフグは、全部腹回りの黒い皮や血合いを取りました。仙台の実家に30、地元の友人に20、会社の友人に10、カミさんの実家に7で、残りをうちで頂きました。

大名切りして

Daimyou

白い皮は軍手をはめて取ると早いです。刺身で食べるときだけ食感が気になるのでとります。鍋や唐揚げの時(火を入れるとき)は取らなくてOKです。

Kawa

今回は刺身と鍋にしました。フグ刺しはこんな感じで(ちょっと気合い入れました)。

Fugusashi

鍋はしゃぶしゃぶより棒身の方が食べ応えありオイシー。ポン酢と紅葉おろしで。

Nabe

フグはやっぱ旨い!以上おわり!

| | コメント (4)

2010/10/02(土) 奈落の底へ 鹿島のフグ

鹿島・幸栄丸 ショウサイフグ2

デカフグを釣りたい。前回の釣行(飯岡)ではリミット達成したものの、サイズが小振りでしびれる重量感はなかったのででかいのを釣りたいと思い鹿島に行くことにしました。

しかし、鹿島って船代高いですね。全部一万円以上、飯岡なら8.4千円なのにgawk。フグに一万出す気にならなかったので、つりなびの割引券を使うことにしました。使える船は限られているので幸栄丸にしました。

交通費 行き 四街道IC~潮来800円 帰り 潮来~佐倉IC800円 走行距離往復130km 

乗船料 10,000円 氷付き(つりなび使用で計7,900円) アオヤギ1パック使用。500円/1パック

タックル 極鋭センサー165 SCクイックファイヤー小船301XH PE2号 カットウおもり30号 赤、黒、カットウ針 13cm 22cm二段パイプ補強

2:45出発、コンビニよって3:50着。今日はフグのほか、ハナダイ、ルアー、仕立ての4隻です。いつもながら盛況ですな~。すでに大分席は埋まっており、私は右舷の中間に構えました。今日の仕掛けはまず赤で。今まで鹿島ではほとんどの人が赤のおもりを使っていましたが辺りを見回すと蛍光グリーンが多いかも。

Sikake1

5時出船。飛沫がすごくてキャビンへ退散です。

1時間ほど走って釣り開始。水深25~30m。巻き上げが早いリールが楽だと思います。1投目全然あたりなし。えさをかじられた形跡もなし。まあ、食いが立つ時間がいずれ来るでしょう。

Sea1

先日作ったフグ逃亡防止用の網はこんな感じですが、入れるフグがいませんdespair

Net1

8時をすぎても全くあたりなし。暇だから持ってきたおにぎり、お菓子全部食べちゃった。bananariceball

9時半船長は大移動を決意。30分以上走るから、キャビンへ入って~とアナウンス。フルスロットルで飛ばします。ぐっすり寝ましたsleepy

心機一転、仕掛けを黒30号に交換です。水深があるから30号の方が良いでしょう。

10時頃ククッと竿先に反応あり即アワセするとガツンsign03と重量感、脳天に痺れました。

35cm以上の良型ですhappy02

Big1

しかしその後は1匹追加のみで終了。前回のリミット越えから奈落の底へ真っ逆さま・・デカフグ釣れたのでまあよしとするか・・・・crying

Result1

カウンター付きのリールのおかげで根掛かりは回避できました。船長が正確に水深をアナウンスしてくれるのが前提ですが。

Reel1

晩ご飯は刺身とみそ汁(もらった身欠きで)、でかいフグは食べ応えがあっておいしかったhappy02

次回は久しぶりに中深場でもいってみようかな~。

| | コメント (4)

2010/09/03(金) 祝! やったねリミット飯岡フグ

飯岡・清勝丸  ショウサイフグ85 ハナダイ5

飯岡のフグが釣れている。サイズは小さいけど、ロングランでこんなに釣れているのは記憶にありません。今回は休暇を取って釣行です。

交通費 行き 県道45号線 帰り 広域農道 走行距離往復120km 

乗船料 8,400円 氷付き アオヤギ3パック使用。500円/1パック

タックル 海人フグ160 バイオクラフト301XH PE1.5号 極鋭センサー160 カルカッタ101XT PE1号 カットウおもり25号 赤、黒、カットウ針 13cm 22cm二段パイプ補強

2:45出発、4時に到着しました。ピラメ船の方は盛況ですが、フグはなんと2人。ヒラメも釣れているようですが、ずいぶんと差がありますね~。

Photo

5時出船。夏は右舷が日陰になるので右舷トモに釣り座を構えました。移動中、仲乗りさんに話を聞くと、おもりは赤色、えさはアルゼンチンアカエビが良いが高くて使えないそうです。

1_2

常連さん、仲乗りさん、私と3人右舷に並んでスタートです。水深は15m、砂地のため根掛かりはありません。

最初は海人フグでやりました。ククッと竿先にアタリあり、あわせるとズンと手応えありニンマリです。しかしその後はポツポツ。入れ食いという感じではありません。それでも7時過ぎには結構たまりました。

715

5秒に1回くらい空あわせを入れます。ビシッとやるよりふわっとやる方が掛かりが良いようです。

チョコチョコ移動します。移動直後は結構釣れるので集中してやりました。空あわせでも釣れますが、アタリをとっての方が楽しいので、凪ということもあり感度優先の極鋭にチェンジしました。

8時~10時くらいまでは入れ食いタイムでした。PE1号とかなり細めのラインを使ったこともありえさもあまりとられずに掛けることができました。

ところがやっぱりPE1号は細すぎたようです。巻き上げ時にブツッと切れてしまいました。ビミニツイストの根元でした。うーん最低でも1.5号は必要ですね。ダイワ快適カットウシンカーフラッシュオレンジ600円強したのにもったいないbearing

桶からフグが飛び出してしまうこと多々あり。桶の下に敷いてある滑り止めのカーペットを被せていましたが、次回は飛び出し防止網を持って行きましょう。

1

後半は、えさが取られるようになり、ハナダイが釣れました。どうやらえさ取りはハナダイのようです。何回か掛け損じるとアオヤギのベロまで持って行かれます。

11時15分仲乗りさんが「どれ、皮むくか」と数え始めました。「82だな」と上限達成です。

やりました。初リミットですhappy02

その後3匹追加して11時半早上がりで終了。常連さんは70匹とのことでした。前回に続き良い釣りができました。

Photo_2

皮むいちゃうとこんなもんです。

2

サイズは小さめ20cm前後(ピンポン玉サイズよりは大きい)ですが、掛けたときのズンという引きが楽しめました。やみつきになりそうcoldsweats01

フグは船宿で棒身にしてくれるので帰ってからが楽ですが、そのままでは危険部位が残っています。腹回りの黒い皮と肛門周りの赤い部分を取り除く必要があります。軍手をしてやるといいよと仲乗りさんが教えてくれました。軍手をつけると身の白い皮も結構とれるので良い感じです。

その日は刺身で、翌日は一夜干しと空揚げで頂きました。ごちそうさまでしたgood

| | コメント (4)

2009/10/13(火) 不甲斐ないフグ釣りでした(T_T)。

   利喜丸 ショウサイフグ16+4(船長にもらった分)

会社帰り電車で、大阪から出張できていたS松さんに会いました。全然釣り行ってないから行きたいナーなんて話になり、13日もこっちに来ているので会社休んで釣りに行こうということになりました。釣りものはそのとき釣れているもの。直前まで決めていませんでしたが、聡丸か利喜丸か。どうも聡丸は釣果イマイチ、鹿島は調子良さそうなのでフグにしましたhappy02

当日朝起きると、くもりのち晴れの予報なのに大雨・・。まあ晴れるでしょう。とS松さんを迎えに出発です。

交通費 走行距離往復130km 四街道IC~潮来IC行き800円、帰り1250円 水郷有料150円 

乗船料 10,000円 アオヤギ1パック 700円 氷・昼食付き 

タックル one竿 極鋭ゲーム165センサー リール バイオクラフト301XH PE1.5号 two海人カットウフグ150 リール キャスプロメタルライト PE1.5号 カットウおもり30号 先糸PE6号70cm(PEの方が感度良いかなと思い太めのPEにしましたが、効果はよく分かりませんでした。)

やっぱり平日は空いていて、鹿島の駐車場はほどほどに空いていました。利喜丸付近はしーんとしていてS松さんから「予約の日、間違ってないよなー(-_-)」とツッコミが入りましたが、5時頃若船長とおかみさんが乗った軽トラがきて良かった~(^_^;)。

今日は釣場速報の記者が乗るよとおかみさんが言われ、しばらくすると前ヤクルトの古田選手にかなりそっくりの記者がやってきました。今日はこの3人のようです。空いてて良かった~(^_^;)。ちなみに幸栄丸は今日も3隻出し。どんだけ人気あるんだ~。

出航前。期待むんむんです~。

Smatusan

Saya

記者さんもパチリ。

Kisya

30分くらい走って釣り開始。

今日の仕掛けも前回と同じ、30号の赤おもりです。

Takle

やっぱり1投目はあたりなし。あーあと思ったら、S松さんがこの日最大の34cmゲットーsign03写真は記者の方が・・私は撮り忘れ・・っていうか釣りに集中です。

予想通り朝方の方が食いよく、アタリ頻発でした。

しかし今回のフグには、やられました。カットウ針のハリスは7セット用意したのですが全部かじられ切られてしまいました。やっぱり4号ハリス+ビニルパイプでは歯が立たないようです(T_T)。ハリスがこんなに噛まれたのは初めてです。細軸カットウ針も全くダメ。のされて使い物になりません。

Sikakekireta

9時前後に食いが立って、入れ食いモードになりましたが、10時以降は全くヒットせず。

というものアオヤギは囓られるのですが、カットウ針に掛けることが出来ず。フグ釣りの難しさを思い知らせました。

12時終了。くやしーです。大物賞&ダブルがけ賞はS松さんがゲット・・

しかし、記者さんの釣果はさすがです。ほとんど取材で釣りしてないのに私のダブルスコア近く・・・。それも胴調子の竿でです( ̄○ ̄;)!。

比較するとエサの消費が自分の方が少ない。誘いがギクシャクしてエサを食べに来ていないか、アワセが強すぎて散らしてしまっているのか。次回は先調子7:3くらいの竿も持って行こうと思います。

S松さんから来週の釣場速報買って送れと指示されましたが、きっと私は蚊帳の外なので「ヤっです」と言っておきました(-_-メ)。

Mannzoku

まあでもフグ鍋で楽しめましたので、まあ良しとしましょうか(^_^;)。

Nabe

フグ釣りは難しい~でも、はまります。今度は記者さんより釣りたいナー。

| | コメント (8)

2009/10/04(日) ズシンと良型、鹿島フグ(^o^)

利喜丸 ショウサイフグ19

日曜日は天気良さそうなので釣りに行きたい~。クロムツとスルメの釣果が上向きな太海の聡丸かヒラメが解禁になった大原の冨久丸か、金曜日タクチャンと昼休みに相談して聡丸に傾いていたが大原、鹿島のフグも調子が良いので気になっていました。結局土曜の釣果を見て決めることにしました。

土曜日は鹿島の幸栄丸でなんとsign03(以下HP抜粋)

*フグ船・・・・今年1番の釣果がでました

   フグ・・・30~97尾 (18~36cm)
   その他カレイなど・・・

最低でも30ならコレはかなり期待出来そうhappy02。早速利喜丸にTELしました。

交通費 走行距離往復130km 四街道IC~潮来IC行き800円、帰り900円 水郷有料150円 

乗船料 10,000円 アオヤギ1パック 700円と500円の2種類 氷・昼食付き 

タックル one竿 極鋭ゲーム165センサー リール バイオクラフト301XH PE1.5号 two海人カットウフグ150 リール キャスプロメタルライト PE1.5号 カットウおもり25~30号 先糸フロロ7号70cm

今日のタックルoneは感度優先、twoはオーソドックスなスタイルで空合わせも積極的にやろうかと。

3時15分頃四街道を出発、途中釣具屋で甘エビ(375円)を購入。4時半前に到着ですが、既に港は大にぎわいでうかつに進入すると立ち往生しそうなので、外へ出て道沿い奥の防波堤付近に停めました。隣で準備していたおじさんも今日はフグとのこと。ショウサイフグは20cmくらいが旨いんだけど、釣り味は鹿島サイズだよね~。と言っていました。食べ比べしたことがないので分かりませんが、旨いことには変わりないでしょうhappy01

クーラーBOXを置きに船まで行くとトモは先客ありでしたが、他はガランとしていました。電気も点いておらずしーんとしてます。左舷後方に席を取って、幸栄丸へ偵察に行きました。こっちは明るくて活気がありますね~。スゴイ!ルアー船1隻を除いて4隻がフグ船です。舳先まで満員です。こっちで良かったー。

Photo_2

5時半出船。右舷ががら空きなので右舷に移り、方舷5人の計10名です。50分ほど走りました。ポイントには船が集結しています。

Photo_4 

ハイ、イイようの合図で仕掛けを投入です。最初は25号、鹿島定番の赤色の錘でアオヤギのみ付けました。

が、・・・あたりなし。移動です。まさかの貧果?そんな・・不安がよぎりましたがまだまだ始まったばかり気楽に竿先に集中しましょうhappy02

トモのおじさんが釣れたので、私もとじっと竿先に集中するとククッと来たのでビシッと合わせ、ようやくゲット。まあまあの型です。ぽつんぽつんと釣れ始めました。そのうちガツンと合わせるとズシンと来ました。オー手首に来るねーとごりごり巻くと30cm弱の良型です。空合わせでは全く掛からず、すべてアタリを取ってのアワセです。

Photo_5

ぽつんぽつんのアタリなので甘エビ丸ごと刺してやってみました。仲乗りさんも食いが悪いときはエビがイイよといっていました。しかし全くアタリが分からず、仕掛けを上げるとエビはありませんdown

01

3回くらいそんな状況なので、エビがシャクリで取れちゃうのかもと思いエビ頭を取って刺して次にアオヤギを刺してみました。錘は25号だとちょっと軽い感じがしたので30号に変えてみました。

Photo_6

コレが良かったのか分かりませんが、良型が多くなってきたようです。掛かったと思っても急に軽くなるときがあり、上に泳いでいるようです。全速で巻くとズンと来ますhappy02。今度は巻き上げでもグングン下に引っ張ります。フグ釣りで途中巻き上げに躊躇して竿でいなしたのは初めてでした~happy02

合わせても掛からないときはスッと元に戻すとまたアタリが出ます。ただし2回スカッだとエサはベロだけになっています。

昼近くになりアタリ遠のき11:40終了です。19匹でしたが、良型多く楽しめました。ヘ(^o^)/

ところでonetwoのタックルはどちらでも感度は変わりありません(と思います)。専用竿の方が針に掛けやすいかもしれません、1万円のフグ竿で充分かなー。

Photo

晩ご飯は刺身(遠目に見るときれいでしょ。自分で造りましたgood)、

Pa040364

空揚げにしました。

Photo_7

残りは一夜干しにしました。朝は一夜干しを焼いていただきました。こちらもナイスです。

Photo_8

久しぶりに満足の釣りでした。また行きたいナー次は鍋と雑炊にしようっと。

| | コメント (2)

2009/08/08(土) チョー撃沈!鹿島のフグ

鹿島・利喜丸  ショウサイフグ1 イシガレイ1 メゴチ1

ブログに良くコメント入れてくださる鮃命さんと初めての釣行となりました。釣りものはショウサイフグ!日立沖はポツポツ上がっているようですが、鹿島では今シーズンはどこもフグで出船したところはなくギャンブル釣行です。どうかな~。 

交通費 走行距離往復130km 四街道IC~潮来IC行き800円、帰り900円 水郷有料150円 

乗船料 10,000円 氷・アオヤギ1パック付き  

タックル フグ 竿 極鋭ゲーム165センサー リール バイオクラフト301XH ライン PE1.5号 先糸フロロ7号70cm 下から20cmに食わせ針 カットウ仕掛け25号 カレイ 竿 リーディングXA73Ⅱ リール ラシードR ライン PE2 号 片天秤15cm 錘40号 市販カレイ仕掛け   

5時集合のため3時10分四街道出発、ぴーぴーさんに迎えに来てもらいました。途中セブンイレブン、釣り具屋によってアオイソメ購入、4時半前に着きました。鹿島は近いですね。どこも寄らなかったら1時間かかりません。

がらーんと空いている鹿島港、やっぱり夏は夜スルメしか釣りものがないのでしょう。しばらくすると若船長がやってきました。今季初ということもあり過去データのポイントを探索しながらの釣りになるようです。

Hunayado

しばらくして鮃命さんのグループが登場です。計6人で大きい船(第八利喜丸)なんてそれだけでも良い気分ですね~happy01

さあ出船、釣れるかなー。

Syukkou

沖に出るとべた凪!湖のようです。

Nagi

今日、初参戦のバイオクラフト301XH。左巻きのベイトリールが欲しくてバイオクラフトタイプGを釣具屋に見に行ったのですが、バイオクラフト301XHの軽さ(170g)が気に入ってこっちに決定してしまいましたgood

クイックファイヤ機構についてもなんだか必要なさそうに思えて。ちょっと違いますがダイワのスマックを持っているタクチャンにスマック機構はどうか聞いたら「便利と思うのは片手でパン食べているときくらいだな~」。ということなのでクイック機構は自分には必要ないでしょう。

Biocraft 

今日の仕掛けは赤のカットウおもり。過去に来たときはみんな赤だったので、鹿島は赤が良いのかもしれません。カットウ針はスナップとφ1mmのビニルパイプ12cmと23cm、根掛かり時にカットウおもりをロストしたくないのでパイプの中はフロロ3号で結んでいます。

Kattou

約1時間北上して釣り開始、水深は30m前後。前の日の雨の影響か濁りが入っているようです。

うーん釣れませんねー。何度か移動を繰り返します。

鮃命さん。アパレル関係の営業をされているというだけあってヒゲがキマっていますねgood

Hiramesan

こちらはぴーぴーさん。 ビール片手にまったりです。

Mattari

方舷3名の贅沢釣りです。カレイ用は置き竿で狙います。

Hirobiro

ぴーぴーさんにもらったオキアミをカットウおもりの上の食わせ針に付けていたらそれに、ヒット!!船中2匹目のちびっ子フグです。

Fugu

これっきり~。一度だけアオヤギがつつかれベロしか残っていないときがありました。あたりがはっきり出ていたのでビシッと何度か合わせたのですが掛からず残念。

もうダメ なのでカレイ狙いにチェンジ。沖まで来ると海の色が変わってきました。

Oki2

太めのアオイソメをだらーんと付けてしばらくするとブルンブルンとあたりあり、小さめカレイゲット!

Karei

それらもあたりなく、船長の「なんだかもうこれ以上やってもムダな抵抗なのであと15分で終わりましょう。」とアナウンス。

そのままTHE END。チョー撃沈な結果に終わってしまいましたが、雰囲気良く楽しい釣りでした。

沖上がり後はカップ麺とおにぎりで談笑かな。次は釣果も良いと最高ですね。

Okiagari

ホッキ貝と枝豆のお土産もらってしまいました。

Omiyage

かき揚げで頂きましたhappy02

Tennpura

枝豆も甘くておいしー。

Edamame

次の釣りものはなんですかねー。今年の太海は私が行くときはイマイチだしなーthink

波崎のアカムツ、洲崎のマダイ、全部博打釣行ですね~。

| | コメント (4)

2008/12/21(日) 微妙~な釣果(^_^;)大原のフグ

大原・鈴栄丸 ショウサイフグ22(うちピンポン球クラスは半分くらい) アイナメ1 ハナダイ1

週末は忘年会のため釣りに行く計画はなかったのですが、土曜日の釣果はまあまあ、日曜も天気はまあまあなので、ヨッシャーやったるでと1人で大原フグに行くことにしました。(後から風が強くなる予報だったらしい・・知らんかった)

交通費 ガス代のみ 往復130km

乗船料 9,500円 アオヤギ2パック付き

タックル 極鋭ゲーム 165センサー リール キャスプロメタルライト PE1号 カットウおもり25号 予備タックル 海人カットウフグ150 リール ラシード PE2号 予備スピニングタックル 入舟10-185 リールエンブレム2500M PE1号

Pc2005251_2  

予約したときは10人くらいといっていましたが、結局23人となりちょっと混雑です。4時半までに集合のため四街道を1時30分に出て3時に着きましたが番号札はトモ側は既になく、左舷ミヨシの札に一瞬手を掛けましたが、前回と同じではつまらないので右舷胴間にしました。

受付後準備をしていると私の隣からトモ側は鈴友会(常連さんのグループ)の方々らしいです。ベテランの釣り方を参考にしたいですね。

4時50分出船、港から出て15分くらい。まだ真っ暗なので蛍光グリーンのカットウおもり25号をセレクト、照明に当てて蓄光します。

船長の合図で投入、水深は20mくらいでしょう。空合わせを入れながら、竿先に集中すると早速あたり、25cmくらいの良型がぽんぽん続きさい先の良いスタート。

空あわせも入れますが、ククッと前あたりが分かるのでビシッとあわせて掛かると最高です。極鋭センサー&PE1号ならではの感度でしょうか。明るくなるまでにショウサイフグ9、ハナダイ1を上げ船長から「10匹釣った?」と聞かれるくらいだったので、船中でも良い方でしょう(^_^)b。

Fugu01

明るくなってきて蛍光グリーンおもりの効果がなくなったのか、釣れなくなりましたdown。周りを見回すと赤系が釣れていそう・・、ダイワの快適カットウシンカーフラッシュオレンジにしました。(ダイワのHPレポートのようには釣れないと思いますけど・・)

Fugu02

その後あたり遠のき、浅場へ移動です。水深は10mもないくらい。移ってしばらくすると風が強く吹いてきました。

波が出てくると空あわせ釣りが有効というかあたりは全く分からなくなりました。予備の竿に変えれば良かったかなーと後から思いましたが極鋭で通しました。

サイズはピンポン球クラスがほとんどになりました。

後半アイナメヒット!引きが強かったのでアカメフグだったら良いなと思いましたがアイナメでした。

11時沖上がり。結局22匹で終了です。

Fugu03_11

大原フグ まとめ

1.暗いうちは蛍光グリーンのおもりが良い。明るくなったら、赤系、金色系が良かった。(潮の色にもよって違うと思います。)型が良いのは朝のうちなので、この時間で釣果UPしたいですね。

2.海が穏やかなときはあたりをとっての釣りが面白い。柔らかめの竿とPE1号以下でしょう。

3.海が荒れているときはオーソドックスなカットウ竿で空あわせを入れる方が良く釣れる。鈴友会の方々は皆このパターンでした。竿先は下目に構えて鋭く空あわせを4-5秒に1回入れていました。

4.おもりをロストしたくないのでビニルパイプの中のハリスは3号にしましたが、引っかかっても揺すると外れることが多々ありました。ハリスは4号くらいが良いのではないでしょうか。3号だといつの間にか切れてしまってカットウ針がないまま釣りをしていたことがありました(T_T)

5.カットウおもりの上の枝針は全く掛からず、オキアミが取られるのははっきり分かりました・・活性が高いかどうかは参考になりますが、大原は枝針付けるのはイマイチかなー。枝針付けている鈴友会の方はいませんでした。

6.先糸の上にゴム管を付け竿先折損を防止するテクは使えます。結構役立ちました。

Pc2705891

以上、フグ釣りは反射神経でビシッとあわせるのが楽しいです(^o^)。かかった瞬間、やったぜ!となります。巻き上げでミスることはあんまりないので、かけるのが醍醐味でしょうね~。

Rimg2516_2

Rimg2517

| | コメント (8)

2008/08/16(土) やっぱり釣れない飯岡フグ・・(T_T)

飯岡・清勝丸 ショウサイフグ 12 小さいサメ 2(即リリース)

連休初日につまずき次はキスの天ぷらとそうめんかなんて思いましたが、既にスーパーの天ぷらとそうめんはかなり食べているので、フグのリベンジにしました。洲崎のマダイも17日からですしね。

交通費 走行距離往復130km

乗船料 8,400円 氷付き アオヤギ500円/1個  

タックル 竿 極鋭ゲーム165センサー リール ラシード右巻き ライン PE 2号 カットウ仕掛け 先糸フロロ7号70cm

飯岡のフグはオデコを食らったこともあり、相性悪いですがここ数日は釣果良いようなので期待できそうです。清勝丸の前日釣果はトップ68 最低でも20、さらに型も良いそうです(^O^)。

4時半集合のため2時半出発、八街経由県道45号線から国道126号線で3時に着きました。風がちょっと強めで大きな船が揺れています。我々は台風が近づいて来ているため右舷中間に釣り座を構えました。

今日は7名での出船です。カナリ広々~(^O^)

P81601441_2

連休後半、ヒゲそらずワイルドバージョンです(^_^;)。

P81601451_2

5時出船 釣り場までは約30分、協定のため5時半開始までしばらく待ちです。

P81601471_2

今日の仕掛けはこんな感じ。カットウおもりの上にはフロロ7号70cm枝スを出してオキアミ食わせ仕掛けをプラスしました。

P81601491_2

第一投目水深は12mくらい、早速ズンッとあたりありごりごり巻いてくるともう少しというところで道糸切れ!ビミニツイストでダブルラインを作っていたのですが結束部で切れてしまいましたdown。結び方が甘かったのでしょう。

巻き上げ荷重が結構重かったのでPE1号(ウルトラダイニーマ)では厳しいのかもとおもいPE2号が巻いてあるラシードに変更しました。(今思うとやはり感度は1号の方が良いのでこんな厳しい日は1号で通せばもうチョイ釣れたかも)

終始ポツポツしか釣れません。1時間に2匹ペースです。またしても寂しい結果になりそうな予感crying

底は時々根掛かりあるようですが、全般的にべた底ねらいでOKです。私は根掛かりロストはありませんでした。

10時頃35cmクラスのビッグサイズが釣れました(^O^)。平均20~25cmでまあまあ良型です。巻き上げ結構重いので楽しめます。

P81601511_2

食わせの仕掛けには小さなサメしか掛かりませんでした。外道も全くヒットしません。途中面倒なので枝スは外しました。

おもりの色は船中を見回すと、蛍光グリーン、アオヤギ、白、黒。赤系は飯岡はあまり良くないかもしれません。

P81601521_2

台風の影響は全くなし、多少波ありましたが穏やかな方でしょう。途中天気良く暑さで汗びっしょり。

12時終了。釣果はタクちゃんと同じく12匹。休まずがんばりましたが、またしても寂しい釣果です。爆釣とはいかなくても好調にはいつ巡り会えるのでしょうか(T_T)。

P81601561_2

飯岡ではフグは捌いてくれますが、自己処理も必要です。黒い皮、血合いにも毒があるので自分で取ります。自信のない人は処理後船長に見てもらいます。

トップは左舷トモで32匹だそうです。こんな状況でよく30以上も釣れるな~。話を聞こうと思いましたが既に出発されたようです。また今回は左舷の方が釣果良かったようです。右舷トモのカップルは2人で14匹とのことでした。右舷ミヨシの仲乗りのおじさんはたぶん一桁(あんまり釣りしていなかった。イマイチでやる気なかったのかな)

清勝丸の船長は釣っている最中にいろいろアドバイスしてくれるので初心者にもお勧めです。女将さんも明るくて楽しい船でした。

帰りは広域農道を通って1時間半チョイで家に着きました。信号が少なく渋滞なしでお勧めです。

次の釣りは・・・考えつきません(^_^;)。陸っぱりでハゼ釣りも良いかなー。

| | コメント (6)

2008/08/09(土) フグの絨毯は何処へ・・(T_T)

久慈・第一大漁丸 ショウサイフグ 6

さあ長期連休初日、前日は新潟・小千谷への日帰り出張だったのですが、釣りイキテー!!ので帰りの新幹線もひたすら睡眠、東京~千葉も総武快速グリーン車(当然自腹)でひたすら睡眠で体調バッチリ。ねらいは日立・久慈沖のフグ!!ショウサイフグですよ~(^O^)。先週8/4は入れ食いで海底はふぐの絨毯?というくらい釣れたそうな。コレは行くしかない、久慈は初めてでもあり新規開拓に心が弾みます~(^O^)。

交通費 行き 常磐道柏IC~日立南太田IC ETC割引1350円 帰り 日立南太田IC~桜土浦1900円  走行距離往復250km

乗船料 9,000円 アオヤギ・氷付き  

タックル 竿 極鋭ゲーム165センサー リールダイナスター150 左巻き ライン PE ウルトラダイニーマ1号 カットウ仕掛け 先糸フロロ6号70cm

今日はタクちゃんの2人釣行、四街道まで迎えに来てもらい3:00出発 16号線を約45分走り柏ICから常磐道に乗って5:10ごろ現地に到着しました。今日も天気は良く暑そう、でも風が爽やかだなーhappy01都心の殺人的な暑さとはちょっと違いますね~。

P80900561

久慈漁港はのんびりムードが漂っています。ココまで来るとあんまり混んでないようですね。船のすぐ近くに車が停められるので荷物の移動は楽です。船の前にクーラーBOXが置いてありこれで乗船順とのことです。

P80900571

船長が5時30分過ぎに来て6時出港。右舷ミヨシに釣り座を構えました。タクちゃんはカットウ仕掛けの針を入念に研いでいます。

P80900601 

1時間近く北上しました。7時過ぎ開始~水深は10mそこそこ。ムラソイが釣れるような根がきつい場所です。波穏やかで良い釣り日和。アンカーを下ろしてエンジンストップ。ボート釣りのような静かさです。

P80900631

しかし・・しかし・・釣れません。フグはいるようなのですが・・・。何度か移動するもどこも不発。

P80900641

開始1時間後やっと1匹釣れました。厳しすぎる~(T_T)。K○Z○菌、ア○○菌に続く第3のs○y○菌発病か!・・(T_T)。

P80900671

後ろの4人組の1人は先週も来たそうで周りから どこがフグの絨毯だよ~ とブーイング・・

底取りしただけも瞬殺で根掛かりするので糸のマーカを見ながら10mでストップ。岩場なので張ったり緩めたりすると外れることもあるのであきらめずに。それでも私はカットウ針多数、おもり3個ロスト・・。根掛かりした時はおもりまでロスしないようにカットウバリのハリスをフロロ4号程度にしておくのが良いかと思います。

それからあまり古いカットウ針は使わない方が良いです。一回ダブルでフグゲットsign03となるところでしたが、船縁でポチャッ。あれっと思ってみたらカットウ針が折れていましたdown

風が出てきて波がチャップンチャップンしてきました。日差しはきついのですが風が涼しくて気持ちいいです。

P80900691

11時くらいになってポツポツ釣れました・・(^O^)。型は良いです。25~30cmくらいでカットウにかかるとズンとくるので結構楽しいです。

掛かり損じても、またすーっとその場所に仕掛けをおろすとまた食ってきます。2回掛からず3回目で掛かったこともありました。久慈のフグはスレていません。必要ないのでしょう、空合わせも誰もしていません。大原、鹿島、飯岡より簡単です。食わせ仕掛けでもやっている人がいました。エビエサ持って行って空いていたら竿2本だしでも良いかもしれません。

P80900711

12時 あと30分やるよ~とアナウンス。貧果のため30分残業のようです。

ところが、12:15頃アンカーのロープがぶっちぎれ・・終了チーン

P80900731

さて久慈ではフグは自分で皮を剥きます。3枚におろして身以外はサヨナラ~。

終始笑いが絶えず陽気な船長が印象的な船でした。また来たい船宿ですね~。船はボロイけど(^_^;)

晩ご飯は刺身と

P80900741

空揚げで頂きました。たまりません~(^O^)。

P80900811

ちなみに大葉は自家栽培です。

次は、マダイかイカかシロギスかな~。

| | コメント (4)