カテゴリー「釣り マダイ」の記事

2016/10/02(日) 大原一つテンヤ好調!

大原 春日丸 マダイ11(多分、ハナダイは気にしてなかった) ガンゾウ1(リリース)

itouさんより一つテンヤのお誘い。凪のようなのでチャンス、是非行きましょう。釣果もまずまずのようです。

交通費 行き帰り 下道 往復150km 
乗船料 12,000円 エサ付き(おかわり無料) 氷付き
タックル スゴテック240 13セルテート2500 PE サンライン一つテンヤ0.8号 リーダーフロロ2.5号 テンヤ 4~6号(オレンジ、ゴールド系)

午後船は生活リズムが崩れないので体が楽ですわー。
今回はメールの返事が遅れitouさんと私の2名。返信したと思ったら下書きホルダに入ったままでした、すみません。

9:40 迎えに来て頂き大原へ下道をひた走ります。11時半到着。午前のフグはイマイチだったようですね。

0001ouhara

港では朝市?イベントのようで混んでいます。

0002ouhara

港でコンビニ弁当食べているときitouさんから言われたのですが無風です。
そうですね空気が全く動いていません。こんなの珍しいです。
12時過ぎ出船。今日はitouさんと私の2名 右舷にトモitouさん、前の方私としました。
釣れたら船長も竿を出すそうです。空いていて広々です。

0004ouhara

0005ouhara

20分くらい、水深16~20m。潮もほとんど動いてていません。ヤナ予感、、凪倒れってやつですか。ここは湖?

0008ouhara

最初は6号のテンヤでやってみます。

0010ouhara

するするラインが出て、止まったら糸ふけを取ります。止まったかな、と思った瞬間アタリ!

速攻合わせ、掛かりました、良い引き、800gくらいのまずまずサイズ。幸先イイネ~。

春日丸HPから頂きました。

O0480036013763045907

その後もポツポツあたります。潮回り後の第一投目がチャンス、集中して底取りします。
3枚まで全部このあたりでした。
0009ouhara
根掛かりするところなので、底を取ってちょっと巻き上げステイ、時々大きくあおって誘います。

底付近でのアタリが多かったですね。
さっきも書きましたが、風も波も全くなく湖で釣りしているような感覚です。外海とは思えません。エサ取りの小魚かフグでしょうか、微妙なアタリも分かります。掛からないですけどcoldsweats01

でもたまにガツッとマダイのアタリ。浅いから良い引きしますねー。
ククッ、即合わせ、ガツッ アドレナリン噴出です。

0012ouhara

itouさんに中ダイヒット、私は根掛かりdown、、、糸を腕に巻いたらあれ動く、、魚ーhappy02。慌てて巻き上げ、かなりの重さsign03

船長からは「突っ込みがないから、マダイじゃないね、ヒラメかな」
でも良い重量感、1~2kgクラスかも。

と思ったら ぶつん、 ハリス切れ、歯が鋭いからヒラメだと確信(と思いたい)。残念。
0011ouhara

itouさんは無事ゲット、こちらも春日丸HPから

O0480036013763045918

5時半、最後1枚上げて終了。11枚の大漁です。これで2kgの中ダイが混じれば最高なんですが。でも7~800gが9枚 500g以下サイズが2枚でまずまずでした。0014ouhara

こんな釣りがしやすい日は滅多にないでしょう。それで釣果も付いてきて。
今年は良い釣果がほとんどなかったので、久々にウレシイ釣行でしたhappy01

itouさんお誘いありがとうございました。

| | コメント (10)

2015/11/29(日) 上向き(^o^) 飯岡の一つテンヤ

飯岡 太幸丸 タイ8(ハナダイ混じり) イナダ1 アジ1

itouさんより日曜午後の一つテンヤのお誘い。最近の釣果はまあまあなので、ここら辺で行っておきましょう。

交通費 行き帰り 下道 往復150km 
乗船料 10,000円 エサ付き(おかわり無料) 氷付き
タックル スゴテック240 13セルテート2500 PE サンライン一つテンヤ0.8号 リーダーフロロ2.5号 テンヤ 8号

午後船は帰ってきてのから片付けが遅くなってしまうので敬遠していたのですが、早起きしなくて良いので体が楽です。日曜午後だと空いているのもgoodです。
また、釣り自体も朝便は開始直後からピークを迎えだんだん尻下がりなのに対し、午後便は最初は様子見で夕まずめにかけて盛り上がるというケースが多いので満足感が良いですね。
9時 itouさん宅出発。今回は3名、itouさん、U谷さん、私です。U谷さんとはもう何度も酒席はご一緒させて頂いておりますが、ボートキスが天候でお流れになったので今回初めて。よろしくです。

八街よりも南下して海岸ルートから1時間半で飯岡着。渋滞なしです。itouさんはいろんな道知ってるなあ、感心しきりです。
飯岡で一つテンヤは初めてです。大幸丸も初めてです。混んでいると港周りに車が置けないので飯岡に行くときはちょっと離れた清勝丸にしていました。
席取り看板から左舷トモ側のマグネットを取りました。

天気良く、予報では波穏やか。絶好の釣り日和です。11時から準備開始。ココでトラブル~。ガイドにラインを通そうとしていたらリーダーがスプールの下に潜り込んで絡んでしまいました。
スプール外すとシャフトの部品のなかまで潜り込んでちょっと無理そう。まじかー、釣りする前からこれじゃ今日も・・と落ち込んでいる場合じゃありません。さっさと結び直しましょう。ノットアシスト持ってきて良かったです。っていうかこれがないとFGノットは私は不可です。リーダー結ぶ釣りやる人はこれあった方が良いですよ。ほぼ失敗なく結べます。
私の場合それでも10分は掛かりますが。0001_2
11時45分頃、午前船が帰ってきました。聞くと9時ぐらいまでは良かったその後はイマイチ。マダイが多かったとのこと。クーラーを見せてもらうと型も30~40cmクラスのまあまあサイズ。
午後船は夕まずめにかけて期待が高まりそうですね。0002_2
12時出船。40分くらい走そうです。0003

釣り場到着。パラシュートアンカー打って釣り開始、水深35mです。6号を付けましたが底取りが難しく8号に変更。

0005_2
底取ってユーラユーラテンヤを動かすと底の方でクッと来たので即合わせ。25cmくらいの小型でしたがまずはヨシ。0004_2

その後あたりあってもかけられず。難しいなあ。あたりあってスカッの場合はすぐ巻き上げてエサチェックした方が良いですね。ほとんどなくなっていました。0006_2
一方itouさんは順調に釣っています。さすが上手ですねcoldsweats02。移動後は38m。
風が吹いてきて船が流されるせいか8号でも底取りしづらくなってきたので10号にチェンジ。
14時半過ぎに時合いが来ました。船長から活性上がってきたよのアナウンス。タモ(が必要)サイズのが掛かったのですが途中バラシ。なんてこった孫針が伸されていました。このテンヤはもう買わんぞーpout0008_2

着底前に掛かることもあり久々に楽しい釣り~。
15時半頃にも20m付近で反応あるよとアナウンス。巻き上げるとあたり、こちらは良型アジでした。
良い引きタモサイズ~ヒット。巻き上げ中半分くらいのところで、テンションが掛かっているのにフッとバラシ。
何で~(T_T)。itouさんから良くあるよ。

16時過ぎにはライトが点灯されました。もうよく見えません。竿先は白が良いですね。

タイだげで8枚ゲット。itouさんはなんと17枚、竿が折れなきゃ20は行っていたとのことです。神様からもう止めよとのお告げでしょう。
itouさんの極鋭MCゲームは購入後、結構活躍しているようですが、メタルトップは普通に使っていても折れるんですね。

0010_2

逆舷のトモの方はなんとサワラを上げてました。仕掛け回収中にきたそうです。0009_2
itouさん曰く、この差は最初の着底で本当は当たっているのだけど底取りに集中しすぎて逃しているんじゃないかだそうです。
目に見えるあたりじゃないんだよねとは心眼ですか。さすがです。
飯岡は海底がフラットで根掛かりはありません。こんなところに何でタイがという気がしますが、水深35mの場所は凹んでエサがたまっているのでしょうか。
itouさんは大原の方が起伏があって面白いそうですがまずはココで腕を磨いてからが良いと思います。
タイして釣れないのに根掛かりばっかじゃイヤになりますもんね。沖上がり後女将さんに聞いたら最近ようやく釣果上向きとのこと。期待できそうです。

本日の釣果 ハナダイ混じり半分くらい?料理はいろいろ楽しめそうですね。

0012_2

良型アジ、刺身で頂きましょう。

0014_2

イナダはイナダ大根にしましょう。

0015
今回私としては良い釣りでした。家に着いたのが19時半、とりあえず夕ご飯食べて片付けして捌いたら22時になっていました。
一つテンヤは釣りした充実感が良いですね。寒くなってきたので今度はフグも良いなあ。

| | コメント (6)

2015/07/12(日) やっぱ甘くはないぞ~大鯛

勝浦 とみ丸  オニカサゴ1 ウマヅラハギ1

キス大会も終わり、次は何にしようかなと各船宿の釣果欄をチェックしたのですが何処もイマイチ。また土曜は波残るが日曜は凪予報のため、日曜に行くとなると捌く時間が取れないな。ココは一発勝負のマダイにしましょう。

交通費 行き帰り 下道 往復150km 

乗船料 10,800円 エサ 氷付き 

タックル スゴテック240 13セルテート2500 PE サンライン一つテンヤ0.8号  リーダーフロロ2.5号 テンヤ 15号 

一つテンヤ師匠のI藤さんをお誘いしました。初めての勝浦です。ルートを検索すると全部下道で1時間半くらいですね。

1:30にI藤さん宅にお迎え、16号市原から297号線で勝浦を目指しました。297号線は快調でしたが港の近くは道が細いですね。一方通行のトンネルを通って3時くらいに到着。
4時まで港を散策、陸っぱりアジ釣りしている人が結構いました。

車は漁協施設の裏か港奥の空き地に置きます。空き地は遠いので漁協施設の裏が良いですね。
左舷胴間に席札を取ったのですが、前が空いているからばらけてとミヨシにしました。

4時も過ぎると空が明るくなってきました。

0001tomimaru0712

4時半過ぎ出船。港前はザブーンです。

0002tomimaru0712

うねりが残っていますが凪でしょう。40分くらい走って釣り開始。水深50mくらいで、船長が時々水深をアナウンスしてくれます。最初に8号のテンヤで始めましたが全く底取れず。
後ろの常連さんは13号でも厳しいよとのこと。これ以上重いのは持っていなかったのでI藤さんに16号を借りてなんとか底が取れるようになりました。
しかし、道糸がすぐ斜めになって釣りづらい。早く浅いところ行かないかな。

最初のヒットは小ぶりなオニカサゴ、キープです。

0003tomimaru0712

I藤さんにヒット!とおもったら地球でした。残念。

0004tomimaru0712

次はスレでウマヅラ、お帰り頂きました。

0005tomimaru0712

だんだん気持ち悪くなってきて、マーライオンやっちゃいました。
うねりがききました。なんだか弱くなったのか。
後ろの常連さんがヒット。大物のようです。

しばらくのやりとり後5kg大鯛が上がりました。でかかったなあ。船長が神経締めしてくれます。

0006tomimaru0712


テンヤは2個ロスト。底は硬くはない感触なので海草類かな。

船で買った15号。こんなのあんまり出番ないよね。
0008tomimaru0712

その後も深いところばかりで最後の方は70mなんてところもありました。

もう電動リールの守備範囲だよ~。最初の着底はやっとこさ分かるけど、一回シャクったらもうどんどん流されて釣りにならん~。

そのまま11時終了。船中は大鯛2枚ほか、バラシも結構あり調子よかったようですが
I藤さんと私には鯛はまわって来ず。間違って釣れないかななんて期待したのですが、やっぱり甘くないね。

仲のりさんが言うには濁りあって、アタリは少ないが当たればでかかった。釣れたのは全部オスだった。とのことです。

午後船も賑わっています。

0010tomimaru0712

初心者にはかなり難しい状況でした。I藤さんにしても、70mなんて今まで1回くらいしかやったことない、15号使う一つテンヤなんてアワセもきかないし面白くないよ、だって。

I藤さんはもうココ来ねえなんて言っていましたが、大鯛狙うならこんな状況も受け入れなければならんのでしょう。

I藤さんにウグイスライン経由の近道教えてもらったしまたチャレンジしようかな。

| | コメント (6)

2013/10/14(日) 初一つテンヤ

大原 春日丸  ハナダイ1 ガンゾウ1 ウマヅラハギ1 ヒラメ(おみやげ)

9月中旬に行こうと計画していたのですが、祭礼や台風でのびのびになってしまいとうとう10月になってしまいました。今回は天気良さそうです。同行者はイトウさん、マルイカ以来ですね。

交通費 行き帰り 九十九里波乗り道路 200円、400円 往復140km 

乗船料 10,500円 エサ 氷付き 

タックル スゴテック240 フリームス2500 PE サンライン一つテンヤ0.8号  リーダーフロロ2.5号 テンヤ 3,4,5,6号 (「ドラグは1kgに合わせたが、船長にもっと緩くて良いと合わせてもらったら500gくらいだった。)

9時45分出発、11時過ぎに到着。

01

今年のフグはサイズが良いですね。大原=ピンポンのイメージが変わりました。

02

フグの調子が良かったので、出船がチョイ遅れました。12時半過ぎ出船です。片舷4人の計8名です。

04

今日はいい凪です。

05

40分ほどで到着。水深17-20mです。パラシュートアンカーが投入されます。

07

最初は6号から始めます。

06

開始早々、時合いがありましたが、私はゲットできず・・・。

合わせが甘いようです。口が硬いからビシッと合わせてと船長からアドバイス。

その後はあたり遠く。

場所移動2回。

夕方になってまたポツポツ当たり出しました。だんだん寒くなってきました。

08

ガンゾウとウマヅラハギが釣れましたが、タイは顔みず。

09

これはっというあたりでビシッと合わせました。掛かった!と思ったら、ブツッと無念のラインブレイク・・

船長に結び直してもらい、再スタート

最後にようやく、タイゲット。ハナダイでしたがもうこの際どっちでも良いです。

10

17:15終了。ラインが見えません。

帰港するともう真っ暗です。

11

ハナダイは鯛めしにしました。鯛めしは旨いです。

Pa140482

一つテンヤは自分で釣ったという感覚がかなり強いですね。ラインや竿先に集中して釣りに没頭するのも楽しいです。次は2kgくらいのマダイを釣りたいな~。

| | コメント (8)

2009/11/29(日) 洲崎マダイ初ゲット(^_^)b

海老丸 マダイ3 キントキ1

洲崎マダイ 去年の7月以来2回目のチャレンジです。今シーズンはあんまり調子良さそうではありませんが、行かないことには釣れないのでここら辺で行っておきましょう。

交通費 走行距離往復210km 松ヶ丘IC~富浦IC行き帰りとも1000円  

乗船料 10,000円 コマセ・氷付き

タックル 竿 青龍竿300Ⅱ リール 電動丸600H PE4号 50cm天秤 60号シャベルビシ φ2mm-1mクッションゴム ハリス4号7~9m 針 小鯛11号 1本針

タクチャンと3時出発でコンビニ込み4時45分着、今日は計5人で空いています。席札は我々の分だけ残っていて、私は右舷ミヨシに釣り座を構えました。薄暗い6時前出港です。今日はちっと寒いですね~。まだ薄暗いなか30分ぐらいして開始の合図です。

一投目水深25m。さあのんびりやりましょうとっと、あれグングン(^_^)b なんか来ちゃったみたい。途中でもクンクン、サイズは小さいようですが鯛かも~。あがってきました~やっぱり鯛です~。マダイとしては小さいですが、ハナダイに比べれば充分デカイ!初マダイゲットですscissors

01

夜明けがきれいですね。

01_2

その後はキントキなんかも釣れましたが、マダイの気配はなく・・

トモ側でイイしなり・・スマガツオだったみたい。引き抜こうとしたときにバレてしまい残念。

01_3

左舷トモで、5kgクラスが掛かったのですがやりとりの前にばれてしまったようです。

そのうちだんだん、風、波が強くなって立っていられません。

01_4

移動を繰り返し指示棚53-55mのチョイ深め場所が多かったです。微妙にプルプルきて上げてみるとカラフルなハゼみたいな魚。お帰り頂きました。

Sakana01

10時半頃 指示棚+ハリス分落としてシャクリながら巻き上げるとすぐにググンと来ました。キントキとは違うナー、ゆっくり巻き上げてくるとキマシタ~さっきよりちょっと大きい鯛だーsign01ちょっと感動~。

さらに11頃またキマシタ~さっきと同じように巻き上げて指示棚に合わせて3秒くらい後です。さらにちょっと重いぞー途中もググン、ググン。ゆっくり巻き上げてくるとまた鯛だーhappy02サイコーです。計3枚sign01これで2-3kgあれば最高なのですが、船中鯛は私だけだったので、この状況では良い釣果でしょう。初めてマダイを釣りました~。

3枚とも置き竿ではなく、落としてシャクって指示棚に合わせたすぐ後にヒットです。棚の範囲が狭かったのかな。

コマセ釣りはどのくらいの時間でビシが空になるか時間を測っておいた方が良いでしょうね。空のままやっていた時間が長かったかもcoldsweats01。バケツにオキアミ余っていたし。次回はタイマー持って行こうかな。今回はよく分からず、後ろの人が上げたら頃合い見て自分も上げてました。ビシの開け具合はコマセ8分目まで詰めて上半分開け、下全閉で6-7minでなくなったようです。

02

12時終了。1枚だけギリ1kgだったので、海老丸の釣果にカウントです。しかし鯛は美しい魚ですね。気品があるというか優雅な感じがします。引きもよく鯛にはまる人が多いのも頷けます。

前回のヒラメに続きタイも好調でした。ただサイズが今一歩。来年は脱小物釣り師が目標ですhappy01

01_2

海老丸マダイは年内まで。年明けからイワシの泳がせです。イワシの泳がせでマハタも面白そうです。

| | コメント (2)

2008/07/02(水) 洲崎マダイ初挑戦(^o^)

伊戸 海老丸  キントキ3 他頂いた魚多数

今日は待ちに待ったマダイ初挑戦&無縁隊との合流ですup(隊長にはまだ会えず残念、次回ですね)。

4:30集合とのことで四街道2時に出発 館山道でコンビニ込み3時40分に現地到着しました。

交通費 行き 松が丘IC~富浦IC ETC割引1400円 帰り 同 2250円 走行距離往復220km

乗船料 10,000円 アミコマセ 氷付き

細い道を下っていくと海老丸の看板がありました。もう既に残り1席。みんな気合いが入ってるなー 今日は9人とのこと。 今回は早めに到着したTOSHIさんに席を取っておいてもらいました。ありがとうございます<(_ _)>。

Rimg22661

近くにいた人に挨拶したり、港の方を見に行ったりして時間をつぶしていると、ジャジャーン 近くの駐車場で仮眠を取っていたTOSHIさん&OKIさん登場sign03 ブログで登場する写真の通り容姿端麗な方々でした~。いろいろ話をしていると明るくなってきてそろそろ出港、港へ移動しました。

Rimg22671

4:45頃出港 船長に初めてなので教えてくださいというと、棚だけ守れ言われました。ビシを底に落としてはいけないそうです。

タックル 竿 青龍竿300Ⅱ リール 電動丸600H PE4号 50cm天秤 60号シャベルビシ

φ2mm-1mクッションゴム ハリス4号8m 後で9mに変更 針マダイ9号 1本針

Rimg22691

オキアミ 付けエサと兼用です。溶けたらバケツに移します。

Rimg22701

シャベルビシ60号です。ビシの開け具合は船長に確認です。

Rimg22711

エサは尻尾切って針を腹側から出します。オキアミの中から良さそうなのを選んで付けます。

Rimg22761

15分ほどして釣り場に到着。棚25m。ビシにオキアミを8分目くらいつめて投入開始です。やっぱり長いハリスは難儀しますなーcoldsweats01。OKIさんの手返しの様子を参考にと見ていたら、船長に「何じっと見てんだよ。天秤にナリテーとかおもってんじゃねーだろーな」とチェック入れられてしました~(^_^;)。2人とも手返し速いですねーhappy02

Rimg22721

朝日がまぶしー。今日も良い凪です。こんな日に釣り出来ただけでも良かったです~。

Rimg22781

置き竿でのんびり竿先を見ながら、あたりを待ちます。いつもの釣りとは違いますね。中深場(サビキとか、イカとか)なんか置き竿してたら注意されるし・・。

釣りはじめ、しばらくしてOKIさんにヒットー!!

2.7kg良型ゲット-sign03

Rimg22801

その後 TOSHIさんにもヒットー でしたがリリースサイズでしたcoldsweats01

Rimg22871

帰りの船中で。カニがいました。

Rimg22891

で、自分はというと キントキ3匹でした。やっぱりそんなに甘くねーわな・・・(^_^;)

11:30終了 船中キープサイズは2枚sign03 キビシっすねー

その後は、船宿でお茶しながらオーダーメイドの竿の話1時間強。私はいままで既製品の竿で満足してしていましたが、これからはそうでなくなりそうな予感・・

沖釣りで自分より数倍アツイ方たちとご一緒出来て楽しかったです。次回Kazuさんもよろしくです。

コリャー5kgオーバー釣るまでやめられんなー。釣ったら釣ったではまりそうだけど~。

今日はあんまり疲れなかったので(釣れなかったのでcoldsweats01)家に帰ってからも捌く元気がありました~。

で帰ってクーラーBOXを開けると なぜか・・

Rimg22921

ありがとうございます。OKIさんに頂いてしまいました~happy02

キントキは初めて釣りました。こいつは冷凍だなー。

Rimg22951

さすが鯛の骨は硬いですね。刺身で頂きました。

皮引いても、湯引きでもオイしかったーhappy02

Rimg23031

 

| | コメント (8)