カテゴリー「釣り イサキ」の記事

2016/10/29(日) 秋の南房イサキ好調かも?

太海・聡丸 イサキ10(小型はリリース) ホウボウ2 イワシ5

今回はぴーぴーさん、マサキさん、ヤンさんと4人での釣行。ヤンさんとは初めてです。ようやく予定が合いました。アカムツかイサキ五目か、好調なイサキ五目にしました。

交通費  松ヶ丘~姉崎袖ヶ浦IC  ぴーぴーさんと割り勘1000円
乗船料 10,500円 氷付き えさ別 アマダイ五目用にオキアミ500円 イサキはカラー針でバイオベイトは付けなくていいとのことです。
タックル ライトゲーム64 S235 フォースマスター400 PE1.5号 先糸フロロ5号 サニービシFL40と60 40cm天秤 
仕掛け ささめ針 (FSM71)実船 船イサキ(ムツ) (ハリス1.7号 カラームツ9号 3本針) アマダイ2本針仕掛け 

2時50分に四街道出発、今回はぴーぴーさんに迎えに来て頂きました。ヤンさんとマサキさんとは現地合流、セブン寄って4時30分到着。風はまあちょっとありますが凪てくる予報なので大丈夫でしょう。

今日の釣り座は左舷ミヨシから4つです。5時過ぎ出船。やっぱ仲間と行く釣りは楽しいですね。釣り場までの時間もおしゃべりしながらすぐに到着です。

0002isaki2016oct

0004isaki2016oct

最初はイサキ、指示棚は20mなのでFL40でやってみます。すぐに釣れるかと思ったらそうでもない。

0007isaki2016oct
あれっ今日は渋い?クンクン来ましたが、重さがない。上げてみると3本に掛かっていましたが、リリースサイズ。ちっちゃな鰯も、これは頂こうか。

風も波も収まらんな~。うっ気持ち悪くなってきた。

0005isaki2016oct

サイズが小さいので大移動です。

0006isaki2016oct
移動後の水深は40m FLの40号だと沈降速度が遅いので60号に変更しました。サイズは良くなりましたが、渋さは変わらず。
基本動作の指示棚+仕掛け長さまで落として仕掛け分巻き上げて、強めに1回しゃくるとあたります。最初はまあまあ釣れましたが、その後はトーンダウン。

9時過ぎイサキ終了、移動して次はアマダイ 水深70m 仕掛けを取り替え、オキアミ付けて底まで落としてから大きくゆっくり誘います。

0009isaki2016oct

0008isaki2016oct

なんか重いかも。船長に言いたくないくらいの小さいアマダイが釣れました。

その後もがんばりましたが、ホウボウ2追加のみで終了。超小さいガンゾウはお帰り頂きました。
0010isaki2016oct

最後まで粘りましたが11時終了。

0011isaki2016oct

聡船長からお裾分け頂きました、やっぱ上手それも良型多い。
(自分の席は)今日は良い席なんだけどなあと言われてしまいました。ううっ、ご期待に添えなくてスミマセン

その竿、イサキに合ってないな軟らかすぎてコマセが振れないないよとアドバイス。今度はスゴテック190MLにしてみようかな。剣崎30-200MTとか海明30-210が良さそうですが深場に軍資金を残しておかないとね。

沖上がり後はおこわを頂きながら、次は深場にしましょうかと話して解散。お疲れ様でした。

帰りの車中で手や足の指が攣ってしまいました。さらに
帰ってきてから横になっていたら、左足内側太もも、ふくらはぎ、中指が攣って激痛イタタタ、寒くなると船から下りた後に攣りやすくなるのは以前からありましたが、今回はひどい。

運動不足でしょうか。涼しくなってきたしジョギングでもしようかな。

今回の釣果

0013isaki2016oct

0012isaki2016oct

翌日、刺身とナメロウと塩焼きにしました。
ナメロウが旨かった。ご飯にのせて醤油を垂らしてうーん最高。

0015isaki2016oct

0014isaki2016oct

0016isaki2016oct

次回はそろそろ深場でしょうか。準備始めなきゃ。

| | コメント (6)

2014/02/01(土) 寒くないけど寒イサキ

江見・新栄丸 イサキ26(リリース20くらい多数) ホウボウ3 ハタ1 キダイ1 メジナ1 ハナダイ1

今までAグリップネライ210を使っていたのですがちょっと硬くてビシや仕掛けが安定しないと思うことがあり、イサキ、夜イカ用に60号を背負える軟らかい竿を物色していました。2月からシマノが値上がりすると聞き、勢いライトゲーム64 S235を買ってしまいました。買ったら行きたくなっちゃうよね~。江見のイサキは釣果も安定しているし期待できるでしょう。

交通費 片道 松ヶ丘~姉崎袖ヶ浦IC ETC割引400円(帰り500円) 鴨川有料道路200円 走行距離往復180km 

乗船料 10,000円 氷付き えさ別 バイオベイト2本100円とオキアミ200円 

タックル ライトゲーム64 S235 フォースマスター400 PE1.5号 先糸フロロ5号(前回のヒラメからそのまま使用。先糸は4号くらいが良いでしょう) サニービシFL60 40cm天秤 仕掛け ささめ針 (FSM71)実船 船イサキ(ムツ) (ハリス1.7号 カラームツ9号 3本針) アマダイ2本針仕掛け PEは3号にするか前回ヒラメで使った1.5号でいくか迷いましたが、ライトタックルにはやっぱ細糸と思いこのまま望むことにしました。

3時すぎ四街道出発、1時間45分で江見港に到着。今日は風もなく波も穏やかです。

01_2

船宿に行くと5人くらい待っていました。いつ来てもこの船宿は年配率が高いな~。船長は釣らせるためににあーやれ、こーやれ言いますが、客層はのんびりした感じでギャップが面白いですね~。今日は9人とのこと。4人がグループで左舷へ。私を含めた残り5人は右舷へ。くじを引くと2番でした。

02

今日の餌はイサキ用のバイトベイトとその後のアマダイ五目用のオキアミ

03

コマセを積み込み船長、おかみさんが準備しています。

04

右舷ミヨシに釣り座を構えました。

出船。釣り開始は6時30分から。30分くらい走りました。その間色々船長アドバイス放送です。右舷、左舷でも竿は仕掛けの風上にして足下のクーラーは邪魔にならない場所へ等々。仕掛けはイサキングの5本針がお勧めだそうです。これでなきゃ釣れないよくらいの勢いですが、扱いが大変なので私は3本で良いです。イサキのご機嫌がよければイサキング買いましょうかね。

07

釣り開始。最初FL40号付けたのですが、沈下速度があまりにも遅いので60号に替えました。その後やっぱり巻き上げも変なので竿先をよく見るとブランクの先の方でラインが2回巻き付いてガイドに通していました。なんたる初歩的ミスdown。家で準備してきているのにこれじゃいつまで経っても上手にならないよなと落ち込みました。

下針にオキアミ、上2本にはバイオベイトを細長く切って付けます。

06

竿は良い感じです。感度良くタメもあって気に入りました。フォースマスター400と合わせて500gくらいでしょうか。最近のタックルはずいぶん軽くなりましたね~。

11

ようやくポツポツ上がってきました。型はちょっと小さめです。

まあまあサイズの巻き上げを電動でやるとプツッと1.7号のハリスが切れます。ドラグゆるめ、丁寧に手で巻き上げるのが良いです。08

シラコダイというのでしょうか。こんなのも釣れました、もちリリースです。

09

イサキ仕掛けでハタとしては小振りですが釣れました。結構な重量感で何が釣れたかと思いましたよ。

途中からオキアミがもったいないので全部バイオベイトにしましたが、食いは変わらず。

その後、15cmくらいのウリンボばかり、たまに型が出るという状況で10時半前にアマダイ五目へ移動。

水深70m前後です。着底後0.5mほど巻き上げビシが底に引きずらないように待ちます。1分してもあたりないときは10mくらい巻き上げてまた落とします。急に重くなりゆっくり巻き上げるとホウボウダブルでした。

10

さらにホウボウ追加して、最後の流し。グングンとあたり、ホウボウとは違う、タイっぽいな~。とゆっくり上げて来ると良型タイ。マダイ、ハナダイとも違うようです。キダイという種類で美味しいよとのことです。

日中の気温は13℃、防寒ウエアではちょっと暑いかも。カッパにするか迷うところです。

港に着くとお客さんが待っています。午後はテンヤマダイのようです。

12

船宿の写真です。

14_2

結果。今日は釣る場所が限られているようでイサキが小さくてイマイチでしたが、まずまずでした。釣り座から見える範囲では私は結構釣れていた方だと思います。はっきり言って竿のおかげです。

13

次は波崎のメバルか、太海のマサバにしようかな。

| | コメント (2)

2013/11/01(金) ヒラメじゃなくって江見イサキ 

江見・新栄丸 イサキ18 ハナダイ7

11/1は鹿島・波崎のヒラメ解禁、多分今年も好調だろうから急いで行かなくても良いでしょう。それよりも秋のイサキが良いな~。会社休んでの釣行です。

交通費 片道 松ヶ丘~姉崎袖ヶ浦IC ETC割引400円(帰り500円) 鴨川有料道路200円 走行距離往復180km (今回またも久留里の先のトンネルが通行止めで迂回路経由です)

乗船料 10,000円 氷付き えさ別 バイオベイト2本100円とオキアミ400円 

タックル Aグリップネライ210 フォースマスター1000 PE4号 サニービシFL60号 40cmサニー天秤 仕掛け ささめ針 (FSM71)実船 船イサキ(ムツ) (ハリス1.7号 カラームツ9号 3本針) 他自作5本針 

3時四街道出発、1時間45分で江見港に到着。鴨川方面から来ると歩道橋の手前を左に曲がればすぐ港です。

01

あれっ今日は平日なのに意外に車が止まっている。みんなヒラメに行くかと思ったらそうでもないんだ。釣果が期待できるせいか平日でも釣り客が多いんですね。

しかしココは港と駐車場が近くて楽だな~。席もくじで決まるから急いでこなくても良いし。

5:20船宿に行くともう数人待っていました。エサだけ購入してくじを引くと8番・・ビリから2番目です。

02

左舷胴間に席を構えました。船縁にマグネットが貼ってあり、マグネット板を持っていかなくても良くなりました。船すると風がそよそよ。5本針でチャレンジしてみます。

04

出6時半釣り開始。最初は底45mで棚35~37mです。一番の針にオキアミ、他はバイオベイトです。

05

うーん釣れません。何度か移動してようやくポツポツ掛かり始めました。 船長からは5秒に1回シャクリ、50秒1セットでそれ以上経ったら巻き上げてコマセ詰め直した方が良いとアナウンス。他にもいろいろアナウンスしているのですが風向きのせいか良く聞こえませんでした(^_^;)。

そういえば エサは切っておいてすぐ付け直せるようにしておくと良いとアナウンスがありました。

06

8時くらいになってようやく釣れ始めました。今日は風あり5本針だと扱いがちょっと大変なので3本針にスイッチ。3本の方が手返し良く数が伸ばせそうです。たまに良型が混ざります。大きなイサキつりたいな~。

09

何度目かの移動でふと前を見ると聡丸がすぐ目の前にいました。おっ若船長2本竿でやってますね。あっちの方が空いてるなあ。

08

9時半ハナダイにチェンジ。全部の針にオキアミ付けてやってとのアナウンス。ウイリー仕掛けにオキアミ付けてやりました。ハナダイは底までビシを落としてから巻き上げ底から10mまでシャクリ上げるという釣り方です。

上の棚でシャクッた後に良く掛かりました。ハナダイですが良いサイズ。刺身でもいけそうですね。

11

最後は一番深くて70mでした。11時半終了。ちょっと不完全燃焼です。また来ようかな。イサキはもうチョイ軟らかい竿でも良いかもと思いました。

今日は平日だからかもしれませんが新栄丸はベテランのお年寄り率が高いように思います。お互い気持ちよく釣りをしようという雰囲気で良い感じです。

12

釣果は

14

13

翌日、刺身にしました。Hanadai

Isaki

イサキは炙り、ハナダイは湯引きも追加したところかなり好評でした。イサキは炙りもいけますね。

| | コメント (15)

2013/06/22(土) 片貝港出船のイサキ五目

片貝・二三丸 イサキ11 マダイ2 ハナダイ6 アジ5 持ち帰らずウマヅラ2 

ぴーぴーさんに誘われて初めての片貝港です。心配した天気も回復して良い釣り日和になりそうです。まあ前日の釣果はイマイチでしたので今日もそんなに期待しないで釣りを楽しみましょう。フォースマスター400の使い勝手もどうかな~。

交通費 往復 70km

乗船料 10,500円(つりなび割引券使用で8,000円) コマセ、イカ短、エビエサ 氷付き  

タックル Aグリップネライ210 フォースマスター400 PE3号 先糸フロロ4号1.5m サニービシFL60号 35cm天秤 仕掛け ハリス1.7号 カラームツ9号 3本針

ライトタックルも準備 リーディングX732Ⅱ 小船301XH PE1.5号先糸フロロ4号1.5m サニービシちびライト40号 結局使わず。 

2時四街道出発。3時前に到着、やっぱ片貝は近いですね。駐車場からもすぐ近くで移動が楽々です。釣り座はマサキさんの上司のセオさんが取ってくれました。ありがとうございます。私は右舷ミヨシに釣り座を構えました。

01

あっという間に空が明るくなり4時出船です。船長が忘れ物ないですか。車のカギは閉めましたか。弁当車に忘れてませんか、とアナウンス。親切ですねcoldsweats01

02

朝焼けがきれいです。波も静かだな~。

03

1時間弱走って釣り開始。太東沖のようです。最初はイサキ、自作5本針にイカ短を付けています。水深は35,6m、指示棚は30~23m 27mの指定が多かったように思います。

04

ぽつぽつ釣れました。マダイも釣れました。

05

その後8時頃イサキは終了。アジハナダイのポイントに移動です。仕掛けはイサキと同じですがエサはイカ短からエビに変更です。

07

しかし今日はべた凪、外房が湖のようです。

09

ハナダイはサイズが良くMAX25cmくらいありました。ココまで大きいと引き味良く楽しかった。
11時で終了ですが、最後のポイントに行くと15分前で時合いとなりました。水深23mで30cm越えのアジがガッツンガッツン来ます。しかしイサキの仕掛けでは弱くてプッツンプッツン、何とかタモ入れしてもらって5匹確保。

まあ近所にお裾分けとはいきませんでしたが、楽しめました。

フォースマスター400はさすが軽くて使いやすかった。カウンター付きの手巻きリールとほぼ同じ感覚です。ただコードの付け根のネジが緩んで後半グラグラでした。帰ってから自分で締めようとしましたが隙間がなく専用工具でないと無理です。修理に出すしかないでしょう。

10

本日の釣果。マダイ2

11

イサキ11。30cmクラスは2匹かな。

13

ハナダイ

12

アジは5匹

14

以上次は夏。夏は夜イカかな~。

| | コメント (2)

2012/10/06(土) 江見沖イサキ 良い引き(^o^) 

江見・新栄丸 イサキ40 ハナダイ1 持ち帰らずウマヅラ1 マルソーダ1

秋に開幕する定置網周りのイサキ、型良く美味しいので計画していました。土曜は太海は協定で定休日、日曜は自治会の行事なので、コマセ釣りでメジャーな新栄丸はどうかな。でもその日は定置網周りのポイントには入れないそうです。でもまあ良いか、新栄丸は気になっていた船宿だし新規開拓ですね。タクちゃんも誘っていくはずでしたが仕事のためNG、一人釣行です。最近一人が多いthink

交通費 片道 松ヶ丘~姉崎袖ヶ浦IC ETC割引400円 鴨川有料道路200円 走行距離往復180km 

乗船料 10,000円 氷付き えさ別 バイオベイトとオキアミで200円 

タックル Aグリップネライ210 フォースマスター1000 PE4号 サニービシFL60号 40cm天秤 仕掛け ハリス1.7号 カラームツ9号 3本針

3時四街道出発、1時間半で江見港に到着、歩道橋の手前を左に曲がるとすぐ港です。防波堤沿いに車を停めて歩いて船宿に行きます。今日は5名、席順はくじ引きです。バイオベイト1本(50円)とオキアミ1個(150円)を買ってくじを引くと私は5番でした幸先わるーdown、まあどうせ胴間だから船長に聞きながらやろうっと。コマセ釣りは不得意なんですよ。仕掛けさばきとかではなく、誘いとビシ上げるタイミングが気分次第になってしまって。

駅方面から見たところ、港から坂を上がってくると看板が出ているのですぐ分かります。

01

船が港に入ってきて、氷を受け取り乗船開始。5番の方~と呼ばれると右舷のトモでした。えー普通そこから埋まるんじゃないの~と思ったけど、ここでは釣れない席なのかな~。

5時半出船、20分ほどでポイントに到着。今日は前半イサキ、後半ハナダイ、若しくは長ハリスでマダイ狙うよとのことです。

02

最初はカラー針にバイオベイト付けてやってみます。

03_2

釣り開始。棚は25-26m水深40mくらい。プルプルーとあたりがありましたが明らかに小さい~、周りを見てもチョーうり坊です。20cm以下はリリースお願いしますとアナウンス。ほとんどリリースサイズなのでポイント移動となりました。

何度か移動を繰り返し、付け餌はオキアミが良いよとのアナウンス。オキアミを付けるとだんだん良型が上がってきました。竿頭取る人は5本針でやるよ、ここは針数規定ないからね~とアナウンス。えーそうなの、外房はみんなMAX.3本かと思ってた~。

05

9時過ぎには入れ食いタイムとなりました。水深30mでビシを一振りするとすぐグングンと小気味よい引き、巻き上げ中にも何度かググンと良い引き~happy02。コマセ釣り楽しい~。単発が多かったのですが、ダブル数回トリプルも1~2回ありました。5本パーフェクトというアナウンスもありました。でも今日みたいに空いている日じゃないと使いづらいよね。

07

もう規定数に達した人もいて9時45分ごろ移動、次はハナダイ、こちらもオキアミエサで狙います。水深はちょっと深め60m

ハナダイはイマイチなので、マダイに変更、港からすぐ近くの水深25m付近のポイントです。

周囲では良い型のマダイが上がりましたが、私には回ってこず。最後に胴間のご老人が2.5kgのマダイを上げて11:30終了となりました。次は私に回ってこないかな~。

09

新栄丸の船長はいろいろアナウンスしてくれて参考になります。次は胴間の釣り座で疑問点は直接聞きたいなと思いました。

マダイ釣りの間にイサキを締めたのですが、今まででこんな元気なイサキを見たのは初めてです。江見イサキ、暴れて背びれのトゲに刺されまくりで痛かったcoldsweats01

Sineimaru01_2

他の人に比べると私は貧果でしたが、自己記録は更新sign01引きが強くて楽しかった。note

10

良型は30cm級

11

良型ハナダイは鯛飯にしました。チョー旨い感動happy02

13

刺身もすぐ売れました。

14

翌日は塩焼きで。イサキは美味しい魚ですねhappy01

15

| | コメント (0)

2010/12/12(日) イサキは良型 太海の五目

太海・聡丸 イサキ10 サバ1 ハナダイ1 キントキ1 

久しぶりの釣りはタクちゃんと一緒にイサキ・アマダイ五目に行って来ました。

交通費 片道 松ヶ丘~袖ヶ浦IC ETC割引650円 鴨川有料道路200円 走行距離往復180km 

乗船料 10,500円 氷付き えさ別 バイオベイトとオキアミで500円  

タックル リーディングXネライ240M 電動丸600H PE4号 仕掛け イサキ カラー針自作 サニービシ60号 40cm天秤 アマダイ 自作仕掛けほか サニービシ60号 40cm天秤

5時20分集合、釣り座は左ミヨシです。久しぶりなので船長が気を利かせてくれたんだろうな~m(_ _)m。ちょっと寒いですが凪ぎよく、風もソヨソヨ、良い釣り日和です。

Sora

最初はイサキ6時30分スタートです。 水深33~28m。カラー針が調子良いようです。イカタン付けてしか釣ったことがないのでカラー針で釣れるんかと不安でしたが、31mで早速あたり、ちょっと小さめでしたがダブルでした。その後は型が良くなりました。

バイオベイト付けたり、ウイリーにしたりいろいろ試しましたが、どれも均等でした。

8時半までポツポツ釣れて良い引き楽しめました。

次はアマダイ 水深80m前後 オキアミを付けます。うーん釣れません。タクちゃんの隣の人が50cmはあるアマダイ釣り上げました。船中1号です。イイナー。

タクちゃんが小振りですがアマダイゲット。

Amadai

私にはアマダイは回ってこず、11時30分終了となりました。うーん辛い。

船長がこの席良いんだけどなー。と言っていました。ガクッdown

今日の釣果

再チャレンジしようかな。不完全燃焼です。やっぱ会社休んで行こうっと。

Tyouka

夜は鍋にしていただきました。イサキがメチャクチャ旨かった。ちゃんと締めたのが良かったです。

| | コメント (2)

2010/06/26(土) 御宿イサキ良い凪でした(^o^)

御宿・第八福市丸 イサキ19 ムロアジ2 メジナ1 ウマヅラ2 

初めて乗った外房の釣り船が御宿の第八福市丸でした。そのとき幹事をしてくださったY村さんがタイへ転勤となり約6年間しばしのお別れでしたが、今年Y村さんが帰国され久しぶりの御宿イサキです。

イサキは過去3回ほどとあまり経験ありません。いずれもツ抜けできず相性はあんまりです。いろいろテクニックがあり難しそうですが、そしたら前日にヒラメさんからTELありアドバイスいただきました。ありがとうございます。手首のスナップでカゴを振ってみます。happy02

メンバーはY村さんの友人のかた3名グループ、S松さんとご近所方、タクチャンとコウチャンと私の計8名です。

交通費 行き帰り 下道 佐倉~茂原~御宿 走行距離往復160km 

乗船料 10,500円 コマセ・イカ短・氷付き 昼食付き

タックル イサキ Aグリップネライ210 リール 電動丸600H PE3号100m 仕掛け コマセ ビシFL60号 35cm片天秤 クッションゴムφ1mm30cm 3本針自作仕掛け

5時集合、5時半出船。今日は凪で天気も良く(くもりくらいがちょうど良い)、絶好の釣り日和です。釣り場が港から10分ほどとのことでのんびり出船です。貸し竿の方が胴間なので私は右ともに釣り座を構えました。コマセ釣りの場合は胴間の方がコマセが効いて良いような気がするんですけどねー。

Turiza

今日は釣れるかなー。今シーズン初、麦わら帽子出動。涼しくて首が日焼けしないので疲れにくいです。

Saya

出船です。凪は気持ちイーナーhappy02。前回のずーっと雨と大違いです。

Misaki

コウチャンも気合い充分

Kou

今日の仕掛けは下2本にカラー針、上にウイリーをつけてみました。

Sikake

6時開始。水深20m。仕掛け分3m指定棚より下げて20mでキープ。クイッ、クイッ、っと3回カゴを振ってと・・ うーんトモは潮上のようです。船長からしっかりカゴ振らないと釣れないよう~とアドバイスです。

しばらくするとグングンとアタリありー。結構良い引きで上げるとベラとメジナのダブルでした。

次はようやくイサキ!型ははチョイ小さめですが、下針に掛かっていました。今日は活性良いよう~、手返し良くやってねーと船長から檄が飛びます。

しかーし、ほとんど初心者だからなのか釣果はポツポツです。ほとんど単発で、追い食いはないです。

しばらくしてミヨシのS松さんがマハタゲット~。逆舷ミヨシのタクチャンも1.5kgはあろうかというマダイゲットです。ミヨシは高級外道がヒットですが、トモはイマイチですね~。

8時頃プチ入れ食い!カゴを降ろして3回振って1秒後にクンクンと来ます。チョイ待ってから上げると良い感じの重さ。ヤッタネトリプル。この2~3回の流しでトリプル2回、ダブル2回でツ抜けは確定です。

このまま行けば規定数かと思いましたが、やっぱりそうは上手く行きません。その後反応うすいのか移動時間が長くなりました。水温が低くなってしまったようです。カゴ、バケツの水が冷たくなってきました。

巻き上げで良い引きの手応えがあり、ムロアジでした。水面まで良い引きです。

11時半終了。11時前から他船のお疲れ~と無線が入ってきましたが、船長がぎりぎりまでがんばってくれました。これが良いんだよなー。

タクチャンのマダイ。良型ですね~。

Taku

数えると19でした。他の人も10ちょっとといった感じで終わってみればまあまあといった感じでした。

Tyouka

次は来週、勝山の夜クロムツです。ジョーズに襲撃されないことを願っています。

| | コメント (4)

2009/07/11(土) 大原イサキ 良いサイズ(数は・・・)

大原・富久丸  イサキ6(スソ)

今シーズンはイサキの調子が良いらしく、一回は行っておきたい。7月一杯で終了のため2週連続で釣行、大原イサキ釣りです。前日まで南西の大風で荒れ模様ですが土曜日は落ち着きそうなので予約を入れました。鈴栄丸のHPを見ると水温が低下して釣りにならないだろうから延期とあり早まったか~despair。期待薄~。

交通費 走行距離往復140km 大網白里、茂原経由の下道

乗船料 10,500円 氷・エサ(バイオベイト)付き  

タックル 竿 リーディングXネライ240M リール 電動丸600H バッテリー持参 ライン PE4号 35cm天秤 ビシFL ゴムクッションφ1mm30cm 自作仕掛け ハリス1.75号 カラーチヌ2号 3本針  

4時出船のため1時45分四街道出発、3時に着きました。両ドモは既にクーラーBOXがおかれていましたが、辺りをを見ると車が少なく空いています。とりあえず右舷胴間に釣り座を構えました。

3時半を過ぎて船長がやってきました。今日は4人とのこと。空いててラッキー・・だけど期待できないから空いているのかな。でも他の船を見るとまあまあ乗っていますね。

今日は当ブログによくコメントを入れてくださる 鮃命ぇ〜さん が富久丸に見えるようなのですが、右舷ミヨシの方は回ってきた乗船名簿見たら八千代市からなので違うな~。トモの2人もかなり年配の方なのできっと違うだろうな。どうも今日は見送りのようです。

出船前船長よりビシは下全閉。上は1/3くらい開けて、指示棚+3m落としてから巻き上げて指示棚に合わせてと言われました。丁寧で優しそうな印象の船長です。

1

4時すぎ出船、港の外はうねりが残っていますが、釣りづらいほどではなさそうです。私の右隣は若船長(かな)。短いグラスの手製竿です。

5時開始 バイオベイトを2mm角に切って針に付けてしかけを落としました。指示棚は15m、仕掛け分3mを余計に落とし込んで巻き上げ指示棚で待ちます。時々かるくシャクって待つとググンとアタリがありました。おーっと船中第1号~、幸先良いぞー。チョイ待っても追い食いはなさそうなので、ゆっくり巻き上げると35cmクラスの良型です。ヤッタネ!

しかしその後は不発・・なんと言ってもビシが冷た~。やっぱり今日はダメそう。海面での0点セットを何度も行い厳密に指示棚に合わせますが水温低下(朝のうち14.5℃)には勝てません。バイオベイトの切り方を変えて長細くしてみたりしましたがあまり効果はないようです。でかウマヅラがかかりましたが水面でハリス切れ。若船長は時々釣りをしてきっちり釣果を上げています。キーパーに竿を掛けたままグインと強めにシャクって特別なことをしているようには見えませんでしたがやっぱり何かが違うんでしょうね。

船長からは頻繁に指示棚のアナウンスがあります。13,11,15・・深いときで18、浅いときで9mでした。移動を繰り返し、後半は16℃まで水温が上がってきたようですが、活性が上がることなく・・。

1_2

11時終了。我慢我慢の釣りでした。良型イサキがかかったときはイイ引きしましたね~。小さいイサキにはリーディングXネライはちょっと硬かったかも。先鋭剣崎30-230かリーディングXリアル225Ⅱあたりが欲しくなりますが、でもその分釣り行った方が良いでしょう。次回(来シーズンか?)に期待です。

6匹なのになぜか9匹・・若船長にもらっちゃいました(^_^;)。

1_4

多めに釣れたら翌日捌きますが、少なかったので全部捌けました。晩ご飯は刺身と塩焼きです。刺身がチョー旨かったです。先週会社の飲み会でイサキの刺身が出てきましたが、別物ですね。

だから釣りはやめられない(^o^)。

| | コメント (2)

2006/6/25(日) 撃沈御宿イサキ

御宿岩和田 第八福市丸  釣果 イサキ6 アジ極小4

08 3年ほど前まだ沖釣りの道具を何も持っていなかった頃、この第八福市丸のイサキに行き、船酔いの洗礼を受けた。今回はそのリベンジを果たすべく7名で挑んだ。

若船長から5時半出船なので、5時には家の前に来てくれと言われ4時半前について待っていたら自転車で大船長がやってきて、何やってんだこんなところで待っていてもだめだ、港に来なきゃ。あんたら初心者なんだから人より早く先に行かないと釣れないぞ。と怒られてしまった。口答えする間もなく船に乗り込んで大船長の釣りレクチャーを受けていると、しばらくして若船長がやっていて家の前で待っていたのに。といわれてしまった。大船長と若船長、息が全然合ってない。大丈夫かな~。

それでも5時過ぎに出船できた。船の中でみんな集められて今度は若船長の熱血レクチャーが始まった。コマセかごの空け具合は3/5、仕掛けは上がってきたらまずかごをコマセバケツに入れてから、糸をたぐって一カ所にまとめない、コマセは釣れているときはレンゲを使わず手でつめて、・・要はこの2人は釣らせるために一生懸命なのである。またこの船の特徴としてそれぞれに座った人の名前を聞かれる。マイクでちょっとそこの人~と言われても誰だかわからないことがあるが、この船では「誰々さん、コマセ振らなきゃ釣れないよう」とか「お、誰々さん、いい型あがったね」とかアナウンスされるのである。おかげで逆舷にいる仲間がどんな状況かわかってしまうのがおもしろい。

仕掛けは片天秤と60号プラかご(決まっている)、1.5mm30cmのクッションゴムを付けて3本針の仕掛け、針には2ミリ四方のイカタンを付ける。外房のオーソドックスな仕掛けである。

釣りは協定で6時開始。最初はコマセのなくなり具合を覚えるためコマセかごは振らない。最初は20mのタナを指定された。若船長が一人ずつ回って指導している。私もえさの置き場所から魚を入れるバケツの位置からこと細かく教えてもらった。特に道糸が足らなくて竿がしなってしまいもう少し出したいなというときは、クラッチを切らず手で糸を引っ張れ(そのくらいドラグはゆるめておけ)と教えてもらったときは目からウロコだった。上手な人の隣に座ってさばき方を観察するチャンスというのは実際にはあまり無いためありがたかった。

コマセを振ってというアナウンスで、竿をすっすっとシャクルとクンクンとあたりがあった。20数えて追い食いさせるべしと言われていたので、20数えたが引きは変わらず。なかなかいい引きで丁寧に巻き上げてくると褐色の背中が見えた。30cmくらいの良型イサキである。しかしその後はポチポチと釣れるだけで単発のみ、入れ食いタイムは訪れなかった。タナは15mが多かったが、一番浅くて13mまで指示された。

11時30分終了。釣果は釣り座によって差があった。トモに座ったS松さんは4,左舷ミヨシ方に座った初心者Dタケ(釣り2回目!)が8と竿頭であった。私はイサキのほかは極小アジだけだったが、船中ではメジナ1、ウマヅラ4くらいが上がった。

第八福市丸は民宿を併設しており、普段は職漁を行っている仕立て専門の釣り船である。7名と少人数ながら助手がつき、船を下りた後の昼食が豪華である。刺身、フライ、ホイル焼き、なんとビールまででる。運転手の私は当然お茶だが。。。釣り船ではあまり儲かっていないようだ。昼ご飯を食べているときの船長の笑顔が印象的で、職漁でやっているカツオの話がおもしろかった。

07

夏は泊まり客が多く食事の用意が大変なので釣り船はやらないそうである。次はヒラメで来てね。といわれた。よっしゃーまたくるぜ。

イサキは刺身と塩焼きにした。塩焼きがモチモチしておいしかった。

| | コメント (4) | トラックバック (0)