カテゴリー「釣り ヤリ、スルメ、マルイカ」の記事

2016/03/04(金) 白浜ヤリイカ 凪だけど

新盛丸  ヤリイカ15 

釣りレポ遅れました。土日は自治会の行事で忙しかったんですよ~。

さておき、近所のitouさんよりお誘い、イカ釣りにチャレンジしたいとのこと。一つテンヤ専門かと思っていたら、ただ食べたいだけ~だって。イカも面白いですよ、確変に入ったときのフィーバーはたまりませんよね(^o^)。

勝山から久しぶりのヤリイカです。今時期はお土産の生わかめも楽しみ。

交通費 走行距離往復150km 松が丘IC~鋸南富山IC。

乗船料 9,000円(会員カード割) 氷付き

タックル 竿)リーディングヤリイカ リール)フォースマスター1000 PE3号 仕掛け)11cmプラ角ブランコ8本針 間に糸巻きスッテを一つ  おもり)150号

3時半出発、今日は風もなく良い凪になりそう。5時過ぎに漁港に着くともう船長が駐車場の誘導やってました。平日でも結構混でんだなあ。

勝山の乗船料は良心的だな~(^o^)。鹿島なんて12,000円、何でそんなに取るの、ヒラメみたいに活きエサつくわけでもないのに。

18号船の左舷中間に釣り座を構えました。6時出発。期待に顔がにやけてますよ、itouさん。

0001katsuyamayari

洲崎沖まで約50分。結構遠いんだね。

0002katsuyamayari

朝日がきれい。やっぱ沖は気持ちいいなnote。さらに釣れれば良いけど。

0003katsuyamayari

さあやりますか。

1投目は水深200m スルメ仕掛けでも良いそうですが、私はヤリイカの仕掛けで。早速サバにやられて巻き上げ、2投目で一杯ゲット。

仲乗りさんは上半分スルメ、下半分ヤリでも良いよとのこと。どちらも混ざる漁場ではアリな作戦ですね。

しばらくうろうろしていましたが、かなりイマイチなので移動です。白浜沖まで1時間くらい。

9時まで白浜の漁場には入れないようです、協定ですか。

こっちはちょっと海が悪そう。

0007katsuyamayari

うーん気持ち悪くなってきた。花粉症で息がしづらいのも余計に気持ち悪くなってきた。

0004katsuyamayari

水深は変わらず200mくらい。底で掛かったと思ったら、おまつりで足だけでした・・。

0006katsuyamayari

潮が悪いのか、おまつり多いです。何とか2杯がけ

0008katsuyamayari

最高4点で盛り上がるかな、なんて期待するも下降線。

0010katsuyamayari

1時過ぎ終了。帰ってきたら3時過ぎ、長かった。

帰りはitouさんのお勧めのラーメン屋さんで一息。

岩のり塩ラーメン旨かった~。降りたのは富津中央ICでしたっけ?

0011katsuyamayari

当日は生わかめを、湯がいてわさび醤油で。食感が良いです、旨い。

0012katsuyamayari

今日の釣果

0013katsuyamayari

次は深場かな。良い思いしたいね~。

| | コメント (8)

2015/03/15(日) まだ早くない?鹿島のヤリイカ

幸栄丸  ヤリイカ34 スルメ2

ヤリイカが調子よさそう。そろそろ行ってみますか。足かけ8年でようやくスタンプ6個貯まり乗船料が半額となるので幸栄丸にしました。前回(一昨年)、活きイカパックのイカは家に着いたらご臨終だったので再チャレンジです。

0001kashimayari

交通費 走行距離往復130km 行き大栄IC~潮来IC450円 帰り潮来IC~酒々井IC950円 ※大栄から乗るとだいぶ節約できます。

乗船料 12,000円(スタンプカード使用で半額6,000円) 氷付き 活きイカ1杯付き(希望有れば)

タックル 竿)リーディングヤリイカ リール)フォースマスター1000 PE4号 仕掛け)11cmプラ角ブランコ6本針 間に糸巻きスッテを一つ  おもり)150号

土曜19:30 自宅出発、東関道は高いので51号線で大栄ICから高速に乗りました。現地到着は21:30くらい。

とりあえずと、席取りの看板見ると今日は6隻出し!、幸栄丸はなんでこんなに人気があるのでしょう?私にとっては詰め込むので釣りにくい船宿という感じです。もうちらほら先客がいますが、2号船の右トモをを取ることが出来ました。

0002kashimayari

0003kashimayari

釣り座が隣となった人は23時に来たそうなのですがもう四隅はなかったとのこと。ぎりぎりだったようです。

車中で1泊。昼間は暖かかったけどやっぱり3月、0時過ぎるとメチャクチャ寒かった。
チューハイあおって防寒着を着込んで寝袋に潜り込みました。3時半船に灯がともります。だんだん騒がしくなって来ました。

0004kashimayari

料金払うのも行列です・・・。

0005kashimayari

予約したときは4時半出船と言っていたのですが、お客の割り振り何やらで5時近くに出船。キャビンで一休みと思ったら1時間経っても未だ減速しません。結局釣り場到着は7時過ぎ、2時間以上も走りました。釣れればOKだけど。
スマホで位置を見ると銚子沖のようです。わざわざ鹿島に行った意味ないじゃん。

Kashima

0006kashimayari

さあ釣り開始、水深140m底から誘いを掛けますが魚信なし、、、、あれっイカを釣るなら今でしょのHPの宣伝とはほど遠くない?

しばらくしてようやく1杯、うーん厳しいのう。隣のおじさんと今日はダメみたいだねと苦笑い。

0009kashimayari

ポツポツの拾い釣り、今日の誘いは止まるくらいのかなりゆっくりが良いみたい。10秒くらい待つとフワフワと波の動きと別な竿の動きがあります。たまに3点、4点がけもありますが軽い、小さい・・・。まだ時期早いんじゃない?

0007kashimayari

12時そろそろ終了です。仲乗りのおじさんが釣果を聞いて回ります。数えてなかったのですが30と答えておきました。最後ちょっと上向きでMAX6点がけで終了。また仲乗りのおじさんが回ってきて最後どうだった? 6点がけだったと返事。

0008kashimayari

もうこねーなココと思いながら片付けていたら また仲乗りのおじさんが来て竿頭だから事務所に言って。といわれました。まじー、やったね。半額券もらっちゃまた行くでしょう。

0012kashimayari

しかし、werukam,fishingってどういう意味?まさかwelcomeじゃないよねぇ(^_^;)。

今回は家に着いてもまだご健在。次女と眺めていたら(写真の手はカミさん)なんだか可哀相になりその日の晩ごはんにはしませんでした(^_^;)。結局食べたけどね。

0011kashimayari

半額券は別の釣り物でも良いそうだから次は5月頃のフグかな~。

| | コメント (7)

2014/01/11(土) 初釣りスルメ

太海・聡丸 スルメ21(うち沖干し11、沖漬け2)

烏賊太郎さんから連絡を頂き、ぴーぴーさんも誘って3人での釣行となりました。去年鹿島の夜イカの時にも連絡頂いていましたがようやくご一緒出来ました。

交通費 行き 松ヶ丘IC~姉崎袖ヶ浦IC ETC割引400円 鴨川有料道路200円 帰り 鴨川有料道路200円 姉崎袖ヶ浦IC~穴川IC600円 走行距離往復190km 

乗船料 10,000円 氷付き   

タックル リーディングXネモノ205H フィルダーイカタン 電動丸3000BM PE5号 Fサビキ 仕掛け船宿サビキ おもり150号 スルメ ブランコ18cmプラ角7本 直結18cmプラ角7本 おもり150号

2時に烏賊太郎さん宅、2時5分にぴーぴーさん宅に寄って太海に向かいました。烏賊太郎さんはイカの手釣りや深場釣りの経験があり色々教えて頂きました。まあ深場はコストが掛かるので無理そうですけどね~。

3時40分到着、風がなく釣り日和になりそうな予感。今日は釣れるかなhappy01

右舷ミヨシから烏賊太郎さん、私、ぴーぴーさんと並びました。片舷5人大ドモ2人の12名で出船。

初めて宜しくです。烏賊太郎さんと

02

久々ぴーぴーさん

03

前回バッテリーの置き場に悩みましたので、裏に滑り止めシートを貼りました。これで座席の上に置いても大丈夫ですgood

04

最初からスルメの仕掛けにするかサビキを付けるか迷いましたが、魚も欲しいのでサビキを付けました。

5時半頃スタート、サビキには何も掛かってきません。前回はスルメが掛かってきたのですが、今日はウンともスンとも・・

イカから始めた人も全然あたりナイようです。何度か移動してようやくポツポツ、私もブランコに替えました。

今日は前回と違って好調ではなさそうだな~。仕掛けを替えてようやく単発で掛かってきました。

ブランコでは落とし込みではあまりヒットせず。夜明けとともにだんだん深くなってきました。水深200mまで来るとやっぱり重いな~。

沖干しを作りました。ぴーぴーさんが干していると、あっ寄生虫がいるとのこと。見ると胴の内側に横に米粒のように濃くなっているところがあり、ナイフでほじるとアニちゃんが出てきました。私は実際に見るのは初めてです。今まで単に気づかなかっただけかな~coldsweats01

05

終始ポツポツ。途中サバに何度か止められたため仕掛けを直結に、竿もイカタンに替えました。頑張ってシャクルとようやく掛かるという感じで疲れますbearing

06

最後の方は水深250m。この深さまで来ると上げ下げに時間が掛かります。

10時45分終了。前回より時間は長かったですが釣果は半分。烏賊太郎さんは28、ぴーぴーさんも20くらいだそうです。これでも見える範囲ではまあまあ釣ったかなと思うんですが、船宿釣果はトップ78、貸し竿でも27か~。残念coldsweats01。烏賊太郎さん、ぴーぴーさんお疲れ様でした。近所に釣り仲間が出来て今後が楽しみです。

バッテリーは16.8V 終了時15.4V 今日の波は前回ほどではないので巻き上げ速度は20くらいまで上げました。今回はイカ釣りならではの使い方だとおもいます。全然問題なし快調でした。

釣果は前回の半分です。そんなに群れは濃くないと思いますけどね~catface

聡丸レシピで沖漬けも2杯作りました。

12

ゴマサバで脂のってなさそうだったのでニンニクバター焼に

11

次は浅場メバルかな。マサバのでかいのが釣れるならまた中深場にしたいけどね。

| | コメント (4)

2013/12/31(火) 今年ラストの外房スルメ

太海・聡丸 スルメ51(うち船上干し22)

年末年始は例年良いことないので、釣行は控えるつもりでしたが、天気そこそこだしNEWバッテリーを試してみたい。と言うわけで聡丸のスルメを予約しました。

年末ですが、釣り客は5名とゆったりです。

01

交通費 行き 松ヶ丘IC~姉崎袖ヶ浦IC ETC割引400円 鴨川有料道路200円 帰り 鴨川有料道路200円 姉崎袖ヶ浦IC~松が丘IC500円 走行距離往復190km 

乗船料 10,000円 氷付き   

タックル リーディングXネモノ205H 電動丸3000BM PE5号 Fサビキ 仕掛け船宿サビキ おもり150号 スルメ ブランコ18cmプラ角6本 おもり150号

2時出発、今回は久留里のトンネルが通行止め解除だったのでスムーズ。コンビによって3時45分到着でした。

今日は右舷トモが釣り座です。大ドモは2本竿で若船長です。リールはシマノの4000番です。3000クラスじゃ持たないんでしょうね。

今日はNEWバッテリーの筆おろしです。FB10はスルメに耐えられるでしょうか。船縁の下の棚に置こうとしたら座りが悪いので座席の方に移動。

02

5時近く出船。港を出ると波が結構あり、微速前進です。50分くらい走って最初はサビキ。指示棚は50~100m。

03

1投目はあたりなし。移動です。2投目指示棚に入ってから10mずつフォールで止めながら落としていくと80mで仕掛けが止まりました。これはスルメっぽいぞ~。サビキにスルメが掛かってきました。続けてもう1杯。今日は魚よりイカが良いようです。船長からスルメの仕掛けに替えてとアナウンス。

波があるので、竿はフィルダーイカタンには替えずそのままネモノにしてブランコ仕掛けにしました。

切り替えたときはまだ真っ暗で浅棚でも掛かってきます。30mくらいで仕掛け止められました。入れ食いタイム突入です。明るくなると棚が深くなって効率が下がるので、頑張って今のうち釣りましょう。

隣の人は仕掛けを投入してクラッチを解除する前に掛かってきました。私もまねして投入してちょっと待つグングン来ました。まるで夜イカのフィーバータイムです。但し、1-2杯掛かるのが多くてそんなに数は伸びません。

明るくなってくるとだんだん棚が下がってきました。相変わらずフォールで掛かってきますが誘わないと単発が多く時間のロスです。フォール、ストップで竿をシャクって誘うと掛かってくる数が多いようです。6本針に5杯、残りはサバの時は重かった~note

若船長が沖干し作ろうかと声を掛けてくれました。結構船が揺れるのでお願いしました。さすが若船長、合計22枚も作ってもらいました。

04

棚が150mを越えて2-3杯掛かると巻き上げ時は重くて竿を持っていられません。置き竿で待ちます。巻き上げは楽々モードで速度は12目盛り前後。巻き上げが速いと仕掛けがブチッといきそうです。

8時以降はさらに水深深くなりポツポツのあたりです。波もありだんだん気持ち悪くなってきました。そんなに予報悪かったかな~。水深220mで最後はボトムでもヒットしていました。

9時半前風速12m越えたからもうあんまり出来ないよとアナウンス。写真は穏やかなようにみえますが、風に加えてうねりも大きい~bearing

07

最後に3杯掛けて10時終了。実釣5時間弱くらい。FB10は開始時16.7V(前日full充電)、終了時15.7Vまだまだ余裕です。性能的にはスルメでも全く問題なし。この値段でこの性能は他にはないでしょう。ちょっと気になるのは形状ですね。船縁の下の棚には収まりが悪いです。座席に置けば良いのですが滑り止めマットでもないとあっちこっち動いてしまいます。まあ大した問題ではないですが。

06

今年もこの風景が見られて満足です。

08

釣果は生イカ39 天ぷらで旨かった~。

09

沖干しは22枚 軽く炙って酒の肴に最高です。

10

年が明けちゃいましたが、13年最後の釣行を良い釣果で締めくくることが出来て良かった。

2014年も同じペースで釣行予定ですのでよろしくお願いいたします。

| | コメント (2)

2013/05/18(土) 爆!鹿島ヤリイカ

鹿島・幸栄丸 ヤリ67 スルメ11

鹿島のヤリイカが連日好調、釣りなびで購入した乗船割引券が5月末で期限切れ、となれば行くのは今しかないsign01

交通費 走行距離往復130km 行き佐倉IC~潮来IC700円 帰り潮来IC~四街道IC900円

乗船料 12,000円(割引券使用で計10,000円) 氷付き 活きイカ1杯付き、発泡箱別500円 

タックル 竿)リーディングヤリイカ リール)フォースマスター1000 PE4号 仕掛け)11cmプラ角ブランコ6本針 間に糸巻きスッテを一つ  おもり)100号 150号も準備

金曜は忙しかったため、車に釣り道具を積んでおき会社から直接鹿島港に向かうことにしました。23時半頃に鹿島港に到着。

既に10台以上車が停まっています。前日入りは初めてのことで良い釣り座がとれるかなと期待したら結構埋まっています。船の看板を見ると今日はイカが4隻、ルアーが1隻。広そうな船(1号船)の左ミヨシにしました。氷結あおって車中泊です。

01

3時半頃ザワザワしてきたのでおきると、駐車場は大賑わいです。仲乗りさんが赤色誘導灯を持って交通整理しています。

02

人の多さに軽く圧倒されながら準備を始めました。

03

04_2

ようやく出船。港の喧噪とは対照的に海は穏やかです。

05

5時出船、1時間くらい。銚子沖の方に向かうそうです。

06

さあ釣り開始。水深75m 通常ヤリイカは底の方を狙いますが、浮いており30~40mの指示です。船長の合図ですぐおもりを投入しないと群れが逃げてしまいます。投入に手こずっている人にはもう遅いから次の投入まで待ってと言われてしまいます。

うーんまるでマルイカ釣りです。一投目が勝負ですが、群れは濃いので一人だけ釣れるのではなく、群れの足が速いようです。

(仕掛け)上げて~といわれて上げた途端また入れて~とか、魚探に映るイカが無くなったり急に出たりするようです。深さもコロコロ変わり、30mの棚でダメだった人は60mまでおとしてみてとかもありました。

仲乗りさんから大きな誘いは不要で、フォールで棚近くまで仕掛けが落ちて来たらサミングしておもりがフワッとなったらもう乗っている、それで乗らなかったら10m巻き上げてまた下ろしても良い、乗ったらすぐに上げずにチョーゆっくり手巻き5m、ズンズン付いてくるまで電動使うなとアドバイスを頂きました。

確かに仕掛けを止めて、上にしゃくり上げようとした時に掛かっているようなときがありました。しゃくり上げているときにはあまり掛かってこないようでした。

今までのヤリイカ釣りとは認識を変えた方が良いです。シャクリの必要などないと言っていました。

竿もあまり硬めはノリが悪いそうです。150号を背負える長め柔らかめの竿か良いそうです。私が持っている中では次はリーディングXネライ240Mでも良いかもしれません。

07

朝イチはポツポツのノリでしたが9時頃ピーク、6点がけ2回やりました。ヤリイカとしてはシーズン後半、ほとんどパラソル級です。指サックがないと幹糸が指に食い込むくらいの重量感happy02。サイコーhappy02

たくさんの船が集結です。

08

そういえば今回のPE4号は300mで2050円激安PEです。視認性良く、カウンタだけ信用せずPEマーカーでも確認してという船長のアナウンスにも楽に従えますねcoldsweats01。これは結構良いかも。

09

12時頃もうそろそろおわりかなと思ったら12:20過ぎにラスト2投だよとアナウンス。

隣の人とこんだけ釣れたら近所に配りまくるしかありませんねhappy02と笑みがこぼれます。

12:30過ぎ終了。仕掛けは3つ使いました。おまつりもするし、多めに持っていってチャンスを逃さないようにするが大事です。

35Lタンク満タンです。通常この時期になるとヤリイカはペラペラになってしまうそうですが、今年は肉厚で旨いそうです。

上皿のはスルメの子(ムギイカ)という感じです。イカめしとかで旨そうですね。

10

当然こんなクーラーボックスを持って船を下りることは出来ません。腰が逝っちゃいそうです。船付き場には高校生ぽいバイトの子たちがいて荷物下ろしを手伝ってくれました。

幸栄丸では活きイカパックを1杯目無料でやっています。こういうサービスは良いですね。釣りファンの間口を広げることにも繋がると思います。

しかし・・・家に帰ってきて、子供らに生きているイカ見たい?と言って開けると・・

11

墨を吐いてご臨終でした・・・crying。そんなに揺らしたとは思えんが・・

まあものは試しと思って持ち帰るに留めておいた方が良いでしょう。

刺身はコリコリしてヤリイカらしい旨さです。

12


大原釣りフェスタの3000円割引券も5月末で期限切れです。

大原だったらイサキかな~。

 

 

 

| | コメント (4)

2013/05/03(金) でかっ!太海のマルイカ

太海・聡丸 マルイカ18 

5/3は子供バスケの親父つながりで船釣りに誘われました。釣り物は決まっていなかったので、今時期が旬のハナダイ、鹿島フグ、マルイカ、東京湾カサゴを提案するとマルイカがいいとの返信。マルイカ・・ですか・・、今まで良い思いしたことないんだよな~ちょっと苦手な釣りですcoldsweats01

内房の勝山マルイカはスッテをズラッと携え、タングステンシンカーを使う強者が多いため気が引けます。少しでも初心者に優しい外房マルイカにしました。参加者は一つテンヤが好きなイトウさん(釣り歴は長いベテランです、但しマルイカは初めてとのこと)、つきあいで船にちょくちょくという感じのオチアイさん(貸し竿で参加)、私の3名です。

交通費 行き 松ヶ丘IC~姉崎袖ヶ浦IC ETC割引500円 鴨川有料道路200円 帰り 鴨川有料道路200円 姉崎袖ヶ浦IC~松が丘IC400円 走行距離往復190km 

乗船料 10,000円 氷付き 

タックル 

one リーディングXA73Ⅱ フォースマスター1000 PE1号 おもり50号

two 極鋭ゲームセンサー165 カルカッタ101 PE1号 おもり50号

を用意しました。

4時半出船のため2時半前に出発。コンビニ込み4時チョイ前に着きましたが駐車場はほぼ一杯です。今日はデジカメ忘れたためthinkケイタイのカメラで撮影です。

01

左舷ミヨシ側2~4番を指定され、準備をしているとナンと、マサキさんから声を掛けられました。聞くといつも悔しい思いをしているのでタックルを新調して来たそうです。マルイカAGS・・気合い入っていますねcoldsweats02

仕掛けはどれが良いか聡船長に聞くと小さいのも混じるから直ブラが良く、PE1号だったら錘は50号から使ってみてと言われました。

出船する頃には明るくなっています。港からすぐそばをゆっくりと探索しています。

02

イトウさん

04_2

オチアイさん

03

30分以上たったでしょう。やっと釣り開始です。水深53m。

最初、リーディングX73で開始したのですが、あたりがさっぱり分かりません。

極鋭にスイッチしてやってみました。ククッと竿先がもたれる時には既に遅し、最初のクッで合わせなければなりません。うーんやっぱり難しい。

水深があるので、フォースマスター1000を極鋭に付け替えました。ちょっとでかいですがやっぱ電動バンザイcoldsweats01、チョー楽です。早く発売されないかなフォースマスター400。4月中旬に予約しましたがまだ音沙汰なし。

06

その後はポツポツ。流しの最初の着底で外すとその流しはもう掛かってこない感じでやっぱり最初が勝負です。

あたりを見るとスッテはクリア系が良さそうなので、仕掛けを変えました。昔作った直結+直ブラ仕掛けです。

神経を集中して、ビシっと合わせ、スカッや掛かった~、ブツ・・ガクッ外れた~が多かった。

中盤スゴイ重い引きで50cmクラスのマルイカが上がってきました。

聡船長に写真を撮ってもらいましたが、これホントにマルイカ?と聞いてしまいました。

0503maru12

その後もポツポツで、着底即ノリを外すともう次の流しまでお休みという感じが続きました。最後の方は深くなって79mまでやりました。

11時過ぎ終了。

いつもの通り数的にはイマイチでしたが、でかいのは引きが強くて面白いです。

10

その他、ちいさいのが半分くらいですが、充実感がありました。

11

イカ類は真水に浸けないのが旨く食べるコツですが、マルイカは墨で汚れるんですよね。

以前、聡船長に気になるんだったら海水で洗うといいといわれたのを思い出しまし今回2Lのペットボトルに汲んでおきました。

捌いている途中はキッチンペーパーで拭き、最後にタッパーに海水を入れて洗ってみると

13

墨が取れて良い感じです。次もこれですねgood

デカマルイカは薄くそぎ切りにしました。口当たり良く旨い~です。

15

同行のイトウさんは合わせがさすが上手でした。普段テンヤマダイのような穂先を見て合わせる釣りをやっているからなのでしょうか。私も一つテンヤ、ようやく手を出すかと思い始めていますcoldsweats01

| | コメント (2)

2009/05/01(金) マルイカ好調アタリ多いけどゲットならず(^_^;)

太海・聡丸 マルイカ23 

4/27釣行の翌日はマルイカ爆釣!このまま他の釣りものに移るのも心残りなので連休初日はマルイカ再チャレンジすることにしました。

聡丸は午前船は既に満員なので、初めて午後船を予約しました。

交通費 行き 松ヶ丘IC~姉崎袖ヶ浦IC ETC割引500円 鴨川有料道路200円 帰り 鴨川有料道路200円 姉崎袖ヶ浦IC~松が丘IC400円 走行距離往復190km 

乗船料 9,000円 氷付き 

タックル 

one リーディングXA73Ⅱ 電動丸600H PE2号 7cmウキスッテブランコ 7cmおっぱいスッテブランコ おもり60号

two 極鋭ゲームセンサー165 ダイナスター150 PE1.5号 直結直ブラ おもり40号

9時四街道出発いつもより1時間多く見積もり11時過ぎに現地到着。コンビニで買い物してちょうど良い時間でした。駐車場に着くとおかみさんが午前は全くダメだった、4/30午後から調子悪いよ~とのこと。また外しちゃったか~crying

午前船が戻ってくると釣り客はみんなシブイ顔して帰っていきました。見送るおかみさん、若おかみも申し訳なさそうsad

12時出船午後船も傾舷7名の14名。天気良く波も穏やかなので酔い止めは飲みませんでした(これが失敗)。30分くらい走って27日と同じ場所で岬周り、水深30m前後です。タックルは2つ持ってきましたが、釣り場を聞いておいて浅場だったらtwo だけで良いでしょう。

1

最初はone タックルで投入しました。早速1杯ゲットしましたがその後は続かず。舳先で聡船長が直結タックルで始めました。メリタリヤ73-160と手巻きリールで先糸がリール内まで巻き込んであり長そうです。早速船長は順調にゲットしていきます。

1_2

たまらず私も舳先にあがりtwo タックルで聡船長の横でやることにしました。仕掛けは去年つり丸に載っていた上3つが直結、下3つが直ブラの仕掛けです。シャカシャカ叩いてジーっと待つとクンクンとアタリがありました。船長よりゆっくり巻いてばらさないようにとのアドバイス。

しかし海面から取り込みまで距離があるので途中でポトッと落としてしまうことしばしば、元の釣り座を片付けて釣りをすることにしました。このあたりからだんだん風が出てきてチョイ揺れが出てきました。なんだか船酔いの予感~。釣れていれば船酔いなんかすぐ忘れるだろう大丈夫と思っていましたがだんだんdown

道糸がリール内で絡まってしまいました。ブレーキもっときつめにしておけば良かったと思うも後のまつり、ほどこうとあれこれやっていたらプツンと切れて仕掛けがサヨナラ~OHsign03NOsign03がっくりです。直結はこれ1セットしか持ってきていなかったので直ブラに替えました。ところが掛けづらくペースが上がりません。酔いも手伝ってうーん戦意ダウン。今更ですがアネロンを飲みました。

タクチャンはtwoウキスッテ仕掛けのみでやっています。べた底弛ませ釣法でボチボチあげているので私もそうすることにしました。

後半また活性が上がってきて落とせば乗るという感じでしたが上手く掛かりません。掛けたと思ってもブツッと外れることも多かった(船長に聞くとこれはツノから離れるときだそうだ、つまりもう遅いってこと)。

17時終了。アタリ頻繁でしたが、掛からず、また身切れ、取り込み失敗で数が伸びませんでした。

タクチャンはウキスッテ弛ませ釣法のみで40杯、聡船長は90杯だったそうだ。私的には今までで一番釣ったのでまあまあです、またマルイカ直結初体験も収穫でした。

1_3

次回(もう1回行けるかなー)への反省としては

・リールのブレーキは適正に。ライントラブルは大幅時間&コストロス。

・当日の水深を事前確認してタックル準備を行う。30m程度で電動は不要。タックルが多いと釣り座がゴチャゴチャになりトラブルの元。スマートにしたい。

・船長曰く、慣れたら直結の方が直ブラより掛けやすいとのこと。確かに掛けたという楽しさも直結の方が味わえます。波があるときはウキスッテでやるしかありませんが。外房は直結かウキスッテが良いかも。

その他 イカのスミが気になると聡船長に聞いたら、「真水で洗うのは良くない。ペットボトルに海水を持って帰るか、塩水で洗っても良い」とのことです。

マルイカにはまる人が多いのも頷けます。熱くなりますよね~(^_^;)。

| | コメント (6)

2009/03/01(日) 寒空、雨ヤリイカ ぼちぼち

江見・渡辺丸 ヤリ14 スルメ2 マサバ1 アジ11 ゴマサバ4

3月一杯まで仕事が忙しくなる。金曜の晩に部長より「今週末が最後の土日かな~ゆっくり休んでね~」なんていわれたもんだから、釣り行っておかないと!給料3%カットは変わらないのが(-_-メ)ですが、世間じゃ一時帰休を既にはじめている企業もあり仕事があるだけありがたいと思った方が良いのでしょう・・sad

今回は急に思い立ったので1人釣行です。いつもの聡丸は既に満員、勝山の船もどこも満員。小湊沖がヤリの漁場みたいのなのでTELするとこちらも満員。ヤリイカはどこも人気ありますねー。フグは全然だし、鹿島のライトメヌケにちょっと惹かれましたが、やっぱりヤリイカとマサバが恋しい。リレーでやっているところを探し太海のとなりの江見の渡辺丸にTELすると空いてるよとのことでようやく決まりました。

早く起きたので四街道を2時00分に出発して3時30分に現地到着。鴨川有料を過ぎた頃から雨がポツポツ・・えっ今日は雨の予報だっけ?。集まった釣り客も今日はくもりじゃなかった?などと厳しい釣りの予感にちょっと戦意喪失down。計10名集まり、私は右舷ミヨシから2番目です。

P30103081 

交通費 行き 松ヶ丘IC~姉崎袖ヶ浦IC ETC割引400円 鴨川有料道路200円 帰り 鴨川有料道路200円 姉崎袖ヶ浦IC~松が丘IC400円 走行距離往復190km 

乗船料 10,000円 氷付き Fサビキ付き  

タックル リーディングXネモノ205H 電動丸3000BM PE5号 Fサビキ 仕掛け船宿サビキ おもり150号 ヤリイカ ブランコ11cmプラ角6本 おもり150号

5時過ぎ出船。本格的に雨が降っていますrain。風もありそうtyphoon

P30103091

40分ほど走って最初はクロムツ狙い水深100m・・・が全く反応ないため一流しで終了。イカとアジが混ざるポイントへ移動となり私は少し魚が欲しいのでサビキをやっていると25cmくらいの中型アジがポツンポツンと掛かります。追い食いなく巻き上げを躊躇しますがあまり粘っていてもバラシてしまうので巻き上げ結局11取れました。最後の方ではサビキにヤリイカが掛かってくるようになり船長はヤリの模様が良いようだから移動してヤリにしましょうとアナウンス。

8時頃 次はヤリイカ 小湊沖まで来たようです。広範囲に釣り船がたくさん。もう全部釣られちゃったんじゃいの~と思うくらいの船の数です。

11cmツノ6本、とりあえずサバも欲しいので半ブラは使いません。

しっかり誘うとポツンポツンと釣れますが、前半は1杯掛けがほとんど。しばらくしてズンと重くなり、3杯掛けの予感。途中からブルブルとなり、サバにやられた~。とがっかりしていたら良型マサバとヤリの3杯掛けよっしゃーpunchと気合を入れてしゃくり上げますが、続かずdown

P30103111

P30103101 

最後の方ではゴマサバが4つ付いてきてツノがひん曲がってしまったので、半ブラ仕掛けにチェンジ。

最後の一流しで吉と出るか凶と出るか、半ブラ仕掛けsign01

仕掛けが上がった人から片付けてください。とアナウンスがありもうダメかと思ったそのときズンズンときました。

やったね半ブラ仕掛けで3点掛け。半ブラ仕掛け、イイんでないかいflair

終始雨で厳しい釣りでしたがヤリのサイズはまあまあで終わってみれば楽しい釣りでした。渡辺丸ののんびりした雰囲気がそうさせるのでしょうかね~。

P30103131

良型マサバおいしそーhappy02

P30103171

マサバ半身は刺身にして、もう半身は翌日の朝食にシメサバでいただきました。

マサバもヤリもアジも旨かったーgood やっぱリレー釣りが一番です~。

P30103191

| | コメント (2)

2008/4/30(日) ヤリイカちょっと上達?

太海・聡丸 ヤリイカ40 ムギイカ3 アジ1

前回の釣行からわずか一週間の釣行であるが、「上達するにはちょっと根詰めてやらないとダメなんだ。自転車だって最初は一生懸命練習するけど、一回乗れるようになればしばらく乗らなくたって乗り方忘れないだろ」と、かなりムリな理屈をつけてカミさんの了解をとりつけた。(でも結構本気です。)

今回は太海の聡丸、前回の釣行ではおまつりによるタイムロスが結構あった。そのため船中のおまつりをほどいて回ってくれる助手付きの聡丸だったら釣果がのびるのではと思い予約した。状況によりFサビキもやるのでキンメ、アジ、マサバが期待できるし。

四街道1時出発コンビニ込み2時30分に到着。私が予約したときは7名だったが結局11名集まった。当日はヤリイカ一本。今日は御宿沖とちょっと遠いので仕方ないですね。しかし鴨川まで来たのにまた戻るなんてちょっと複雑。明日からまたガソリン値上げだしgawk。今回ご一緒はS松さんと久しぶりのタクちゃん。 

Rimg17841_4 Rimg17821

交通費 行き 松が丘~君津IC ETC割引750円 房総スカイライン夜間0円 鴨川有料道路200円 帰り 鴨川有料道路200円 房総スカイライン300円 君津IC~穴川1250円 走行距離往復200km

乗船料 10,000円 氷付き 下船後おこあ・お茶付き  

タックル 竿 リーディングXネモノH リール タナコン500Fe PE5号 400m(おもり200号でサビキをやるかもしれないのでネライではなく、ネモノをチョイス)

仕掛け プラツノ(たまご針)11cm 下から3番目に赤白スッテ 計6本 幹糸6号 枝糸3号枝間130cm 枝糸11cm 3セット準備 おもり150号

3時40分頃出船。御宿沖までは約1時間。4時50分到着。前回ほどじゃないけど今日も釣り船がたくさん。最初はサバ攻撃に備えて直結仕掛けをセット。

Rimg17881

朝焼けがきれいだなー。

Rimg17851

潮回りをして開始時間まで待機。なんだか大会みたいでドキドキー。

何度か潮回りをして5時開始(協定らしい)。着底後すぐに乗ってきた。やっぱ直結だよなと思ったら、なんとsign01今日はサバはお休みらしいgawk。2杯を取り込んだが、サバ攻撃がなければブランコの方が取りこぼしが少ない。1流し目で6杯ゲッツした。(後の釣果欄では1流し目が良く乗ったらしい。ここで数をかせげれば良かったのだが)

その後は終始ポツポツの乗り。多点がけはなく、もうこの周辺はだいたい釣られちゃったのかなー。さらにしっかり誘わないと乗ってこない。ノリノリタイムでもないのに誘い続けるのはツライなー。そういうときはロッドキーパーに竿をセットして、シャクリ機能。今日も多用しました。シャクリ待ちの時に竿先がくーん、くーんとなるのでわかりやすいです。疲れて誘っていたら分からないでしょう。2段シャクリ、巻き上げ1.5m、3秒待ち設定が良かった。それでも終始ポツポツ。

Rimg17941

大ドモに聡船長。参考になる釣り方してないかなーとチラチラ気になっていました。

今日は聡船長も大ドモで竿を出している。市場に卸すんでしょうかね。聡船長に誘い方を聞いたら大きい方がいいと言っていました。

棚は100~120m。今日も潮の流れは早そうだったが、おまつりはほどほど。両隣くらいですね。大船長が「(道糸のテンション)張りながら落として!!おまつりするよ」としつこくアナウンスしていたのが良かったのかな~。

ヤリイカのヒットゾーンはやはり底付近が多かったのですが、時間によってはかなり浮いていた。シャクリ機能をONにしてriceball食べていたら、(ぼうっとしていたので)底から25mまで巻き上げてしまい、そこであたりsign01。えっ?と思ってまた25mまでシャクったらまたあたり。計3杯くらいの良型をゲットしました。乗りがシブイ時はこんな上まで誘っても良いかもしれません。

Rimg17961

今日は良い凪でした。

9時半くらいちょっと小型でチョイ乗りタイム。やっと5点がけしましたー。

Rimg17921

10時15分終了。43杯とりました。両隣のS松さんとタクちゃんは20数杯だったので結構がんばった方だと思います。ミヨシ側でも結構釣った方だと思うけどなー。

Rimg17981

26日から会社は休みです。ひげが気になる~。

********************************************************************

前回と今回の釣行を合わせてやはり有効だったのは

・潮回り後、一番乗りに仕掛けを落としても乗らない。慌てるなんとかはもらいが少ないなんてことわざがあったっけ。

・乗ったらゆっくり手巻き5m。それから電動巻き上げ開始。一杯かかった後に追い乗りしてくるケースが多い。いっぺんに多点で付くことは少ない・・と思う。

・巻き上げ時はロッドキーパーにセットするが、受けにバットを置かず手でもって船の揺れをしのぐ。(途中でばれることがある、ブツッとばれたのが分かる)

・巻き上げ途中(70mくらい)でイカの乗りが分からなくなった場合、巻き上げ速度を下げて乗っているか確かめる。水面まで上げてきて乗ってなかったら時間がもったいない。今回上げてきて乗っていないということはなかった。

・フォール&ストップで乗ることは無かった。

・仕掛けの中間に赤白スッテはあった方が良い。乗り渋い時間でもスッテだけに乗ってくるときがある。

・ツノの色は傾向がなかった。私はたまご針11cmのケイムラ(クリヤ?)、薄紫、薄青、ピンクを適当に。

・竿はネライ2.4MよりネモノHの方が乗った、ばれたのダイレクト感が分かりやすかったかな。どっちでも釣果には影響ないでしょう。(道糸を6→5号にした効果かもしれません。追々確かめます)

********************************************************************

ちょっとは上達したかなーhappy02

Rimg18001

恒例のイカ刺し。作りすぎ?半分はおばあちゃんの家へ。

Rimg18121

イカメシも美味しくできました~。(私が作ったのではありません。)

Rimg18171

イカを干してまーす。でかくて旨そー。

今回はぴーぴーさんにちょっとお裾分け。逆にカレイ貰っちゃってすいませんね。煮付けで頂きま~す。

| | コメント (14)

2008/4/23(水) (^^)/ヤリイカ好調でした!!(自分にしては)

大原 鈴栄丸 ヤリイカ 48 ムギイカ 1 マサバ2 アジ1 

今回は代休を取っての一人釣行。直前まで何にするか決めかねていたけど、kazuさんやコウチンさんを見習って自分は今の時期イカにこだわってみよう。年明けからヤリイカ3回目、もうそろそろイイことあってもいいよねnote

大原・鈴栄丸の釣果欄を見ると22日は束(100)釣り情報ありとのこと。大原だったら下道で1時間半、即予約を入れた。
四街道1時出発、季実の森→大網→茂原ルートで2時20分に着いた。船宿前の看板を見るともうのこり2席。
左舷は相性悪いんだよなー。といっても始まらないのでミヨシを選択。

Rimg17411

もう2席しか残ってない・・・

交通費  ガス代のみ 走行距離往復140km

乗船料 11,000円 氷付き 

タックル 竿 リーディングXネライ2.4M. リール タナコン500Fe PE6号300m  おもり150号

仕掛け ヤリイカ プラツノ11cm 下から3番目に赤白スッテ 計6本 幹糸5号 枝糸3号枝間130cm 枝糸11cm

3時を過ぎると常連さんらしい人たちがポツポツ到着。左舷ミヨシに釣り座を構える。一番端と思ったら、さらに大ミヨシの方がいた・・。今日は満員の13名での出撃。

右舷の場合は左側に竿、右側に投入器だが、今回は逆にセット。取り込み時の勝手も逆なのでイメージを合わせる。

Rimg17431

今日のセッティングはこんな感じ

3時50分出船。約1時間ほど船は沖へ(後から聞くと興津沖手前くらいとのこと)。空はうっすら明るくなってきた。釣り座に寝っ転がっていたが起きて周囲を見渡すとスゴイッsign03船の数sign03。外房中の船が集結かー。よくテレビで見るメジャーなヨットレースのスタート風景を連想しましたよ。あららこんなに競争率高いんじゃダメかもといきなり弱気down

Rimg17441

写真じゃ分かりにくいかもしれませんが、みんなびっくりですよ。こんなに船が集結するなんて~。

しばらく潮回りをするとハイイーヨーの合図。おもりをぶん投げ投入すると水深110mのはずが70mくらいで強力なサバブロック・・仕掛けが落ちません。どうしようもないので巻き上げるとゴマサバの一荷・・6本針にみんな付いている。ツノを壊さないように丁寧に外した。周りもサバブロックの被害に萎えているが、運良く底まで落ちた人は多点がけしている。

そのうちようやく底まで達すると、達したとたんサバとは違うグイーングイーンというイカの引き。ムフフ来ました来ました。やっぱ昨日の釣果のとおり群れは濃いかも。巻き上げると良型ヤリイカ3点がけ。やったねhappy01

しかし今日は潮がカナリ速いらしくおまつり連発。こればっかりは仕方ない。一緒に乗船した方はトモのグループの方を除いて皆さん慣れている様子。投入時も道糸にテンション掛けながら、きちんと底を取っているにもかかわらずおまつりですからね。

その後はだんだん底に落ちるようになってきたが、今度は巻き上げると途中でサバの攻撃を受けて、イカがサヨナラするようになってきた。

ゆっくり手巻きして追い乗りをまって多点がけを心がける。オッ乗った~。ゆっくりゆっくりと途中からめちゃくちゃ重くなってきた。ドラグはチョイ強めだが。チッまたおまつりかよ~。「すいませーん、だれかおまつりしてますか~」と声をかけるも「してないよー」の返事。おかしいなーと思ったら、なんだかイカがいっぱい付いてる~タハハ~やったね5点がけ~scissors

Rimg17461

今日のイカは乗りが良い。がっちりツノにくっついている。おまつりを外して道糸のテンションが緩んでも外れないときが結構あった。

8時くらいになると単発が多くなってきた。さらに疲れも。初老の常連さんは座って竿をチョイチョイと動かす程度だが、私はふらふらしながらもシャクリまくり。
巻き上げ時もキーパーにセットするが置き竿にしないで竿は手で支え、うねりをかわすようにしたので結構疲れる~。

Rimg17501

疲れてきましたー

日が照ってきてだんだん暑くなってきた。10時前くらい再びノリノリタイム。またまた5点がけ~。がんばるぞーと気合を入れたら、指が攣ってきた。踏ん張っていたのでさらに足の指も~。指が突っ張って取り込みがめちゃくちゃー。

10:45沖上がり。今日の水深は100~150m。底は砂地かな。根掛かりは全くなし。

釣果は私は49、左の方は42、後ろの初老の常連さんは60だったとのこと。体力的には私の方があると思いますが、やはり経験の差ですかね。少ない労力で最大の効果を上げる。うーんこれからの課題ですね。

Rimg17511

重たーい。楽しかったーnote

しかしこの群れにはいったい何杯イカがいたんだろう。たぶん100隻以上の船がひしめきあって、1人平均40杯、1隻に10名とすると、なんと40,000杯以上sign03、しかも前日も大漁。そんな海の底ってどんなだろう。イカのパラダイスなのかなー。

帰りは同じルートでちょうど2時間、14:00着でした。

今回の釣り方および反省など

・朝の時点でサバを避けるために直結を使うか迷ったが、ブランコのまま通した。直結だったらどうだったか

・潮回り後、急いで仕掛けを落としても乗らないことが多かった。朝は投入が早い人ほどサバの餌食に。

・乗ったらゆっくり手巻き5m。ずんずん重くなってきたら巻き上げ開始。

・巻き上げ途中(70mくらい)でイカの乗りが分からなくなった場合、巻き上げ速度を下げて乗っているか確かめる。水面まで上げてきて乗ってなかったらもったいない。

・底から10mシャクって乗らなかったらまた底までおとしてシャクる。フォール&ストップで乗ることは無かった。

・仕掛けの中間に赤白スッテはあった方が良い。乗り渋い時間でもスッテだけに乗ってくるときがある。

・ツノの色は傾向がないとおもう。私はたまご針11cmのケイムラ(クリヤ?)、薄紫、薄青、ピンクを適当に。

・仕掛けは3セット使った。仕掛けのよれを考慮するとこのくらい準備したほうがいい。

・ツノを替えるときは予めハリスは付けておく。船の上じゃタイムロス。

・乗りの悪い時間は無理しないで休むべし。ノリノリタイムに全力投球。

・シャクリ機能は積極的に使った方が良かった。竿先を見ていると乗りが分かりやすい。

・シャクリ機能の設定は2段、2m、3秒待ち。停止時間は気持ち長め。

・竿は長い方2m以上がバレが少ないと思う。凪の日でも今日のように他船が目の前を行ったり来たりする状況では引き波でドンブラコ。

今回は釣果が良かったので近所にお裾分け、さらに仙台の実家と喜んでくれそうな松子さんちへ送りました(やっぱりマダイばっかりじゃねーhappy02)。しかし生のイカなんて送ったことないので梱包がよく分かりません。魚屋さんでは氷の上に並んでいるよな~。ネットで調べていたらカミさんに「そんなの悩んでいるより早く送った方が良いんじゃないの?」「7時までは今日扱いで明日の午前中までに届くってさ。それより冷蔵か、冷凍かどっちにするか。」「冷蔵だったら氷が溶けちゃうでしょ!」というわけで冷凍にしましたが、実家にTELしたら「カッチンコッチンで届いたよdownwardright」と母親。やっぱ冷蔵だったか~。朝ご飯に昨日の残りのイカ刺し食べたけど今日の方が旨いくらいだったし。一体どっちが良いのでしょうか。

Rimg17571 Rimg17621

もう疲れて刺身が精一杯。マサバは良い型おいしそー(料理できなかったので冷凍)。アジは小型でしたが、刺身にしたらすんごい美味しかった。

コウチンさん、7月(マダイ布良沖解禁)までは軟体動物にしましょうよ。マルイカ最盛期はもうそろそろですかねー。

| | コメント (10)