カテゴリー「釣り 夜クロムツ」の記事

2012/12/27(土) ジョーズ来襲 勝山の夜クロムツ

勝山・萬栄丸  クロムツ24 アジ2 クロシビカマス1

ぴーぴーさんにお誘い頂き 1年ぶりの夜クロムツです。今回は逆潮さんとマサキさんと一緒です。マサキさんとは年末夜キンメでご一緒する予定でしたが風で出船出来ず今回初めてです。

交通費 行き帰り 松ヶ丘~鋸南富山 1050円 走行距離往復160km 

乗船料 13,500円 サバ短・氷付き 

タックル ネルビオⅣ 180 ビーストマスター3000 PE5号300m 仕掛け ムツ17号 3本針 自作仕掛けと船宿仕掛け

今回も逆潮さんは前日に港に行って席キャップを取りに行ってくれました。ありがとうございます。

1時にぴーぴーさんに家まで来て頂き2時半頃到着。ちょっと風が強そうです。

3時過ぎ受付を済ませ乗船、右舷トモから3番目の席に釣り座を構えました。

マサキさん、ぴーぴーさんからお菓子をもらっちゃいました。

01

程なくして逆潮さんも到着、北海道まで釣りに行っていたそうで道内限定のおみやげ頂きました。席まで取って頂きホントは私が用意しなければイカン、反省です。ガラナコーラみたいな飲み物。はまりそうです(^_^;)。

02

出港してから約1時間、いろんな話をしながら過ごしました。

05

エサのサバ短冊が渡されます。仲乗りの番ちゃんが途中釣れたサバを短冊にしてくれます。新鮮な方がエサ持ちが良いです。
08

釣り開始。海中でくるくる回らないようにエサは1回ちょん掛けです。

06

水深95m 釣り開始。着底後1mは底を切ってというアナウンス。しかし最初はサバサバサバ・・

移動後、結構暗くなってからグングンというサバとは違う引き。全開巻きしてやっと1匹ゲット。サイズは小さめです。

ネルビオ180Ⅳはこの釣りにはベストマッチですね。短竿で取り込みがしやすく、感度良、粘りも良いと思います。

10

その後、着底後2m巻き上げ、上の針にかかるというパターンが多かったです。仕掛けを落とすとき底近くなったらゆっくりにして落とし込みであたりを狙います。釣れない場合はちょっと待ち、それでも釣れない場合は10mくらい巻き上げてゆっくり落とし込むとかかるというパターンがほとんどでした。竿の上げ下げではハリスが長いので誘いにならないと考えます。ダブルはなし、というかかかったら即巻き上げしました。スミヤキにやられるかもしれないので追い食い狙う余裕がない状況です。

逆潮さんはさすがベテランの味、順調に数を伸ばしていきます。

11_3

しかし今回参ったのが、スミヤキとサメ。仕掛けを4組、おもり4個用意したのですが、スミヤキに3回、サメに2回やられてしまいました。

150号おもり400円、仕掛け3セット800円なので他で買うよりは良心価格なのですがそれでもイタイ~。

私は見ていなかったのですが、トモの方で海に浮いていた海鳥(多分カモメ?)にサメが襲いかかり一瞬で食べてしまったそうです。こわーcoldsweats02

飲み物、お菓子類一切食べる暇なく9:50頃風のため終了。波、風強くキャビンに強制退去です。キャビンの出口にオケが置かれ吐く人はこれに吐いて、キャビンからはでないでようと番ちゃんから指示が出ました。自分はお世話にならなくて良かったですが、ゲーゲーやっていた人は気の毒です。

1時間後入港すると雨が降っていました。

12

自分としてはクロムツ24で自己最高記録です。

13

アジ2匹

15_2

クロシビカマス1 まあまあサイズ。別名にっくきスミヤキですが食べたらとっても旨い。刺身となめろうにしようかな。

16

以上、逆潮さん、マサキさん、ぴーぴーさんお疲れ様でした。

| | コメント (0)

2011/09/08(木) 涼しい夜に熱くなるクロムツ釣り

勝山・萬栄丸 クロムツ11 アジ9 サバ1 スミヤキ2

東電の電力規制の関係で逆潮さんも平日釣行が可能となったので、夜クロムツにご一緒指させて頂くことになりました。平日だから空いているかと思ったら満員御礼。人気ありますね~。

交通費 行き帰り 松ヶ丘~鋸南富山 1050円 走行距離往復160km 

乗船料 13,500円 サバ短・氷付き 

タックル ネルビオⅣ 180 ビーストマスター3000 PE5号300m 仕掛け ムツ17号 3本針 自作仕掛けと船宿仕掛け

なんと逆潮さんは水曜の帰宅時に港に行って席キャップを取りに行ってくれました。
気合い十分ですcoldsweats02
14時半過ぎに港に到着。もうほとんどの人は集まっていました。
逆潮さんからこの竿使ってみないと勧められたのが、シマノのネルビオⅣ180。この錘クラスの短竿は持っていなかったので興味があり、お借りすることにしました。持った感じは軽くて感度良さそうです。

Before_fishing01

出船1時間後の5時頃になって減速、ようやく到着。うろうろしてなかなか始まらないなあと思っていたら、逆潮さんから職漁船が付いてきてるからまだやらないんだよと教えてもらいました。

Bikouo
職漁船にポイントが知られると荒らされてしまうので、周りを確認してから釣り開始のようです。海の上は職漁船にマークされ、海の中はサメに邪魔され大変な釣りです。

潮の流れは速そうですが、風強くなく良い釣り日和です。今日こそは早上がりなしでしょう。
水深は100m前後、最初はサバがたくさんかと思ったら、ムツもサバも反応なし。
まあ、まだまだ始まったばかりと思っていたら日が暮れるまで魚信なし。

Mtfuji

やっと来た!全開巻き~、ブルブルと予想通りサバ・・

しばらくしてゴンゴンのあたり!結構な重量感!上がってきたのは
今日イチの40cmサイズのクロムツ。棚は底から5mくらい、浮いているのかも。
ベタ底はアジが掛かってくるようです。

その後続かず、逆潮さんも今日はだめだな~とちょっとテンション下がり気味です。
19時過ぎ 船長は移動をアナウンス。キャビンに強制避難です。
30分以上走ったと思います。外に出ると明かりが近くに見えます。富浦沖のようです。

Mid

逆潮さんから湾内はスミヤキ(クロビシカマス)が多いんだよね~。と言われ道糸切られたらヤダナーと思っていたら、ぐんぐんとあたりがあったので全開巻きすると海面近くでウネウネしているのが見え抜き上げるとやっぱりスミヤキでした。

その後はポツポツのあたりながら時合い到来です。逆潮さんは棚を常に意識しています。上の針で食った、下の針で食った、棚を意識しているのは見習うべきと初心に返りました。
(最近慢心して適当でした)
誘いに関してはハリスが長いので竿をちょっと動かしたところで針には伝わらないだろう。
巻き上げて落とし込むとかしないと誘いにならないとの意見で私も賛同です。↓逆潮さんの後ろ姿。そのTシャツどこでかったの~と助手の人に聞かれてましたhappy02

Bousou

ネルビオは感度良く、掛かったのが分かります。クロムツの場合そのまま合わせるとスカッと手応えなし。アレッと思って巻き上げるとググンときます。食い上げているんでしょう。

3本針にスミヤキ、クロムツ、アジの一荷なんてこともあり、楽しく釣りが出来ました。

Ikka
定刻22時半終了。6.6Ahリチウム電池の残量はランプ3/4でまだまだ十分残量ありました。中深場でも容量十分とおもいます。

船の上ではクロムツ9と申告しましたが、家で数えたら11でツ抜けしてました~。

Resultkuromutu

Aji

Sumiyaki

翌日は昼過ぎからのんびり捌き始め、晩ご飯に何とか間に合いました。
クロムツ、アジの刺身とアジフライで頂きました。大満足です。

Sasimi

Ajifurai

| | コメント (2)

2010/07/03(土) 大荒れ勝山の夜クロムツ

勝山・萬栄丸 クロムツ1 アジ1 サバ2

逆潮さん、ピーピーさんから夜クロムツに誘われ4年ぶりに行くことになりました。

交通費 行き帰り 松ヶ丘~鋸南富山 1000円 走行距離往復160km 

乗船料 13,500円 サバ短・氷付き 

タックル アルファタックルPowerTip 230/120(通販で1万円くらい) ビーストマスター3000 PE6号250m 仕掛け ムツ17号 3本針 自作仕掛け

4時半出船のため1時15分にピーピーさんの家によって2時半に港に着きました。すでに逆潮さんが着いており、はじめましてご挨拶です。逆潮さんによるとわれわれはビリで右舷の2席と左舷ミヨシしかありませんでした。みんな気合入っているなー。

Syusenmae

時間まで逆潮さんと歓談、気さくな方でした。釧路にはもう3度もいったそうです。私も行ってみたい。

席の準備をしているとピーピーさんがキーパーのクランプヘッドを忘れたーcoldsweats02

Pipi

船長から借りれてラッキーでした。私は予めクランプつけてリールも電源コードつけて、ガイドに糸を通してサルカンまでセットしておきます。なじみの聡丸はすぐに出港なのでこうしておかないと揺れる船で準備するのは大変なんでよね~。癖になっていますcoldsweats01。ところで最近はジョーズの襲撃はないそうです。それだけでも良かった~。

Saya

ちょっと早めに出港。1時間くらいしてようやくつきましたが、予報が悪く、もしかしてこのまま帰るかも。

だめだだめだ、帰りの準備してとアナウンス。なんと、ここまで来てお帰りとは残念。と思ったら、ちょっと待って~。また変わってきたから。と判断が微妙な状態のようです。

しばらく待って予報が良くなり、つり出来そうです。一流し一斉投入で遅れたら、投入できません。緊張の釣りですね~。

暗くなるまでサバかアジのみ。良型サバが掛かってきたので2匹キープです。その他は桶に入れておいたら、助手の人がサバの短冊作ってくれました。やっぱり新鮮なえさは持ちがいいです。

Saba

暗くなって前から3番目の人がクロムツを釣りました。続けとがんばりましたが、あたりなし。急なかけあがりで110mくらいから85mくらいまで。根がかりあり錘2個ロスト。

しばらくしてゴンゴンときました~。ようやく1匹ゲット。35cmくらいの良型です。

その後あたり、あったような、ないようなで20時半風のため早上がり。

Totyuu

厳しい釣果でした。もう一回行きましょう。次は8月かな。

Tyouka

クロムツの炙りです。。ネットの記事を参考にバーナーで炙った後は水で湿らせたキッチンペーパーを被せて荒熱を取りました。水につけるより旨みが逃げなそうですね。

Aburi

| | コメント (4)

2006/8/17(木) ジョーズと対決、州崎のクロムツ

勝山 萬栄丸  釣果 クロムツ5

とうとう念願のクロムツである。クロムツを釣りたいがために電動リールを買ったようなものである(だったらもっと早くイケと言われそうだが)。今回はタクチャンと2人での釣行。夕方4時半出船だが、お盆休みで混んでるかもしれないので四街道を12時過ぎに出発した。しかし全く渋滞に遭わず1時間半少々で着いてしまった。これなら夜でるのと変わらない。

Maneimaru 萬栄丸は先着順に座席札を取るシステムで既に2名の座席札が取られおり、我々は初めてなので右舷操舵室近くの札を取った。近くの食堂で昼食をとりしばし休憩するも、時折通り雨が降ってきてヤナ予感。3時半受付開始。今日は8名とのことで空いていて良かった。大きい船なので広く使えそうだ。

出船後すぐに仲乗りさんがきてレクチャーを受けた。「明るい時間は底から2m、暗くなったら3~5m」ここまではふつうだが、「ドラグは思いっきりきつく締めろ。」「誘いは無用、最高速で巻け」とか今までの釣りの経験とは全く違う印象を受けた。餌は塩漬けのサバの短冊を一握り渡された。

仕掛けは萬栄丸HP通りの自作。今回は4セット+ハリス6を準備した。1時間くらい沖にでたところでGOサイン。水深90m 着底後2m巻き上げ待つと早速ビンビンと明確なアタリがあった。ミヨシの常連さんはのんびり弁当を食べている。おそるおそる最高速で巻くと途中でドン!とリールが止まって竿が折れそうになった。なんだこりゃーと思った瞬間竿がビン!と元に戻った。巻き上げると一番下の針とおもりがなかった。これがサメの仕業か。。。仕掛けを交換して再投入すると、ミヨシの常連さんにヒット。手巻きサポートで渾身の力を込めて巻いている。あっけにとられて見ていると50cmくらいのハチビキがあがった。あんだけしないとゲットできないんだ~と不安になっているとまたビンビンとアタリがあった。今度は結構でかい、オリャーと力を込めて巻いたが100m全開巻きは辛すぎる。ようやく水面近く上がってきたところで、先に上がってきた常連さんが海面近くでサメに襲われていた。うぉ!となんとかかわしてとりこんだが、獲物にありつけなかったサメが今度はこっちに襲ってきた。仕掛けを掴もうとした瞬間水面が盛り上がり、次に見たときはサメが反転していった。タクチャンが「(ハチビキと思われる)赤いのが見えたとおもったら見事にもっていったよ。」と慰めの言葉。開始30分くらいで2セット仕掛けとおもりをロスト。がっくりすると同時に腹立たしくなってきた。あんなに一生懸命巻いたのに最後でもっていきやがって。

操舵室から船長が出てきて「そんなに巻いていたら疲れちまう。水深50mを切ったら手巻きでサポートしろ。親の敵と思って巻け!」とアドバイス。(実際は漁師なまりがきつくてかなり分かりづらい。今までで一番かも)

そこからはアタリ遠のきボーズのまま日が暮れた。タクチャンは本命クロムツとハチビキをゲットしている。次にアタリがあったのは急に仕掛けがたるんだのでエッ?という感じだったが明らかにサバ。良型サバ2本ゲットできたので仲乗りさんに短冊を作ってもらい、上に塩漬けサバ、中と下に釣ったサバを付けた。

しばらくするとやっとアタリ。50mを切ってから無酸素運動の手巻きで思いっきり巻いた。海面でサメに襲われないようにスピーディな取り込みを心がけたが、かなりあたふたした。ようやく1匹ゲット。30cmくらいのまあまあサイズのクロムツが下の針に掛かっていた。良かった。よしこれからだ!!船長から2本針にしてみーとアドバイス。海面でのサメ被害を防ぐには2本針の方が良さそうだ。

その後もポツポツだがアタリはとぎれなかった。水深50mくらいでばれてしまうこともあったが、これはアジらしい。クロムツは滅多にばれないそうである。日が暮れてからはタナは底から3~5mの指示通りにした。実際上の針に掛かることが多くなった。仕掛けをチェックするとハリス、幹糸がガリガリになっていることがあった。バス釣りを思い出したがこまめなチェックが必要である。しばらくして竿がぺこんとおじぎをしたと思ったらぽーんと跳ね返ってきた。どこで糸が切れたか分からないので手巻きすると底から22mでやられていた。スミヤキらしい。これで仕掛け3つロスト。タクチャンは5つもロストしている。

タクチャンが全開で巻いている、ガンバレ、ガンバレ。ところが海面に出てきたところでまたサメである。2匹の2mクラスのデカサメが輪を描いて襲ってきた。やられたーと思ったがタクチャンは何とか取り込んだ。しかしくっきり歯形がついていた。怖・・・。腕とかがぶりとやられるかも。

夜釣りの場合海上は冷えることがあるが、パワー全開手巻きのため半袖でもOKである。4匹となった8時過ぎ雨がしとしと降ってきた。だんだん本降りになってきた。その後1匹を追加したところで雷がピカピカ光り始めたため終了となった。釣果は30~35cmのクロムツ5であった。

Photo_3 こんな怖い釣りは初めてだ、ジョーズとの戦争だ。前回の鬼カサゴはほのぼのしていただけに余計そう思った。コストもかかる、自作仕掛けであっても実費350円+おもり250円で600円が4,5個ももって行かれたら結構な出費である。終了直後はもうたくさんと思ったが、食べたらまた行きたくなった。刺身は皮を残してバーナーで炙りにしたが、今まで食べた刺身とは全く違う言い表せないうまさだ。それと煮魚にした。ふんわりかつじわっとくる旨さだ。

思わずヤフオクでシーボーグをチェックしてしまったが、冷静に考えるとカタログ値では1kg負荷時170m/min、自分のタナコンは125m/minである。サメに襲われる危険ゾーンの水深50mから海面までシーボーグは18s、タナコンは24sでたった6sしか差がないのである。この差を大きいと見るかはよく分からないが、シーボーグに買い換えたところで楽できるわけではなそうだ。それだったら24s間死ぬ気で手で巻いた方がきっとゲット率が上がるだろう。というわけでパワーハンドルのチェックに変更。

次回はいつになるか分からないが気力と小遣いをためて再挑戦したい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)