カテゴリー「釣り 深場」の記事

2017/03/17(金) やったね!提灯行列!波崎出船のメヌケ

波崎 仁徳丸 メヌケ10 メダイ1

ぴーぴーさんから深場のお誘いあり。私の釣果は最近低迷しており盛り上がってないのでどうしよう。しかし今は深場の最盛期、、、やっぱ行きましょう。

エサの調達も面倒だな~業務スーパーに行ったらツボ抜きイカがまた売っていません、前回の余りでいけるかなあ。ロールイカは身持ちがイマイチだし、、、会社帰りに佐倉のスーパーLIFEに寄ると小さめのスルメイカが158円で売っていたので3本ゲット。仕掛け2組分取れました。ピンクのタコベイト付き2組とナシ1組にイカの短冊を付けました。

タックル コブラスペシャル240H ミヤマエコマンドZ9 PE10号 
ヨリトリリング 中錘50号 錘500号 自作仕掛け 幹30号 ハリス16号 針22号10本針 バッテリー持参。

乗船料 20,000円 氷付き

交通費 割り勘1,000円

0時ちょい前、ぴーぴーさんが迎えに来てくれました。深場は荷物が多いから載らないかもと思いましたが余裕でした。

道中、今回で釣れなかったらもうしばらくいいかも、準備が大変でコストも負担だし...なんてテンション低めの会話をしながら2時前到着。トモ側3つが確保されていましたので、始めは胴間に取りましたがぴーぴーさんがミヨシでのんびりやりたいと言い、ミヨシ側に移動しました。(この選択が運命を分けました)

0001jintoku20170317

出船まで一杯やって景気づけです。

0002jintoku20170317

4時出船、予報では波2m風が8m/sと条件としてはイマイチ、マーライオンにならなければいいけど。

0005jintoku20170317

6時過ぎ到着、さあ第一投は300m。底を取ると何となくあれ?あたりかな。グングン、オーあたってる。ラインはどうする送るか、でも最初から根掛かりとかイヤなので放置です。

プーと巻き上げの合図で巻き上げスイッチオン、竿が結構しなっている。期待出来そう。

途中、波の上下でリールが止まります。ドラグいじる?いやそのままで行こう。

途中重いだけで、アブラボーズ?

後50mくらいになった頃、右隣の人がまつっているねー。あーあと思ったらぴーぴーさんと右隣の人が軽いおまつりでラインをたぐって解くと、私のラインはまっすぐ前に出ています。あれっなんで?周りの人が早く巻け、鳥に取られるぞと言ってきたので慌てて巻きます。チョー重い~。波の谷間になにやら赤い物体!

とうとうやりました、提灯行列sign03 それも結構でかいsign0110本針にパーフェクトですsign01(写真はぴーぴーさんから)

1489749031479

0010jintoku20170317

1489749023420

なんと一投目から、、、何があるか分かりません。席を変えて良かった。ぴーぴーさん、ありがとう。

その後は何投かお休みして復帰しました。ぴーぴーさんに、お裾分けしますんで、などと余裕ぶっこきです。

しばらくしてトモとその隣にも提灯行列です。今日は良い日だな、提灯行列ってそんなに見られるもんじゃないよね。実際見たの今回が初めてだもん。

0029jintoku20170317

水深はだんだん深く400m~後半、最後の方で1kgくらいのメダイが掛かってきましたが、もういらないので胴間の方にお裾分け。

0017jintoku20170317

ラスト、ぴーぴーさんがあたってる、巻き上げにもだいぶ時間が掛かっている。けど今の時間周りはメダイ、サメなどうれしくない外道ばかり。残念だけど、、と思ったらやってくれました、提灯行列sign01最後を飾りましたねhappy01

0018jintoku20170317

0023jintoku20170317

久々に良い釣りでした。大きいのは3.8kg このクラスが8本です。
0027jintoku20170317

釣りって何があるか分かりませんね。再認識の日でした。

| | コメント (6)

2017/01/29(日) まさかの荒れ模様、波崎出船のアコウダイ

波崎 仁徳丸 サバ多数 持ち帰りは3

1月中旬からそろそろ行こうかと相談していたのですが天候悪く延期となっていました。2月に入ってからかね~。おやっ日曜は良さそう、じゃあ行ってみますかとなり仁徳丸決定です。

前回は手に入らなかった業務スーパーのツボ抜きイカが復活していましたのでほっと一安心。5枚入って800円くらい、1枚から8枚短冊が取れます。

タックル コブラスペシャル240H ミヤマエコマンドZ9 PE10号 
ヨリトリリング 錘500号 自作仕掛け 幹30号 ハリス16号 針22号10本針 バッテリー持参。

乗船料 20,000円 氷付き

交通費 割り勘1,500円

0時30分、ぴーぴーさん宅経由で烏賊太郎さんに迎えに迎えいただきました。毎度すみません。

途中天気予報をみるとなんだか風がちょい強い予報に変わっています。うーん今更なので見なかったことにしましょうcoldsweats01。2時到着。今日は車が結構います。混んでますね。今日は10名とのことです。

船縁には場所取りの棒が一杯ささっています。どこにする?と言いかけたら、烏賊太郎さんがここ3っつウチだから。 へっ、、??なんとsign03、前日昼間に来て場所取りをしてくれたとのことです。

気合いの場所取り、恐縮です。

0001hasaki170129

船長と1名が遅れなかなかエンジンが掛かりません。烏賊太郎さんから頂いたビールで景気づけ ウェーイ!お世話になりっぱなしです。

0002hasaki170129

4時過ぎ出船。2時間掛かって到着。なんだか揺れが大きいなあ。

海わりーよ、烏賊太郎さんの後に出ると、あーなんと無慈悲な天気。雨はポツポツ、風はビュービュー。。。

何とか準備して第一投。300mとのアナウンスですが、まだライン出るよ、ここらで止めておくかbearing。底が取れない、よく分からん。

0004hasaki170129

第2、3投でサバ攻撃に遭い、10本針にパーフェクト、うれしくないけど。

あれ、中には良さそうなサバがいるぞ。これはキープしましょ。

明るくなっても風やまず、掛け枠に仕掛けを巻くときにマーライオンやっちゃいました。

0005hasaki170129

場所を移動してからようやく底が取れるようになりました。潮の流れとかあるのかな。

ぴーぴーさん(ミヤマエ ニューマキシマムパワーZM)も分からなかったと言っていたので竿の硬さは関係なさそうだな。

しかしサバすら掛からなくなってきました。

今回は2組の仕掛けを交互に使い回してやりました。巻くときに毎回マーライオン、腹筋が痛い。

順巻きの仕掛けにして良かったcoldsweats01。綾巻きだったらギブだろうな。

しかし、大型のタックルが並ぶと壮観ですね。

0006hasaki170129

ラスト。海はだんだん良くなってきたからか水深500mでも底が取れるようになってきました。

0008hasaki170129

最後まで本命のあたりはなく終了。また次ですね。

お持ち帰りのサバは結構良いサイズでした。44cmくらいかな。

0009hasaki170129

0010hasaki170129

かみさんリクエストでシメサバにしました。

3枚に下ろして腹骨すき取り、中骨抜いて 両面塩して2~3時間。

0011hasaki170129

身は水で軽く流してキッチンペーパーで拭き取ります。

酢200cc、砂糖大さじ2、薄口醤油小さじ1を合わせます。

0012hasaki170129

30分漬けて、漬け汁を流してキッチンペーパーで拭き取り薄皮を剥いだら完成。うーん最高の出来です。料理研究家のレシピは間違いない。

0013hasaki170129

あれっ?サバ釣りにいったんだっけ?次回は本命釣りたいなあhappy02

| | コメント (6)

2016/12/17(土) 水温下がれば、鹿島の深場

鹿島 桜井丸 ドンコ2 クロシビカマス1 サバ多数

今季初の深場は鹿島のメヌケ。タラも釣れるそうでサンマも準備です。
あんまり釣れてなさそうだけど、烏賊太郎さん情報ではユルイ船宿ということでシーズン始めにはちょうど良いかもね。

今年はイカが不漁で高騰しています。
去年は業務スーパーのツボ抜きイカを使っていたのですが、今は置いていません。
しょうがないのでエサは冷凍のロールイカにしました。
 
タックル コブラスペシャル240H ミヤマエコマンドZ9 PE10号 
ヨリトリリング ケミホタル75mm赤 錘500号 自作仕掛け 幹30号 ハリス16号 針22号8本針 タコベイト2分割ピンク、青
乗船料 15,000円 氷付き 下船後昼食付き
交通費 割り勘2,000円

コブラスペシャルは親父の竿です。何でも青森のロッドビルダー小野さんという方に作ってもらったそうです。ちょっと軟らかそうだけど、これでやってみましょう。

2時出発、烏賊太郎さんに迎えに来て頂きました。同行者はぴーぴーさん、マサキさんと計4名ですが荷物が多いので2台に分かれていくことにしました。

0001kashima

鹿島新港に到着、トモは既に取られていました。

0002kashima

トモ側から4人分取りましたが直前になって1名到着、初心者の席を操舵室の近くにしたいから出来れば開けて欲しいと船長に頼まれぴーぴーさんがミヨシへ移動しました。
私は1人で来たような感じとなってしまいました。まーいいか。

0003kashima
出船後約1時間強で釣り場到着。外に出ると予報通り風が強いです。

0004kashima
第一投。水深260m。掛け枠を持って投入、、、あれっヤバdown、、ひっかかった~coldsweats02。どうも強く巻きすぎていたようです。
下の2本以外はだんごで海中へ。あちゃーやっちゃった。忘れている。

上げての合図で上げてくるとやっぱり上はだんご、下はドンコが付いていました。

0006kashima

仕掛けを替えて次投入。昨シーズンの釣りを思い出しながら以降はまずまずトラブル無く投入出来ました。

水深は260~300mで泥底です。この水深だからかな、竿は底取りが分かりやすかったです。しばらくはこの竿でやってみよう。

0005kashima

竿がプルプルと小刻みに反応しています。この感じはサバでしょう。サバはタチウオのエサ用にとっておくか。

ミヨシ側は釣れてますか~?

0008kashima

後半トモのおじさんに2kgくらいのタラが釣れましたが後はさっぱり。

0011kashima

ロールイカは今回初めて使いましたがエサ持ちが良くないです。
身が軟らかいので途中で切れたり、絡まったりしていました。なにかしら加工が必要なのかな。
また、青のタコベイトは実績ないそうです。

0012kashima

盛り上がりなくそのまま11:30終了となりました。

0007kashima

沖上がり後、昼食を頂きながら船長に話を聞きました。

・初心者がいる場合は浅くてもおまつり防止のため500号にしている。経験者のみの場合は350号にしているとのこと。

・タコベイトはピンク、赤、黄緑、黒が実績あり

・今シーズンは片貝海溝へもリクエストが多いので行くことにした。

・北茨城方面へのアブラボウズ釣りも考えている。胴付き2本バリで孫針付きのイカ一杯がけ。この場合は2枚。

・この日はまだ水温が20度。もっと下がればタラが釣れ始める。

私はまずは赤い魚を釣りたいなあ。次は年末タチウオかスルメが調子よければ中深場か。
風邪がぶり返して体がしんどい、体調管理も気をつけなければですね。

| | コメント (6)

2016/5/23(月) 波崎出船の深場は完ボ

波崎・仁徳丸 ボーズ 

深場4回目。同行者は烏賊太郎さん、ぴーぴーさんと私の3人。波と風は良さそうな感じですが、潮が速いらしいです。

交通費 走行距離往復160km 割り勘1,000円 

乗船料 20,000円 氷付き  

22:30起床 23:30出発 烏賊太郎さん、ぴーぴーさん宅に寄って2時到着。トモから4席が既に取られていました。今日は8人、深場師は土日関係なしなんでしょうね、ミヨシから3人分取ることにしました。
3時半出船。5時半釣り場到着。潮が速いのを懸念していましたが、全然流れていないようです(後から聞いたところ片貝海溝は潮が速くて釣りにならず北上したようです)。
0002hasaki160523

風そよそよ、波ゆったりで今日は良い釣りが出来そう、と思い第一投。。。スカッ。。。
しばらくやってもスカばかり。全然あたりありません。水深は300m付近です。

0003hasaki160523

おっ、ようやくの魚信は烏賊太郎さん、やはり持ってますね~。慎重に糸を送っています。

0005hasaki160523
アブラボウズの2点がけ、すばらしい!

0006hasaki160523
後に続けと気合いが入りましたが私にはその後もあたりなく、時間だけが過ぎていきます。
おまつりで上がってきたドンコは誰が釣ったのでしょう。

0008hasaki160523

最後、キタあたりと思ったのですが、ひどいおまつりでフィニッシュ。
潮が収まれば片貝海溝に行くとのことですが、今シーズンは私は終了でしょう。
自分としては投入時のトラブル無く、スムースに出来たのは良かったかも。日が昇ると暑いですね。また暑い夏がくるんだなあ。

0007hasaki160523

今日見ていた限りでの他の人のトラブルは
1.投入時に道糸に仕掛けが絡んだ→道糸を張っておくのが良いですね。
2.投入後にバックラッシュが発生→ドラグをONにしておくか、手でスプールを押さえておくのが良いですね。

というケースがありました。

私の対応は
1.についてはリングをクリップで挟んで張っておきました。

2016y05m25d_143008709
2.については手でスプールを押さえておくのを忘れるかもしれなかったので、1段だけドラグを起こしておき、投入後に落ち着いて左手でスプールを軽く押さえドラグを倒してフリーにしました。

2016y05m25d_143212606

投入はマグネットドボン方式はどこかに引っかかると怖いので、私はやっぱ掛け枠方式です。過去に中深場でドボン方式でぶん投げたら、途中で引っかかりミキ糸がブツッ!おもりが飛んでいったことがありました(T_T)。
掛け枠に巻き付けるのは、仕掛けを上げてから次の投入までに出来ると良いのですが、巻いている途中に次の投入が始まり中断する時はマジックテープのバンドを巻いておきました。緩み防止になりました。

あとは電源の位置によってコードが邪魔になることがあるので、長いコードを買うかバッテリーを買うか。バッテリーは秋月通商で12V26AH 5,500円が安価で良いのですが、9.3kgと重いのがネック。でも船によってはバッテリー持参というところもあるので買ったほうが良いかな。

敷居の高い深場釣りもだんだん慣れてきました。来シーズンが楽しみです。 

| | コメント (4)

2016/03/18(金) 祝アブラボウズ、波崎出船アコウ

波崎・仁徳丸 アコウ2 アブラボウズ1 

深場3回目。同行者は烏賊太郎さん、ぴーぴーさんと私の3人。ユリシーズのヤンさんにも声を掛けましたが、仕事の都合つかずでした。いつか行きましょう。

今回とうとうタックルは自前です。去年の11月ですがやっとヤフオクでコマンドZ9をゲットしました。竿はオヤジからもらったミヤのショートファイター(結構古い、とっくに廃版)です。竿までは資金が回りませんでした。

交通費 割り勘1,000円 走行距離往復180km 

乗船料 20,000円 氷付き   

タックル ショートファイター400号1.5m コマンドZ9 PE10号1600m おもり500号 撚り取りリング 自作10本針仕掛け幹30号幹間1.5m ムツ22号ハリス16号0.65m エサは業務スーパーのアルゼンチンマツイカの壺抜き冷凍 幅1.5cm長さ13cm。

深場は荷物が多いですね。仕掛けを入れるクーラー、電動リール用のドカットも。

0001jintokuakou

4:00集合 4:30出船です。12時出発 2時ごろ到着。右舷トモとミヨシの席が取られていました。烏賊太郎さんの勧めでトモ側に3つ取りました。この選択が良かった(もしミヨシ側取ったら・・・)

0002jintokuakou

今日は7人とのことです。満員の時は13人だそうで、さすがに13人はきつそう。

出船時は真っ暗でした。2時間たっぷり寝ると外はすっかり明るくなっています。凪で今日は良い日だ~。

0003jintokuakou

さあ、1投目。最初は潮の具合を見るようなもんだから釣れないよと烏賊太郎さんから言われていたので、気が楽です。

0004jintokuakou

着底405m。潮が流れていないようで底取りが楽でした。ところが着底してすぐプルプルアタリ。

最初っからとは良いね~。

25くらいのスピードでゆっくりまきあげてくると。。。おおーやりましたsign03。初アブラボウズですnotes。小さなアコウも釣れました。

0005jintokuakou

2投目も小さいアコウで今日はもしかしてup

と思ったらそこから沈黙。

それまで2組の仕掛けを交互に使っていたのですが、後半になると流れが出てきておまつりが増えてきました。

450m先までおまつりせずにラインが伸びていることの方がすごいという気もしますが。

0008jintokuakou

そんな中さすがベテラン。盛り上げます。

0009jintokuakou

最後こないかなーとの思いも届かず。12時半終了。でも初アブラボウズはうれしいっス。

ぴーぴーさんより先のミヨシ側はノーフィッシュ。烏賊太郎さんによると前回はまんべんなく釣れたそうです。

帰りも2時間。仁徳丸のキャビンは広いですね。前と後ろ側がつながっています。

0010jintokuakou

帰宅後、検量すると8kg。アブラボウズとしては小さめのようですが十分です。

0011jintokuakou

ほかは小ぶりなアコウ。

0012jintokuakou

翌日、アブラボウズの解体は外でやりました。身が柔らかくて腹回りはプルンプルンです。

0014jintokuakou

いろいろレシピを楽しめそうです。

0015jintokuakou

深場は準備が大変ですね。でもはまりそう。5月までもう一回行けるかな~。

| | コメント (10)

2015/02/15(日) 深場2回目 南房のキンメアコウ

千田港・三喜丸 キンメ5 メダイ2 マサバ1 

深場2回目も烏賊太郎さんからお誘いです。安房丸か三喜丸か、初めての三喜丸にしました。今回もタックルは烏賊太郎さんからお借りしての挑戦です。

交通費 館山道 千倉方面から千田港 走行距離往復200km 

乗船料 13,500円 イカ短(赤色)、氷付き   

タックル ディープクルーザー300W  ミヤマエ コマンド4 PE8号800m おもり400号 撚り取りリング 半自作10本針仕掛け幹26号幹間1.43m ムツ18号ハリス12号0.65m アコウは中おもり40号 エサはイカ短冊 幅1cm長さ12cm。餌付きとのことですが、3セットはイカ短セットしておきました。

2時出発 5:30集合 6:00出船です。4時ごろ到着。船宿は道沿いに見つけましたが港が分からん。うろうろしてようやく見つけました。昼間だったらすぐ分かりそうです。

0002mikimaru

今日は10人の満員御礼です。釣れるかな。受付をしてからエサを付けます。結構良いエサですね。白いのは鮭皮とアナゴらしい。交互に付けると良いよとのことです。

0001mikimaru

車で船着き場まで移動して荷物を置いて手前の広場に車を停めます。

船に明かりが点くと慌ただしくなります。

0003mikimaru

左舷トモから烏賊太郎さん、私と並びました。お隣さんは穏やかそうなおじさんでよかった。深場は初心者だそうです。

5時半出港。空がうっすら明るくなってきました。仲乗りさんが2人もいて良い船だ~。

0004mikimaru

30分ほどで釣り開始。最初はキンメで300mラインから深くなるところです。

烏賊太郎さん、今日も宜しく。

0005mikimaru

なんだかプルプルと当たった予感。巻き上げも指定です。上げると最初っからおまつりですが良型キンメ1匹ゲット。最初の船中1匹で幸先良いかも。

と思ったらそれからは根掛かり、おまつりで段々戦意喪失。

釣り自体はのんびりして良いんだけどね~。

0006mikimaru

10時過ぎにはもう充分という感じですが、まだまだ終わる気配はありません。まだアコウの釣り場に行ってません。

昼近くになってアコウの釣り場へ移動です。500mラインを狙います。

0007mikimaru

メダイが掛かりました。ヌルヌルはナイフでこそげ落としました。クーラーヌルヌルはイヤなので。

0009mikimaru

終盤、疲れてきました。

0008mikimaru

そのまま1時半終了。最後に逆舷の方とおまつりして、ほどけたのですが船底に道糸が引っ掛かったようですヽ(;´Д`ヽ)(ノ;´Д`)ノ。なんとか巻けるのですがテンションが残っています。

仲乗りさんから手で巻いてといわれましたが残り320mマジで~(´;ω;`)ウウ・・・

船長が船を動かして揺すってくれたのですがほどけません。

他の人が片付けている間巻き巻きします。仲乗りさんにも手伝ってもらいようやく最後まで来ましたが道糸のチチワ近くから先は回収できず。烏賊太郎さんすみません。

本日のロストは錘400号×3、300号×1、ヨリトリリング、中おもり、仕掛け×4・・痛かった。

まあ仕方ないですけどね。

帰りは同じ道を通りましたが、時間のせいか結構渋滞してました。次回は千倉の方から410号線で使っても良いかな。

ネガティブな締めくくりですみませんが、釣果はまずまずのキンメが釣れて良かった。

キンメは、炙り刺身としゃぶしゃぶで頂きました。

0010mikimaru

メダイは味噌漬けに。

0011mikimaru

深場は遙か彼方の魚を想像するとなんだかロマンを感じます。

タックル自前調達の資金も貯めなきゃな~。まずはリールですね。

| | コメント (0)

2014/11/09(日) 初挑戦 白浜沖のキンメアコウ

乙浜・安房丸 クロムツ5 キンメ6 ユメカサゴ1 

烏賊太郎さんからお誘い頂き安房丸のキンメアコウにです。深場初挑戦と言うことでタックルは烏賊太郎さんからお借りしての挑戦です。深場タックルは高いのでおいそれとは手が出ません。ありがとうございます。

交通費 館山道経由乙浜 走行距離往復200km 

乗船料 15,000円 イカ短、氷付き   

タックル ディープクルーザー300W  ミヤマエ コマンド4 PE8号800m おもり300号 撚り取りリング 半自作10本針仕掛け ムツ18号 アコウは中おもり40号 エサはイカ短冊 5月にに準備した冷凍イカ 幅1cm長さ12cm(スルメイカは千城台の石毛魚類で購入)仕掛け巻き枠は6セット準備。家で5セットにイカ短セットしておいた。

2時半出発 5:30集合 6:00出船です。4時半到着。やっぱり小さい船だなー

01

安房丸のオヤジが起床したようです。

02

ちょっとお茶頂いて雑談。このときは昨日夜クロムツやったせいで睡眠不足なのか機嫌あんまり良くなかったようだなあ。深場は釣りとしては面白くない!とか、いかたろうさんがキンメのでかいの釣りたいなと言ったら、キンメのでかいのはいねっ!と断言してた。親潮の流れが変わってココ4,5年で釣れなくなったようです。

6時出船。烏賊太郎さんにリールの使い方を教えてもらいました。慣れたら簡単だそうです。

03

慣れている烏賊太郎さんがミヨシで、初心者の私がトモです。2人だから仕掛け投入のプレッシャーが無くて良かった。

04

港から30分で開始。最初は深さ300mでキンメ、クロムツのお土産釣りです。さあ自分で巻いた仕掛けが絡まらずに落ちるかな~。ちょっとドキドキ。

05

心配無用でした。マグネット板投入より安全で確実でしょう。錘は底から0.5m巻き上げます。着底と同時にブルブルとアタリ!

そろそろ上げようかという船長の合図で巻き上げ開始。クロムツ1、キンメ小5が釣れました。幸先良いね!

06

次はクロムツ4が釣れました。お土産釣りは2流しで終了。

さらに10分ほどのアコウ場に移動です。水深400~480mの溝になっているところが狙いだそうです。

着底の判断が俄然難しくなりました。波の上下でないときにラインがフワッとなったときが着底です。見逃すともう分からなくなります。着底後は錘がその場から移動しないように少しずつラインを送ります。潮回り中、仕掛け落とし中に前に使った仕掛けを巻き枠に巻きます。結構忙しい~。

08

うーん。。。アタリ無し。1流しだけキンメとユメカサゴが釣れましたがその後音沙汰無し。

烏賊太郎さんが本日最初で最後のアコウを釣りました。アタリは着底同時だったそうです。私は初めて見ました。真っ赤なんですね。

09

12時までで8流し以上はやったんじゃないでしょうか。私の竿にはアタリ無く終了となりました。次は是非釣りたいなあ。

検量2.3kgでした。

10

私の釣果。クロムツはまあまあ良型35cm。

11

キンメは小さめだが久々に釣れたので良かった。

12

深場は敷居が高いけど、美味しいのでまた是非やってみたいですね。

今日の釣り場はこんなところ

Screenshot_20141115

| | コメント (4)